10/15:トルシュオマロン

月一の税理士さん(奇跡の生還)とのミーティング。遂に持続化給付金がもらえる条件が…?去年ほとんど仕事してなかったから期待してなかったけど。これはすぐに確認しなければ。

 

久しぶりにエーグルドゥース。

トルシュ・オ・マロン。毎度スピード勝負で食べるけど、今回は今まで食べたトルシュオマロンのなかで一番鮮度が高かった。美味しい。でも、こういう形式だと和栗の方が美味しいんだよなぁ…やっぱり日本人だから?

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

10/11:かなかなかな

カラー中。

 

まもなくスピリッツ巻頭カラー。

 

おやつ。

ロートンヌの新作シュルプリーズ。

 

バナナとパッションフルーツのムースに生姜の香り。バナナジュースを飲んでるようにさわやかなケーキ。驚きと言うより、ひぐらしのような夏の思い出を感じさせるケーキ。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

10/10:エーデッガータックス復活

今日も作画。

 

エーデッガータックスのクラウドファンディングのリターンが届いた。

 

早速プレッツェルを食べる。モチモチで塩がめっちゃきいてる。おいしぃ〜。昔ノイエスでも売ってたけど、味の違いがわかるほど覚えておらず。

 

ザッハトルテもリターンで来るから楽しみ。なんか開店と同時に店員がコロナ感染で14日閉店とかなっちゃったけど、今度は続いて欲しいなぁ。東京のゲーテ・インスティトゥートに入ってる時はよかったから、京都のゲーテに入ればよかったのに、ってちょっと思ったり。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

10/3:プレシューズのモンブラン2020

四ッ谷に買いに行ったプレシューズのモンブラン、やっと食べた。

 

旨い。毎年プレシューズのモンブランって始まったらすぐ食べるからちょっと栗が薄く感じることがあるんだけど、これはかなり栗感があった。ほんとうめーわ。他のケーキ屋も色々食べたけど、やっぱプレシューズは年一回は食べたいね。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

10/2:四ッ谷の鮮魚

原稿始める前に、四ッ谷。モンブランを買いに。うぉっほ。

 

何か四ッ谷立て続けに来たけど早くも愛着が出てきた。この辺いいね。玉川上水。

 

鯛焼きの老舗わかば。

モンブランじゃないのかよ!初めて近く通ったからね。

 

飛ぶように鯛焼きが売れていく。

見るからにおいしそう。

鯛焼きは温かいうちに食べないといけないから、もう買った瞬間に食べる。うまい…。皮がぱりぱりなのはもちろん、あんこがすごい塩気があって、甘みが濃い。これは歩きながらと言ったけどお茶が欲しくなる。鯛のような淡泊な魚をここまで濃厚にするとはただものではない。

 

これで東京三大鯛焼き(柳屋、浪速家、わかば)の鯛焼きを全部食べたけど、わかばは個性があって一番好きかも知れない。それにしてものどが渇く。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

9/22:閑散赤坂

世の中は4連休らしい。

 

なので今日は久し振りにネット仲間とアキバで会う。

16bitの単行本にサインを頼まれる。この人達はぼくを漫画家としてあんまり扱ってないけど、たま〜にサインを頼まれる。それは「これはもらっといた方が価値があるな」って時だと思われる。だから16bitはいいのかもね。おほほ。

 

その後楽しく話をして、古いゲームとかもらって、帰る。

 

帰りに赤坂による。リベルターブルが限定ケーキを出すと聞いて。

 

赤坂に人が全然いなくてビックリ。巷に人出が戻ってきたって聞いたけど、オフィス街のごとくだーれもおらん。前にブリッツに来た時はめちゃいたのに。

でも、リベルターブルは結構盛況。明日から台風が来るから、一杯置き菓子を買う。

 

帰って早速食べる。

ドール。

和栗のモンブラン。無花果のジュレが入ってる。美味しい〜。ここのレギュラーのモンブランはポルチーニとか入ってるからねw こういうストレートなケーキが嬉しい。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

9/19:なぜ?と聴かない主人公

「TENET」がなぜ大多数の人にとって意味不明なのか。

 

それは主人公が「なぜ?」って聞かないからなのだ。

 

特に巻き込まれ型の物語の場合、「なぜ?」と聞かないとどんなこともで起こりえる話になるし、見てる人も何が起こっても受け入れるしかなくなる。TENET、何が起こっても、それがプラスの出来事なのかマイナスの出来事なのか全くわかんなかったよね。

 

「なぜ」というのは、物語をすごく単純にする効果がある。

 

主人公「なぜこんなことが起こってるんだ?」

説明「○×■○×$(訳のわからない説明)」

主人公「なんだかよくわからないが、とにかくあのバカでかいヤツをたおしゃいいんだな!」

 

これで何でもオケーですよ。主人公が、物語を見てる観客が「?」と思うタイミングで「なぜ」を発生させると、どんな難しい話でも簡単になる。逆にどんな単純な話でも「なぜ」がないと難解な話になる。どれぐらい簡単にしたいか、どれぐらい難解にしたいか、それは主人公がどれぐらい「なぜ」を発生させるか、それ次第という訳です。簡単にするのが嫌いだって人は一杯いるし、ブレードランナーのナレーションをカットするみたいなの、どっちか言うと大多数の監督は支持するかもね。

 

でも、そもそもなぜを上手く使い分けられる作家はなかなかいなくて、新海映画とか「なぜ?」のタイミングがすごく独特だったのに「君の名は」で突然全部ドンピシャのタイミングで来てびっくりしたもの。何が起こったんだって。ノーラン監督の場合は弟さんが脚本書かなくなったのも関係してるのかな。ダンケルクもTENETも全く「なぜ」がないものね。

 

「なぜ?」がないから駄目じゃなくって、それでも評価されてヒットする映画はなんぼでもある。

 

「ハリポタ」とか「千と千尋」とか主人公あんまり親切じゃないよね。サマーウォーズとかもなんでそうなるのかって全然わからもん。でも、普通の人は全然そんなの考えないで見てるんだよ。それでいいんだけどね。なんなら、そういう不親切さが神秘性に繋がったりするからね。気にするのは漫画家ぐらいだよ。

 

映画を見た後に食べたパレドオールの栗ジャポネ。

うめぇ。栗きんとんのソルベに柿のアイス。ボクもお菓子だと、「なんでこの構成でないといけないのか?」なんて全然考えないで、ただ「うめぇ」だもん。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

9/11:追悼サマンサタバサ、青山スイーツツアー

金曜日。

 

作業前に、どこかケーキを食べに行きたくて、久し振りに青山へ。出発前に悲しいお知らせ、原宿の「レフェクトワール」が閉店とのこと。プチメックとは違うメニューを出していてすごく良かったのに。これで青山に好みのパン屋なくなってもーた。

 

外苑前で電車を降りて、「和菓子まめ」へ。ここもコロナ対策で、二つずつのセットのみの販売に。豆大福と栗大福を買う。

 

そのまま青山通りを歩いてブルーボトルコーヒー青山へ。普段ブルーボトル行かないけど、以前にここで飲んだジングルオリジンのカフェオレがめっちゃ美味しかったので飲みたくて。

 

そしてら店員さんが「今日の豆は酸味が強いので、あんまりカフェオレには向いてないかも知れない」とのアドバイス。前と豆が違うのか。ならばということで、その豆をエスプレッソにしてもらうシングルオリジンカフェラテで注文。

 

ついでに朝ご飯にポーチドエッグも頼む。

なんやこの美味しそうな見た目!店のお客さん、みんなこれ頼んでた。でも、このコロナ対策を兼ねた木製カトラリーがすこぶる不便で特にフォークが全く刺さらない。結果手で食う。青山で無様なことよ。

 

なんて、醜態をさらしていたら、さっきの店員さんがボクに近づいてきて、「さっき話してたシングルオリジンのカフェオレ、ちょっと作ってみたんですけど、いかがですか?もしかして好みだったら申し訳ないと思って」ってカフェオレを作って持ってきてくれた。な、なんという親切な…。ボクみたいな人間にそんな親切したらストーカーなるわ。

 

花屋で働いてる人に悪い人いなさそう、みたいなのと同じで、パン好き、コーヒー好きに悪い人はいません!みたいなお店、最近多いよね。いいと思う。まあ、ブルーボトルですら今は空いてるから、店員さんも余裕ありそう。

 

そこで単行本のネームを終わらせて、エルメに向かう。

 

 

あれ、サマンサタバサのビルの跡が、ジューススタンドみたいになってる。

てっきり新しいサマンサタバサのビルでも建つのかと思ってた。

 

そういえば、青山と言えば思い出す人がいて、JamesBlakeなんだけど

青山によく来てた頃は良く聴いてたなぁ。最近AppleのCMでまだまだ元気なところを見せてたね。もしかしたらアレを見たせいで青山に来たくなったのかも知れない。

 

エルメのフラッペ・マカロン・ヨウカン・イスパハン。

 

とらやとエルメのコラボ。例によって何にでもコラボするイスパハン。それをフラッペ仕立てにしてヨウカンの小さなキューブを沈めてある。美味しい。美味しいけど、これヨウカンいるか?おまけでついてきたマロングラッセのマカロンが美味しい。

 

青山のエルメがリニューアルして初めて二階に来たけど、大分雰囲気変わってカフェに近くなった。前はすごくバーっぽくって、店員さんがひざをついて注文を取るみたいな感じだった。こっちの方が入りやすいね。

 

 

その跡はちょっとブラブラして変える。青山は持ち帰りたくなるお菓子があんまりないのが難点。前はARIで決まりだったけどもうなくなっちゃったし。仕方ないので、グラニースミスでアップルパイを買って帰った。

 

また半年後ぐらいに行こう。

 

まめの豆大福

上品〜。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

9/9:カフェミクニズ

原稿できたんで、四ッ谷のカフェミクニズへ。

 

プレシューズのモンブランが9月から始まってるけど、地図を見てるうちに以前ケーキ無くて撤退したカフェミクニズに行きたくなって。

 

四ッ谷ってなんかいいね。昔の東京の感じがちょっと残ってて。迎賓館のとなりにまだそこそこ庶民的な住宅地がある(家賃すごい高いだろうけど)。その住宅地を通りながらカフェに向かう。

 

こないだNHKオンデマンドで見た2.26事件の映像がまさに四ッ谷周辺の映像で、面影ちょっとあった。それにしてもキリスト教の施設だらけ。修道院のお菓子を売ってるお店まである。隣の信濃町とあんまり変わんない状況なんだけど、なぜかキリスト教だと不思議とマイルド。日本ではね。

 

それにしても暑いね。

 

 

ショーケースのケーキが全部美味しそうでどれ頼むか迷う。

ポロネーズとガトーショコラ。ガトーショコラの仕上げの美しさ。変な言い方だけど、食べ物に見えない。

 

ポロネーズはポーランドのお菓子。ブリオッシュに酒を染みさせてメレンゲで外側を飾ったモノ。これもすごい仕上げが綺麗。食べてみると結構甘い。伝統菓子感。ブリオッシュの塩気もあり、なんか食べたことのない味だった。美味しい。ガトーショコラはとにかく濃い。ホントに立錐の余地のないチョコ感。美味しいけど、これは一人で食うの大変だわ。

 

それにしても綺麗で美味しい。すぐ近くにある迎賓館のようなケーキ。おしゃれな例え。さすがミクニ。この暑さだと持ち帰りムリかなーと思ったけど、どうしてももう一個食いたくて無理を承知で持ち帰る。

 

プレシューズも食べたいし、また来よう。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

8/30:UberCake

暑い…

 

暑いけどケーキを買いに行く。

レザネフォールの黒蜜と白ごまのブランマンジェ。

妹に「和菓子買うなよ」って言われたけど、まあ、これはこれで美味しい。

 

それより、ロートンヌで自転車でケーキを運ぶなって言う看板があって、やっぱりそうだよなって思ったら「袋はハンドルにかけて下さい」って看板だった。自転車で運ぶのありなのか。試しにレザネフォールからハンドルにかけて自転車で運んだら、特に問題なく運べた。そうなのか。さすがにマテリエルから運ぶのはムリかなぁ。クソ柔らかいから。

 

 

飲み会のお友達のnoncoさんから「のんべれケ」をもらったので読む。

noncoさんを通じて、ツイッターでバズる絵師さんの世界を知った気がする。絵もギャグも立ってるなぁ。

 

マネできねぇ。

 

 

「グッドフェローズ」を見ながら作画。

曲がどれもこれもいい。タランティーノみたいなのじゃなくって、ズバっとメジャーな曲を使ってくれるスコセッシ。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ