3/19:遅ればせながらエルシィ誕生日

メッセージありがとうございました。

修羅場のまっただ中で描いたエルちゃんマンガ。

今週はなの菓子とねじと単行本作業と、他イラスト提出が2件ほどあって、もう死ねたけど、何とか死ななかった。締め切りは全部延ばしてもらったけど、とりあえず完成したのでよかった。

今週のサンデーはなの菓子が休みから戻ってきました。
今週からはリアルタイムで見た方がいいと思いますよ。ほっほっ。
eyelisのニューアルバムについても話したいのですが、それはまた、日を改めて。
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 16:50 * - * - * pookmark

1/28:神のみペーパー未達分について。

 えー、神のみペーパー企画について。

先日、全ての応募について、返送を完了しました。
応募したのに、今現在届いてないという場合は、おそらく何かしらのトラブルです。

トラブルの原因としては、

1・編集部からボクに届いてない。
2・ボクがなくした。
3・返信用封筒の住所が間違っている。ないしは引っ越してしまった。
4・何もかも全部夢だった。

こう言ったことが考えられます。ボク仕事場の引っ越しの時もペーパー応募関連だけは自分で全部運んで、できるだけなくさないようにはしていたのですが、それでも可能性ゼロとは言えません。ただ、もはや原因追及しても詮無きこと。


ペーパーは欲しいという方にはできるだけお渡ししたいので、もし、チャンスをもう一度いただけるのであれば、

もう一度同じ手順を繰り返していただけますか?

すみませんが、再びボクに同じように送ってください。

これを言うのは非常に心苦しいのですが、手順を考えると、これが一番の方法だと思います。こちらが名前書くとなると、また手間と時間とミスの可能性が増えてしまいますので。


●応募要項

はがきが入る返信用封筒(洋形2号以上の定形封筒)に、ご自身の送り先の住所82円切手を貼り、それを封筒に入れて以下の住所へお送りください。

〒101-8001
東京都千代田区一ツ橋2-3-1
小学館少年サンデー編集部
若木民喜メッセージペーパー 係

締め切り:2016年2月15日必着

送る前に、返信先の住所をよくお確かめください。あやしい住所が本当にいっぱいありました。郵便番号も絶対に書いてください。不安な住所の時は郵便番号で確認してますが、それすらない封筒も結構あるのです。宛名もニックネームではなく、本名の方が確実です。あと、引っ越しの可能性がある人は、転送の手続きをしておいてください。

今回はそんな数こないと思いますので、比較的早く返せるはずです。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 19:00 * - * - * pookmark

1/17:女神集めて過去へ行こう。

 
勢揃い!

神のみ×近鉄のイベントが終わって気になっていたのは、等身大ポップの行方。あの大きさ、かわいさ。処分になってしまうかと思うと、いたたまれない…なんて話を打ち合わせでしていたら、なんと近鉄の皆さんが送ってくださったー!いいぇぇえええい!

しかし、デカい!重い!重さも等身大かと思うような重さ。実家に送ってもらったけど、これは存在感ある。このポップが見たい人は高の原に行ってください。


一方、かのんは

仕事場の方にやってきました。天理は仕事場から実家に移動中。

それにしても過去は美しい。
でも、ずっとここに居続ける訳にもいかない。
仕事場では今日からスタッフイン。
新しい闘いが始まる。
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 23:59 * - * - * pookmark

12/26:神のみLINEスタンプ発売しました。

ペーパーとともに長らくお待たせしておりましたが、神のみLINEスタンプの方が発売しました。


https://store.line.me/stickershop/product/1069362/ja


思えば結構長いことかかりました。そもそも自分が使いそうなスタンプを作りたいと思っていたところに、LINEのクリエイターズマーケットの企画。即小学館に作りたい旨を伝えたのですが、大会社ゆえに「前例がないのでまずは体制を作りたい」ということで、かなり待ちが入ってしまいました。

おかげで(?)その間に連載が終了し、時間ができたので全てのスタンプを自作することができました。自作と言っても完全な描き下ろしではありません。というのも、こういうものはマンガで見たことあるものを使いたいと思いますので。

まずはマンガをもう一度見直して、良さそうなのをリストアップ。



それをもう一度ペン入れを行い、線が無い部分に線を描き足して塗り塗り。↓


ボクが使ってるLINEの背景を使って色味もチェック。そして、文字を入れて完成↓


これで完璧!と思ったのですが、いざ発売されたものを見てみると、色味が結構違っていてショック。リテイク出来ないからなぁ。

今回は第1弾ということで、レギュラーと全ヒロインを満遍なくセレクトしてみましたが、選ぶのは一苦労!桂馬とエルシィだけでも、一杯使いたいコマがあるのです。泣く泣くカットしたキャラや絵が一杯ありました。もし続きがあるのであれば、桂馬&エルシィ女神たち、それにバイプレイヤーたちのスタンプも作りたいものです。

が!それも、そもそも要望があってこそ!皆さん、是非使ってください〜。

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 13:12 * - * - * pookmark

12/2:近鉄キャンペーン、さらば

神のみ近鉄のキャンペーンが終わってしまいました〜。
悲しい〜。


もう一度ラーメン食いに行きたかったね。

沢山の人に会いに来てもらいましたし、ツイッターでも一杯報告をもらいました。 みなさんどうもありがとうございました。

しかし、あのポップ達は、どうなるんやろ〜。なんかあんなに大きいの作ってもらえると、その後が気になる。

クラブサンデーでやっていた方のオンザトレインの方もしれっと終了してしまいましたが、こちらの方のその後は、まあ、しばし、お待ちください。


それと、ペーパーの中間報告ですが…これはさらにお待ちください!今からまた描きます!残り枚数はえーっと…エベレストぐらいの封筒の山が、マナスルぐらいにはなりましたよ。このまま登り続ければ、いつか終わりますよ!
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 11:23 * - * - * pookmark

10/3:カンパネルラ、どこまでも一緒に行こうねぇ

行って参りました。

神のみ×近鉄!

もうしばらくの間帰ってなかった我が実家ですけども、まさかこんな形で里帰りしようとは。メンバーは担当編集のお二人と、ボクと、スタッフ有志2人。男5人ぶらり旅ですよ!

最初はね〜、もう適当に回ろうぜ!なんて。
資料写真が必要な駅だけ回って、後は旨いもん食べて帰ろうぜゲロゲロ!みたいな。

そんなこと思ってて、実際、やってたんですけど。最初の駅の上本町(スミレ)で入場券買った後、ケーキ屋を二つ回ってダベってたぐらいだし。


玉造のブロードハースト。久しぶりに行った。なかたに亭も初めて行ってルンルン気分。


ところが、雲行きが段々変わってきて。

スケジュールがあるから、どの駅を行って、どの駅を行かないか決めようなんて相談してると決められないんですよ。「行かない娘を選べない」という現象が発生しまして。考えてみたら、こうなることはわかっていたのですがね。最初は半分の駅だけ回る予定だったのを、急遽担当さんに全部の駅を回る!と頼み込むことに(この後、担当さん二人はルート検索に追われることになってしまった。申し訳ない)。

本当は、五位堂駅から奈良に行く予定を、そこからとって返し、上本町→布施→五位堂→長瀬→布施→小阪→生駒→難波→(南海乗り換えで)河内長野→汐ノ宮→富田林→古市→橿原神宮前→高の原という千鳥足のようなルートをとって、一日目をフィニッシュ。汐ノ宮についた頃には。



もう真っ暗ですわ。せっかくかわいい駅舎なのによくわからん。


でも、疲れ切って、見慣れた地元・高の原駅にたどり着いたら、駅の改札の横に

歩美がいた。なんと不思議な気分。駅員さんに「この子、ボクの娘なんですよ!」と言って回りたい気分だった。やらないけど。夜だし。


次の日は、もう最初から全部回ると決めていたので、行程は楽だ。乗換駅略で、九条(すごい力入れてくれてた)→結崎→二階堂→天理→桜井→榛原→青山町→伊勢中川→楠→阿倉川と行って、名古屋にたどり着いた。

近鉄は広い。二日目は奈良から三重、愛知を通り抜けて行ったけど、途中はこんな↓


もう完全に山。近鉄沿線で青春を過ごしていながら、ほとんど行ったことのない場所で新鮮だった。しかも、さらにビックリしたのは、何人かの人達が行く先々で待ち受けていてくれたこと。天理駅では、ボクがラーメンを食べたツイートを見て追いかけてきたという人たち、青山町では美生の大ファンの人が「あの、若木先生ですか?」とやってきた。顔もわからないボクによく声をかけられるなぁ、そのパワーがとても嬉しかった。もしかしたら、他の駅でも待ってくれてた人がいたのかも知れない。

そう思うと、ツイートで何時何分に駅につくと行っておけばよかった。後悔した。担当さんには、そんなことしたらいつ帰れるかわからないですよと言われて、それはそうかも知れないけれども。ツイッターで見てると、ボクらの近くを回ってた人達のつぶやきを色々見た。すれ違っていたかも知れない。



この旅を続けている間、ボクは甘い夢を見ているような気分だった。近鉄電車で学校に通ってたかつてのボクは、毎日一人だった。ボクは学区外から高校に通っていたので、通学の時に出会う人は誰もいなかった。クラブにも通わず、深夜ラジオを聞くために昼寝がしたくて、とにかく早く電車に乗ることだけを考えていた。だから、放課後の思い出は何もない。通学の楽しみは、サンデーだけ。そんなボクを、近鉄はひたすら奈良から大阪まで運び続けた。

そんな大した思い出のない場所に、もう一度行ってみたら、自分のキャラクターが勢揃いで待ち受けてくれた。それどころか、今まで訪ねたこともないような駅でボクのことを知ってる読者の人がいて、ボクに声をかけてくれる。この旅は、ボクの思い出の車窓を全て素晴らしいものに塗り替えてくれた気がする。このレールがいつまでも終わらないで、どこまでも続いてくれたらいいのに。なんて、銀河鉄道に乗ってるような、不思議な旅だった。



企画を実現してくれた人達、そして、読者の皆さんもありがとう。もし、ボクを見かけて声をかけられなかった人がいたらごめんなさい。

なんて、お礼だけで済んだら世話はない。次の連載も早めに始めたいと思いますので、まあ、短気にお待ちください。そして、この銀河鉄道の旅をまだやってない神のみファンの方がいたら、是非ご参加ください。この距離を回りきった時の達成感はひとしおですよ!

ツイッターにあげられなかった栞ちゃん。
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 23:29 * - * - * pookmark

8/6:神のみぞ知るセカイ あとがき

未だにツイッターで「今ようやく読み終わりました」。というレスをもらったりしますが、そろそろ皆さんも最終巻を読み終わった頃でしょう。そろそろ頃合いかと思いまして。

まだ少しも読めてはいませんが、ペーパー応募の封筒のなかにもおそらく色々な感想が溢れている気がします。色々な考えが(特に真剣に読んでいた人ほど)、わき出てしまうような、そういう最終回だったと思います。



最終回。


しかし、はっきり言いますと、神のみは終わっていません
ただ、ある視点においては終わりました。

ちょっと昔の話、神のみの連載が始まったばっかりの時に、畑先生から「連載のなかで何回か最終回みたいなものを作ったらいいですよ」って言われたことがあります。その時は連載が始まったばっかりで、それがどういうことかよくわかりませんでした。しかし、結果として、神のみぞ知るセカイという話には4つの最終回があったように思います。

1つ目は、灯編の最終回。
2つ目は、女神篇の最終回。
そして、3つ目が今回の連載の最終回です。

とすると、最後の1つは?


今の僕の心境は、設定は残ってるけど、物語は終わった。そういう感じです。

過去編が始まった時から、桂馬君からのSOSを感じていました。桂馬がこの旅をやりたがっていない。この先に出会うことや、そのフラグの持つ意味というものを桂馬はわかっていたのでしょう。特に天理に関わること。桂馬は全てが見える男なので…。一方で、僕は物語を続けないといけない。過去編は物語も緊迫している状況で、陰鬱な主人公と作者との間も非常に緊張感が立ちこめる感じになっていました。

毎日続く桂馬と僕の相談でネームは決まらず、締め切りはどんどんギリギリになって、僕の顔と頭には湿疹だらけ。桂馬が教室にこもってしまってフラグを断ち切ってしまった時は、まさに僕の気持ちも同じ気分でした。僕は過去編で女の子たちが桂馬を救うような展開を考えていましたが、桂馬はその展開すら拒否してしまいました。桂馬も本当に苦しんでいた。


しかし、その桂馬を天理が決死で引き戻し、桂馬に主人公としての覚悟を決めさせてしまいました。天理は本当にすごい女の子です。


その桂馬と天理を見て…僕は桂馬を解放してあげたくなってしまいました。この物語は桂馬の物語なのだから、僕の物語より優先されるべきだろう。僕はそこから方向転換して、桂馬の望む結末に向けて進みました。そう決めたら、一切の悩みはなくなり、最後まで一気でした。



桂馬の選んだ結末。これは「理想の結末」だったのでしょうか?それはわかりません。

この結末は、成長話でもない。そういえば、アニメ女神篇の会議で倉田さんが「桂馬はあしたのジョーみたいにゲームの世界に殉じて孤独に生きるべきだ」とおっしゃっていました。そういう結末も1つの理想だと思います。もしくはハーレムエイドも場合によっては理想だったかも。そもそも、この話は「理想」というものについて、桂馬がずっと考えるというお話だったように思います。完全であれば理想なのか、そもそも、なぜ理想が必要なのか。でも、理想が完全に成立するのであれば、考えることすら必要ないかも知れない…。

ただ、桂馬はああしなければならなかったことは確かでしょう。望んでいたことであるにもかかわらず、桂馬は決して笑ってはいませんでした。でも、理想の世界が笑顔で満ちてるとも限らないのでしょう。桂馬は最後まで桂馬であり続け、僕は最後まで彼に教えてもらいました。



そして、後には、触れられなかった物語が残りました。

ユピテルってなんだったの?過去編の冒頭であった桂馬と桂馬が会うシーンの意味は?ハクアや地獄のことは?女の子たちのその後は?

これはいずれお話することにします。勝手にやめておいて、またやらせてくれってのも虫の良い話ですので、ちゃんとした発表の場があるかわかりませんが、何らかの形でやろうと思います。この一文で、地獄の連中の結末にご不満の方々は矛を収めてもらえると幸いです。そう、まだわかりませんが、この最後のパートは、違う語り部によって語られるべきでしょう。


少なくとも、桂馬という神様の物語はひとまず終わりました。神のみぞ知るセカイは、僕が初めて描いた「マンガ」と言えると思います。物語を通じてキャラや読者の人と交流し、それを積み重ねていくうちに、自分もマンガのなかにとりこまれて、世界と一体化していく…そういう、ほとんど超自然的な感覚を何度も味わえました。それゆえに、自分の喜び、悩み、願いが現実とマンガを行き来して現れる。自分の血肉を分け与えた分身。これが連載というものだと実感しました。毎週、生半可なプレッシャーではなかったですが、それに答えてくれる主人公。優しきキャラクターたち、苦しい時にいつもホっとさせてくれるエルシィ。そして、現実の世界の現場のスタッフさんや担当さんの助け、読者のみなさんの励まし(たまに叱咤)、神のみアニメ、かのんちゃんのイベント、テレビで流れ続けるニュース、バラエティ、映画、僕がふれあった全てが僕自身を通じて、神のみに流れ込んでいます。僕に関わってくれた皆さんに、ただ今は感謝の一言です。

ひとまず、神のみは終了いたしますが、完結ではありません。いずれまたどこかでお会いしましょう。


まあ、実際終わってないんですけどね〜w昨日も神のみの仕事してるんで(苦笑)。


んでもって、新しいレンガも積んでいかなければならん。
そして、今日発売のサンデーでは僕の読み切りが載ります。
タイトルは「洋菓子店ギャラクシー」ですよ!

これは実は神のみが連載する前に考えていた話なのです。
是非読んでください。そして、アンケートも出してください、お願いプリーズ。
これで悪かったら、神のみの続きもかけねーっすよ!
感傷に浸ってるヒマすらない。

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 04:04 * - * - * pookmark

4/14:The Last Leaf…?



最終回の原稿が完成!

1コマどういう絵を描こうか迷って、くさくさして途中「ワールズエンド」を見に行ってしまったけど、何とか担当さんに渡すことができた。

神のみはデジタル作成なので原稿はメールで送信されるのでありますが、今回に限っては担当さんが仕事場にやってきて古式ゆかしき「原稿渡し」の儀式が行われた。わざわざ原稿をプリンタで出力してね。

268話+アルファ(かのん100%とかね)。沢山描いたなぁ。描けたなぁ。

ツイッターでも恐ろしいほどの数のリプをいただきました。ありがとうです!でも、まだ雑誌に載ってないので振り返るのは早い。みんなが読んだ後で改めて神のみの話しましょう。ひとまず、ボクのところからは出荷いたしました。26ページです!


スタッフさんからサプライズで花をもらった。
今までの神のみスタッフさんも沢山仕事場に来てくれた。
本当に嬉しかった。

ボクはスタッフさんを雇うときに「漫画の仕事場は漫画家がエンジンだ。原稿だけじゃなくって、ボクの心を平和に保つようにしてくれ!」って念を押してる。みんな楽しい仕事場にしてくれた。(比較的)締め切り優良児だったのも、スタッフさんの気遣いのおかげ。感謝!

さて、明日からは単行本作業だよ(仕事はまだまだ続く)

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 03:03 * - * - * pookmark

3/17:100巻目までの4分の1を達成!

告知です。

神のみの最新刊25巻が明日発売されます。
 
今回は限定版が豪華です。

今まで神のみで描いてきたメッセージペーパーをポストカードブックにしてもらいました。ペーパーはメッセージを全部消してあります。皆さんがご自分のメッセージをお入れください。

物語もやっと「本筋」というか、過去編の核心に近付いてきましたよ?

そうそう書店ごとの今回のメッセージペーパーはこちらをご覧ください。

http://websunday.net/news/#n_kaminomi25

当然ながら、このペーパーはポストカードブックには入っていません。
今回はエルシィづくしですよ〜!

みなさまどうぞよろしくお願いします。
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 20:30 * - * - * pookmark

11/09:神のみガイドブックの訂正部分です。

おこんばんは。若木です。

神のみガイドブックの増刷分が書店に並んでおりますが、初版のもので見つかったデータの「誤表記」が訂正されています。

初版を買われた方のために、ここで訂正された部分を載せております(プロフィールデータ部のみ)


152ページ

・桂木麻里誕生日 1125日 → 525


160ページ

・桜井ひより誕生日 1122日→727
・丸井雪枝年齢    52才 → 54
・リューネ誕生日   116日 → 117

 

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 20:16 * - * - * pookmark
このページの先頭へ