12/2:無題

打ち合わせ。その後16bitの原稿。もうかなり時間がマズい。

 

 

なんていいながら、孤独のグルメを見てたら南インドのカレーが食べたくなり、食べる。

南インドのカレーは、一般的なマサラカレーに比べるととろみが少なくて、油っぽくない。こういうのもたまに美味しい。もっと年取ったらこっちの方が美味しいかもね。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

11/25:どうせ買うならT34にしたらよかった。

新橋のタミヤのファクトリー見てたら戦車のプラモを買いたくなって、トランペットのタイガー戦車買ってしまった。置く場所ないから1/72。戦車のプラモは素組みでいいから作りたいんだよね。どうしてかって言うと、「戦争映画の戦車の区別がつかないから」。タイガー一つとっても一杯バリエーションあるし覚えられないから、プラモ一回作ったら覚えるかなと。でも作るのめんどいから完成モデルも買ってる始末。これやっちゃったら覚えないだろ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

11/20:主線の色替え

今日はカラー。半年以上放置してきた絵。

 

こんなちゃんとしたカラーってめっちゃくちゃ久しぶりに描く気がする。緊張する。

 

そういえば、最近「主線の色替え」というヤツをやらなくなった。かつてCGを描き始めたばかりの頃に主線の色がえを初めて知った時は衝撃を受けたものだ。肌の線を肌色にするだけでCGが突然上手に!

 

でも最近主線はほとんど色替えしなくなった。髪の毛の下のまゆげの線ぐらいかな。むしろ色替えしない方が描かれてる人がはっきりしてよく思えてきた。最近のソフトで描く描線がキレイというのもあるけど、美麗イラストが増えてきて、色のキレイさでは全く太刀打ちできないから、フォルム指向になってきたのかな。

wakakitamiki * ふとした話題 * 20:59 * - * - * pookmark

11/12:灯さんばすで

ツイッターとか見てるとフェミだとかオタク批判とかで、ケンカばっかりしてるけど、敵を打ち負かすエネルギーより、味方を増やす方がエネルギー効率よさそうに思うけどね…人間そうそう変わらないんだから。まあ、争うのが好きなんだろうけども。

 

灯さんの誕生日でした。アルバトロスと同じ脳の場所から生まれてきた女の子。だから誕生日も近い。目指そう世界平和。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

11/9:伊藤かな恵さんの朗読劇

エレベエトル遁走曲(フーガ)。

伊藤かな恵さんが主役格で参加してると聞き、高田馬場の劇場でやってる朗読劇に行く。朗読劇というのはどういうものかと思っていたけど、アフレコを正面から見ているような感覚。声優さんたちの演技してる様子がよく見える。何だか会場のお客さんもキャストのファンの人たちが多い感じで和気藹々としたムード。

 

でも、内容は結構凝ってて、エレベーターで下の階を押すと過去に行ってしまうというエレベーターガールのお話。正直過去に行くプロット上の必要性あんまり感じなかったけどw、声優さんの演技が面白くて最後まで楽しく見れた。伊藤さんもすんごい台詞多かったし、アフレコで見るより全然臨場感あってよかった。

 

 

終わってから歩いて家まで帰ろうとしたら、なんか呼び止められた。

 

「あの〜若木先生ですか?」

 

なんと、ボクの劇を見るツイートを見て出待ちをしていたというのだ。吉祥寺から。ええ、ボクごときにこんなことがあると思わなかったからビックリした。しばらく話をして、お菓子をもらって別れる。すると、

 

「あの〜若木先生ですか?」

 

ええ…なんと、もう一人。なんだか嬉しいような悪いような気になる。これ、出会えてよかったよね。空振りだったら悲しいもの。ここでもすごい熱い神のみ話を聞かせてもらった。

 

帰りながら企画を考えようと思っていたけど、突然呼び止められたのでドキドキしてしまって、ぼんやりしながら帰った。こういうことがあるとビックリするけど、やっぱり嬉しいものだ。ただ同時に、ボクに話がしたくても、どうしようもない人もいるんだろうなと思うと申し訳なくなる。自意識過剰かも知れないけど、もしかしてボクがお菓子屋に行ったツイートする度に誰かが来てたかも知れない(お菓子屋のツイートは基本事後ツイートだけど)。京都とかでツイート連射してる時もそういう雰囲気を感じたことがあったものね。

 

ボク神のみやってる時にサイン会とか一回もやらなかったから、一度何かやった方がいいのかな、なんて思うけど、二人でもこんなにドキドキするんだから、沢山の人を相手にするなんて耐えられるか命が心配なの。

wakakitamiki * ふとした話題 * 09:50 * - * - * pookmark

11/8:アルバトロス誕生日

今日はアルバトロスの誕生日

何という描きやすい子だろうか。やっぱり初めてのヒロインだから手癖感がすごい。この頃はヒロインは圧倒的な一人で十分!キャラクターのプロフィールもおまけページもいらない!という主義だったので、誕生日とかも全然決める気がなかったんだけど要望があって結局決めた。

 

でも、こういう記念日があると思い出すきっかけになって決めてよかったよね。おまけページもプロフィールもつけるようになったし、ニンゲン変われば変わるモノですな。ただやっぱり未だにオンリーヒロインが好きだし。自分のコメントが一切ない単行本を出したい。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

11/3:漫画家のクリスマス

11月3日と言えば、手塚治虫御大の誕生された日。

漫画家の大聖日。

 

そんな日に千葉で何だかお祝いの会が開かれていたので、お呼ばれして参戦。この日を選ぶセンスがいい。

なんか謝恩会のような雰囲気だった。

マリンスタジアム。

しかし、この場所いつか来たことあるなぁ〜って思っていたら、数年前にかのんちゃんのディレクターの甲さんとzoppさんとドライブで来た場所だった。男だけドライブ。

 

ボクは畑先生とイデミのクリスマスケーキの相談ができたので、それだけで用事は終わり。すごい豪華なメンバーの飲み会があったんだけど未だに風邪が治りきってないので早々に退散。

 

そう言いながらも帰りに一駅乗り過ごして東京駅のツォップを見に行く(こういう元気はある)。ツォップがカレーパン屋をエキナカで開いたということなので。

 

ま〜完売だよね〜。休日の夕方じゃあ。でも場所はわかったから今度は平日に来てやる!パレドオールのパフェを食べるついでにな!

 

それにしても華やかな席は楽しいけど疲れる…。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

11/1:円満終了した2人

Netflixのカムバック以来すっかりサウスパークづいてしまって、初期のDVDまで引っ張り出してきて何にも他みないでひたすら4バカ達の姿ばっかり見てる日々。Tシャツとか欲しいぐらい。

 

今年のクリスマスも、Mrハンキーと過ごすよ。

ウンコがホスト、ヒトラーが歌う賛美歌。サイテーのセンスのCD。でも、このサブタイトル回はすごくよかったなぁ。トレイ&マットはホンマ天才。狂人が自分の考えを認めさせると天才となる。

 

夜から梧桐君と牛乳のみおくんの連載お疲れ様回に出る。2人とも円満終了(だよね)。とってもいいことだ。しかもまだまだ伸びしろがありそうだから、次も楽しみだ。しかし、相変わらず声が出ない。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

10/31:スコーンの役割

去年に続いてスコーンを食べる時が来た。

英国紳士としてはね(大泉洋)

 

新宿伊勢丹の英国展2019。

 

今回も大量のスコーン(25種類)、クロテッドクリームも5種類揃えて登場。「ジョーカー」見たついでに寄ってきたけど、例によって女性の即売会状態。並ぶのがちょっと恥ずかしいけど、せっかくだし。で、スコーン5つ、クロテッドクリーム3種、マーマレード2種買って帰宅。

 

でまあ、早速食べてみたんですけども、

このマーマレード、激うま。コッテージデライトのライムマルゲリータ。テキーラとライムのジャム。うまい。もう身も蓋もないこといいますけど、スコーンは上に何か塗らないと正直ホゲホゲで美味しくないし、上に何か乗ってしまったらどんなスコーンでも大体美味しい。つまり、お好み焼きと同じでソースの台。鯛焼きの皮とかは皮も大事だけどねぇ。とにかくクロテッドクリームを山ほどぬって、山ほどジャム塗って食ったら大体美味しい。スコーンは300円も出さなくても、何でもいい…気がする。今度パン屋の100円のスコーンでも食ってみよう。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

10/29:いつまでも初心を忘れずにいたいが、残りの人生も短い

打ち合わせ。

 

ネームのverも11個目ぐらいになってくると、さすがに微調整中の微調整。細かい直しとかで蹴られると腹立つのは良くないとはわかってるんだけど、どういう絵を描くのかテストされることに少し落ち込む。10年やっててもまだオーディションの日々ですかい。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ