1/11:12時間ってこんなに短いの

今年の目標は「1日12時間労働」ということにした。

 

これぞサスティナブルな人生。もう床で寝るとか、徹夜とかなし!ちゃんと寝て、ちゃんと起きて、よどみなく仕事する!

 

なんて宣言してたのに、いきなり18時間ぐらいやってしもた。だって全然描けないんだもん。久しぶりに原稿描くから。やっぱり同人誌とは全然違うな…。それで次の日に疲れて何にもやる気出ないとか。全然サスティナブルじゃない!しっかりして。

 

 

夜ごはんは、黒丸氏江尻立真氏たかぎ七彦氏という例のメンバーで新年会。

ギョーザうめー。スカイウォーカーの夜明けの話しようと思ってたのに、誰も見てない…!

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/8:サウスパークS15消滅

ネトフリのリックアンドモーティを見ていて、「すいきんちかもくどてんかいめい」に英語の言い方があるって初めて知った。「My Very Eager Mother Just Showed Us Nine Planets」って言うんだね。色々バリエーションある見たいだけど。

 

それよりネトフリ、サウスパークのS15が配信終了してるんだけど!

 

 

7シーズンって書いてあるのに、6つしかない。なんでやこれ!どうも去年で終わったらしい。まだ3ヶ月も経ってないよ。LILICOのブログでS22の吹き替えをやっているらしい様子を見て喜んでいたのに!ネトフリ版はS19の吹き替えをいつまでたっても入れないところとか謎ばかり。本国でも配信権利が移ってるみたいだし、他のシーズンも消えたりするかも知れないなぁ…トホホ。

 

希望的観測としてS15のカイルの声を高く直すために一旦休止、とかだったらいいなぁ…ないかぁ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/6:ARASHI's Diary -Voyage-

ボクが唯一歌えるラップが嵐の「A・RA・SHI」なんだよ、ふふふ。

 

ネトフリが嵐のドキュメンタリーをやるというので1話を見てみた。

嵐の活動休止と言う決断を5人がそれぞれ胸の内を語ってくれてる。しかもミニシリーズで。まだ1話だから、なんかダイジェストみたいな内容。

 

アイドルの最後を捉えた映像でボクが一番印象に残ってるのはなんと言ってもビートルズの「LET IT BE」。ほんの5年前にあんだけキラキラして飛び跳ねてた人達がこんなに疲れるかというぐらいの倦怠感。お互い顔を合わせるのがイヤでしょうがないという空気がビンビンに伝わってきてファンとして見てて辛かった。

 

アレを思うと嵐はさすが国民的アイドルというか、ちゃんと見られるということを前提とした感じで振る舞ってくれてる。全員でずっといるしね。なんか、うがった感じで見ると、ドキュメンタリーという体のファン映像って感覚。「みんながんばってるね!辛かったんだろうけど、嵐を愛してくれてるんだ!」ってファンが言いそうな。活動休止を決めるグループってもっとなんかアレじゃないか?みたいな気もするけど、これからもっとすごいものが見られるんだろうか?

 

 

 

ネームで疲れて何もする気が起こらない…。ほんと体力ないわ。嵐はすごい。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

12/31:年越しパフェ

大晦日。

 

まだネームができてない。年が明けて欲しくないなぁ。

 

なのになぜかタカノフルーツパーラーに行ってるやつ。

ダメ人間。

 

国産苺とマンゴーのパフェ。税込1980円。

おいしい。上のクリームがおいしい。

もちろんコーンフレークは入ってない。でも、最近コーンフレークとか寒天みたいなのが底に入ってるパフェあんまり見ないね。値段も高いしな。

 

エヴァンのガレットデロワを買いに行ったんだけど、現物見るとあんまりピンとこなくて何にも買わないで帰る。20分も並んだのに。

 

さらば2019年。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

12/25:真鯛ラーメン

今日は打ち合わせと取材。

すごい歩いて、写真を撮りまくる。

 

ラーメンが五臓六腑に染み渡った。

麺魚という店。真鯛ラーメンだって。麺も出汁もチャーシューも全部個性がある。これは美味しいなぁ。あんまりラーメン食べないけど、これはいいね。

 

でも、食べ慣れないもの食ったから帰ってからOPP☆

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

12/26:コミケ情報ふたつ

<コミケ情報・1>

 

今回のコミケでも16bitが出ます。今回は前回の続きなので、ちょっと短いです。すみません。

場所はレイによってCUT A DASH!(30日西あ-51)です。

 

今回は短いとは言え、なかなかリアルな迷惑話が描かれているので、前回と合わせて読んでいただくと実にいい!と思います。売れたからって何でもハッピーと言う訳でもないのです。

 

 

Windows時代になってなお業界の競争は厳しいものになってまいります。

 

いよいよ、次回からはみつみ&甘露両氏が中心になった「こみパ」制作のお話になってきます。ある意味ここまでがプロローグだった!と言ってもいいかも知れませんね。プロローグに何年かかってんだ。

 

 

<コミケ情報・2>

 

もう一つはバトン=リレーです。

企業ブースでCD付き公式ブックレットが出ます。

これはボクが表紙と裏表紙を描いています。こっちは自分で塗ってますw

 

本文の方でもボクがキャラクターを作った時のコメントを一人ずつ書いてます。デザインだけじゃなくって、性格や仕草なんかも色々考えたり整理したりする仕事もやってましたので、その辺のことを書いております。キャストの皆さんの手渡し回もあるようです。こちらもよろしくお願いします。

wakakitamiki * ふとした話題 * 08:17 * - * - * pookmark

12/22:M-1

ボクは毎日コーンフレーク食べてます。

しかも、晩飯にもガンガン食べます。

 

 

昨日のM-1は古き良き漫才を見た。M-1は初期の笑い飯や麒麟以来、毎年「どんな新しい漫才がでるんだ?」みたいなのを期待するところあるけど、ミルクボーイは全く新しくない。まさに話芸だけの世界。まるで昭和のテレビを見ているような演芸感。YOUTUBEで他のネタ見てみたらずっとあの形を研ぎ澄ましてたんだね。コンフレークだけであれだけもたせるのは相当な力。ナイツとかサンドウィッチマンよりも更にフォーカスしてるね。何だかポストモダン的な漫才とかキャラ漫才みたいなものが全て小手先に見えてしまうすごさがあったね。ミルクボーイはもうずっと人気者だろうな、少なくとも舞台では。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:17 * - * - * pookmark

12/21:「魔法」

昨日の打ち合わせでネームがボツになってガックリ。やっぱりスターウォーズ見に行かなきゃよかった。

 

イラストのラフを出したあと、開き直って一日テレビを見たり本を読んだりする。本を何時間も読むって何ヶ月ぶりだろう。

 

読んでいた本。

クリストファー・プリーストの魔法。

この人は映画「プレステージ」の原作「奇術師」の原作者で、一癖も二癖もある作家さんだそうだ。この「魔法」はこの人の傑作ということなので、読んでみた。

 

確かにエラい技巧を凝らした内容で、最初は大人の男と女のラブロマンスストーリーで、「これが何か?」って感じだったんだけど、後半に入って一気に複雑化。

 

特に記述のトリックが強烈で「わたしは〜」という語りを登場人物が共通で使い、途中で話し手が知らない間に変わっていたりする。それどころか、話し手が話している内容が虚々実々で一体実際に起こったラブロマンスは一体何だったのか?よくわからなくなってくる。そして最後に種明かし。一種のミステリだった。時間がある時に読んだら相当面白かったかも知れない。

 

ミステリを一時期結構読んでいた時期に、特に本格と言われるものは事件の説明部分がすごく長くて、ボクみたいな飽きっぽい人間には「さっさと答え行けや!」とか思い始めるのが難点だと思っていた。だって、どんだけやったって犯人のパターンなんてほぼほぼ決まってる訳だから。つきあいきれないの。でも、「この証言者の誰かはウソを言っています」とか最初に言われたり、「ある条件で、ここからここまでは作者の都合で途中で設定変更します」とか言われると、冗長になりがちな部分も緊張感が出る。この「魔法」というのはそういうタイプの話だった。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:31 * - * - * pookmark

12/19:忘年会

今日は定例飲み会の忘年会。

ネームはできてないけど、これは絶対に出なきゃ。

この会は色んなことが話されるんだけど、ボクは何よりこの会でアシスタントを紹介してもらおうと思ったのに、見つけられなかった。これはホントにまずい。

 

二次会に出て、久しぶりにタクシーで帰った。楽しかった。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

12/18:原さんぽ

ネームが終わらず、小学館謝恩会休み。まあいいや。

 

最近は本当にだれでも、スターになれる時代だよね。

パーチャルライバーとか言って、Mirrativとか見てると、自分がゲームやってるのを配信してそれが100人とか見てるって学生の頃だったらヤミツキになっちゃうかも知れない。

 

投げ銭とかだって誰がやるんだって思うけど、全然面白くもなんともない女性配信者でも、自分のコメントに反応してくれたりしたらあっさり好きになっちゃうから。

 

フィオナだって最初はそんなにだったけど、ゲームで目が合うだけで好きになるもんね。

 

でも、例えば、映画とかマンガとかなら1年見てると何かしら積み上げがあるというか、なんかこう「糧」があるけど…配信って1年付き合って何があるんだろ。ホントに純粋娯楽というか、ただただ時間の消費という気もする。これは門外漢の意見かな。

 

 

そういうボクも原博実の配信すごい楽しみにしてるけど。

原さんの配信とジャッジリプレイはJリーグの良心だね。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ