4/12:フラダンス祭り結果

原稿最終日。

 

Doaxvv、初めてのイベントは以上の順位。

 

無課金。ドリンクがぶ飲みなし。作業しながら。だと、こんなものか。それなりにごほうびもらえるし、十分楽しめるな(イベントパワー水着当たった場合のみ)。儲かってるのか心配になるけど、上の方はかなり課金してるみたいから大丈夫なのかな。

 

グラブルのコナンイベントの方は携帯だと画面が小さすぎて謎解きができないw殺生やで。

 

wakakitamiki * DOAX2 * 08:17 * - * - * pookmark

5/26:一番大切なことは…

サンデー発売しております。
なのは洋菓子店のいい仕事は、「十七才の地図」に道筋がつくお話です。

ところで先日、さる雑誌の偉い人とお話をした。その人は前から知ってる人ではあったんだけど、面と向かって話をしたのは初めてだった。その人と「自分がマンガに一番大切だと思っているもの」という話題になった。その時、初めてボクと同じ事を言う人に出会った。

マンガに一番大切なもの。
それは何か。

それは「知性」なんだと。その人は言った訳です。この知性という言葉の解釈が果たしてボクと同じかわからんのだけど、ボクが自分でマンガを描くときに意識してることであるし、サンデーという雑誌がそうであって欲しいのは、「知性」を持ってるということ。

知性というのは、難しいことを描くとかそういうことじゃないし、面白いとか面白くないとか、売れるとか売れないとか、そういうことでもなく、敢えて言うなら、自分の描いてることに責任を持ってるということに近いと思う。

その逆はポピュリズムなんだけども、もちろんマンガはある程度読者に親切であるべきだし、受けなきゃ存在価値はないんだけども、全てを選択するのは常に作り手の意志によって決められないといけない。

そういう知性の権化のような傑作を、こないだ映画館で目の当たりにした。「ズートピア」なんだけども。観客が見たいモノを見せてあげる印象のあるディズニーで、こんな強烈な意志を持った映画が作れるとは。しかもしっかり受けてるし。言うことなしだわ。こういうものを作るには、とんでもない力が必要だろうと思う。自分はズートピアは作る力はないだろうけど、少なくとも責任をとれるものを作りたいとは思ってるのです。


それはそうとDOAX3のグラビアモードが二つとも開いたぞ!(話題変わりすぎ)

まだ最後のチケットが渡せてない…。グラビア1つ足りない…ほんと先が長いなぁ。

でも、やればやるほどかわいいんだよ、あやねが。新しい配信水着で「マッハ」が復活したので、早速着せてみた。あっさり渡せたのが笑った。もはや、これぐらいの露出なら抵抗がなくなってしまったのか。
wakakitamiki * DOAX2 * 10:57 * - * - * pookmark

4/25: ザック島便りその5:繰り返しプレイで輝く紅葉

久しぶりのDOAX3報告。
ちゃんとやってたんだよ。

オーナーレベルが30を越え、やっと全員のEDを見た。
EDが結構どの娘も似たような感じで達成感なかったけど、これで親愛度を気にせずオーナーレベルをあげることができる。

ところで最近、紅葉がかわいくて仕方ないんですよ。

これねぇ、すみませんね、ずっと「紅葉の良さがまったくわからん」とか思ってて。投票とかグッズで人気なのもごり押しかと思ってたんですけど、パートナーにして一緒にいると、もう底なし沼のようにハマってしまうんですよ。

声。

声ヤバすぎ。皆口裕子…バブル時代からやってきた刺客!そう、かつて女の子はこういう声をみんな出していたような気がする。そして男を手玉にとっていたのだ。この声で「オーナーさぁん!」と言われるだけで、いくらでも貢いでしまおうという気持ちになる、 伝説のキラーボイスだわ。

デレステでアナスタシアを事務所に置いておくと同じ現象が起こるのだけど、ボクのようなオッサンにはさらにたまらないものがあるね。も〜最近ではテレ東の30秒後みられる云々みたいな番組のナレーション聞いてるだけでモゾモゾしてしまう。そう思うと「ラブプラス」で寧々カレじゃなくて命助かったな。


怖いオンナよ。
wakakitamiki * DOAX2 * 12:50 * - * - * pookmark

4/4:ザック島便りその4:小さくて大きいほのか

ほのかって小さかったんだね。

プロフィールの数値をちゃんと見てなかったけど、マリーとあんまり変わらないんだ。

マリーがセリフでも背が低い押ししてるけど、ほのかもバレーボールやってると届かないしふっとばされる。これであの胸ってどんんだけデカいんだ。

でも、1人で見てると背があるように見えるんだよね。

だから他のDOAキャラと並ぶと背が低いというより、違う星からやってきた人みたく見えよる。おばあちゃんどんな人なんだろうなぁ。
wakakitamiki * DOAX2 * 18:57 * - * - * pookmark

4/2:ザック島便りその3:女天狗かわいいのじゃ

DOAXの闇の象徴、ヴィーナス水着。

1着は何とかお渡しできた。

相変わらず終わりなきバレーボール地獄が続いているけども、DOAXはルーチンを続けているうちに、キャラの魅力がアップしてくるのだ(バレーボールの難易度ハードでも無心で勝てるので、キャラクターのことぐらいしか考えることがないから)。ボクはあやねは最初から好きだったけど、本当に好きになったのはDOAXで追いかけ回した後のことだ。 

今回は女天狗がポンコツで実にいい。

本編やってる時はもっとマトモなキャラに見えてたんだけど(それほど使わなかったし)、実におばあちゃんである。これは人気でそう。それにひきかえ紅葉は全然のびしろないなぁ。髪型かえられるのはナイスだけども。

それにしても、バレーボールさすがに飽きてきたな。水上バイクなぜなくなったのだ。1人で乗るだけでもよかったから入れて欲しかったよ。
wakakitamiki * DOAX2 * 10:53 * - * - * pookmark

3/29:ザック島便りその2:東洋の魔女


DOAX3。睡眠けずってあやねにプレゼントしまくる日々。
今回は以前に比べて、あっさり受け取ってくれるような気がする。気がするだけかも知れないけど。

今回はエンディンググラビアに必要なパラメータ「まんぞく度」をMAXにするために、エンディングを見たいファーストプレイはほとんどずーっとバレーボールをする感じになってしまう(バレー勝利のまんぞく度増加が必須)。ずーっとバレーよ。オリンピック目指してる人ぐらいやってる。

バレーばっかりやってるとザックマネーが猛スピードで貯まっていくんだけど、150万ザック以上持てない仕様がめちゃくちゃうっとうしい。あっという間に溢れる。これ何の意味あるの?DOAX2みたいに金儲けの裏技の可能性があるってことかなぁ。せめて1000万ザックまでにしてよ〜。あと、女の子とプレイヤー(オーナー)がお金が別勘定なのも厳しい。オーナーの方のお金貯めるのが大変なのよね。女の子の方のお金をレートでオーナーに回せるようにしてくれないかなぁ。オーナー側のお金を集まりにくくして課金させるシステムだからダメだろうけど。何だろうな〜。


どんけつゲームとかやってるヒマないよね。
wakakitamiki * DOAX2 * 09:03 * - * - * pookmark

3/27:ザック島便りその1:Heaven is a Place on ...

ああ、報告忘れてました。
パケ開けた瞬間、報告することも忘れて島行ってました。

もう暇さえあればDOAX3ですよ。

最高ですよ。
最高以上ですよ。

まだ3周ぐらいしかやってないので、これは正式な感想ではなく、あくまでインプレッションではあるが…今のところ最高。

2Dの世界は理想の世界だと、常々思っていましたが、これは理想の理想世界だよ。

DOAXシリーズは、その快楽を得るために大いなる苦渋を舐めさせられる神クソゲーだったんだけど、今回、クソゲー部分、まったく変わってません。それどころか、さらにクソになってる。しかし、それを補って余りある女の子たちの素晴らしさ!なんだろうなぁ、ビートルズのコンサートを淡路島でやってるような世界ですよ。


女の子が、ほんとにほんとにいい。肌の質感、揺れ、仕草、どれもこれも史上最高だと思う。限られたリソースをすべて女体につぎ込んだ下町ロケット。宇宙に飛び立てるクオリティだぞこれは!

クソ成分:150%増し、神成分:300%増し。DOAX2の450%プラスのすごい出来。これをやらないでなんとするよ。これでVR対応したら、僕はもうPS4のなかで暮らすことにします。
wakakitamiki * DOAX2 * 06:31 * - * - * pookmark

1/26:Doa5LRのコスの報告。

まあ、初めて連載を始めて10年。
新人として編集部に入ってからは、もう22年ぐらい経っているんだよね。

その間、特に新人の頃に徹底して仕込まれたことは、「どうやって収めるか」って技術なのよ。読み切りなら32ページ。連載なら18ページ。ページというのは有限である。いろいろな要素を考えて、それを限られたスペースに押し込むか。ボクはその「収める」と言うことに関してはそこそこ技術力を身につけた。身につけて「しまった」というべきか。複数のプロットを有機的にまとめて、キャラもストーリーも全部もらさずに、ちゃんと「収める」。こういうことが今やいとも簡単にできてしまう。ただ、それは面白さには何の繋がりもない。感心はされるかも知れないが。

結局のところ気づいたのは、マンガで大切なのは「どうやってはみ出すか」ってことだったんだね。収めちゃったらダメなんだよ。編集さんもしばしば「収められてるかどうか」を基準にネームを採点する。それじゃあ、マンガが小さくなる一方。でも、ただはみ出すだけじゃあ、カオスでしかない。できれば、マンガの「中」でははみ出しながら、マンガの「外」で収める。神のみの時は天然でやっていたことを、分析したい。まあ、何を言ってるか全然わからんでしょうけど、ボクもここの観点がうまく説明できなくて、最近の打ち合わせがとにかくもどかしいのだ。


何を言いたいかと言うと、DOA5ラストラウンドの無料コスの話ですよ。全然話題つながってないけども。

DOA5のLRのコスに関しては、以前有料DLCとしてボクのデザインした「Tactical Frills」というものがあった。


これ。(クリックで拡大)。
これについては↓を参照のこと。
http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1311326

その打ち合わせの時に、チームニンジャに行った私は、「ボクはこんなにもDOA、いや、あやねが好きなんだ」いう演説を4時間にわたって繰り広げたのである!実はこれがやりたいがために打ち合わせに行ったという、ストーカーさながらの蛮行であった。

その時の最後の方のスタッフの皆さんがシーンとするなかでボクが話し続ける様子ときたら、23世紀末ぐらいのアルマゲドン的様相だった訳で、仕事場に帰ってきたボクは多少の満足感と、大いなる後悔にさいなまれた。2時間ぐらいにしておくべきだったと。

ところが、スタッフの皆さんは「DOA愛を感じる発言ありがたかった」と…。そして、あやねサイコパスにさらなるご褒美というか。もう一つ、ボクデザインのコスを無料DLCとして制作してくれたのだった!かたじけない!

Koredayo!

このコスについて、色々話したいことあるんだけど、なんかこういうの詳しく話していいものかはばかられるところがあってね…。とにかく、ボクはこの鎧にあやねの「KUNOICHIGAIDEN」を夢見てる訳。半分の鎧、ライドウの首飾り、そして、そしてもう半分をかすみが着てるというところにね。もちろん、公式でもなんでもない、妄想だ!


どわりゃー!


思えばもう20年近く前、かすみ&あやねは、「はみ出した」存在だった。くのいちなのに好物がイチゴのミルフィーユ、生物のように自動的に揺れる胸、裸オーバーオールで戦う姉妹。なぜ格闘ゲームて?今でこそ、こういうキャラは不自然ではないが、昔は違和感の塊であった。ただ、それなのに、なぜかしっくり感というか、こういう存在がいていい理由みたいなものがあった。はみだしてるのに収まっている。だからこそ、この姉妹はここまでDOAを支え続けてきたんだと思う。


確かに、マリーはかわいい。ほのかは素晴らしい。DOAX3は発売日当日にゲーム屋の前に並んで買いたいぐらいだ。こんな気分は久しぶりだよ。キャリバー以来のケツゆれショック!



ただまあ、マリーもほのかも、どことなく収まってる感じがある。はみだしてないというかね…ヒトミっぽいというか。でも、マリーが人気1位なのはすごい。女体の美しさに全てをかける姿勢はもはや他の追随を許さないものがあるしね。次のDOA6でははみ出した胸…おっと、キャラクターが出てきて欲しいなあと思う。その時が古いDOAを脱ぎ捨て、新しい歴史が始まる時だ。
wakakitamiki * DOAX2 * 18:56 * - * - * pookmark

4/2:地獄パラダイス。


来ちまったよ・・・。買いたいような買いたくないようなソフトではあったが、出たら買ってしまう・・・。RIOだけはやるか・・・。

wakakitamiki * DOAX2 * 21:34 * - * - * pookmark

11/26:そういえば、エプロン水着はなかったな、DOAX2

ボクもたまには料理するのです。

今日はパスタを作りました。
ボクが作れる料理はアーリオオーリオのみなんですが。冷蔵庫を見ると、ベーコンとナスがあったので、急に「ボクにも他のパスタができるんじゃないか?」と思い立ち、「シェフの気まぐれナスベーの血まみれ野菜スープスパ」を作ることにしました(野菜ジュースもあった)。


用意は万端ですよ〜。


ところが。


パスタが無かった。
なんでパスタを確認しなかったのか・・・。



しかし、めげずにスーパーまでパスタを買いに行きました!

15分後。



みよ、この堂々たる出来!おお!結構ちゃんとできてるじゃないか。なぜモザイクがかかっているかはヒミツ。

いただきま〜っす!





・・・・・・・・。






ナスってのは火が通ってないと不味いものなんだ・・・。
やっぱり料理には向いてない。


料理を作ってくれる嫁はんがいればいいなぁ!
オタクってのは女を見る目が厳しいものなんですが、その点、ボクは嫁に関しては全然贅沢は言わないのですよ。

ただ、ツンデレのくのいちでさえあれば。
wakakitamiki * DOAX2 * 23:32 * - * - * pookmark
このページの先頭へ