☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

キング・オブ・アイドル

連載終了しました。紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。現在vol5まで出てます。店舗の委託販売も行っております。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。ただ今開始に向けて準備中。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 23:10 * - * - * pookmark

7/14:1週間遅れのかの香

ようやく16bit終わりが見えてきた。

すり減った神経にもう一息。

 

ドーピングに「紀の善」の杏あんみつ

 

かの香さんから一言。

7月8日はかの香さんの誕生日でした。

どうしてあんなにあんこにこだわりがあるのに、あんみつの上にのほほんとしたサクランボとか乗せちゃうんでしょう。あんみつは豆と求肥で十分!

wakakitamiki * なのは洋菓子店のいい仕事 * 23:59 * - * - * pookmark

7/13:没コマ

一日16bit…。

没コマ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/12:没コマ

これは没コマというより削除コマ。

 

近くの薬局で見つけたコカコーラエナジー。なんだこの味は…。余計な味足さなくていいんですけど。コーラの味のままエナジーにして欲しかった。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/11:普通の1日

朝までネームを描いて、そのまま打ち合わせ。

ガストのパフェ。白桃。

 

打ち合わせはまあまあぐらい。次は1週間後。色々な締め切りがあってネームに全力投球できないのが多少はがゆい。アニメの打ち合わせやってる時にちょっとした直しでも1週間かかることにもどかしさを感じていたけど、今わかったよ、こういうことだと。

 

とりあえず、19日までに全力投球して少しスケジュールの風通しを良くする。

 

帰り道唐揚げかったらこんなものが…!あの人、何屋さんなんだ?

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/10:引っ越しまであと1週間

新しい仕事場の支度。

何年かに一回引っ越ししてるけど、また引っ越しすることにした。

 

今までは仕事の規模に応じて変わってきたけど、今回の引っ越しのコンセプトは「ずっと住める場所」。まあ、ボクはいつかは京都に帰りたくて仕方ないんだけど、それでも現実問題、まだ東京に住まなくちゃならない。

 

そこで、連載しててもしてなくてもずっと住めるような場所に移ることにした。家賃がそこそこで、何よりパンとケーキが美味しい場所。これって都内だと意外と候補がない…三鷹か代々木上原、代々木八幡ぐらい?どこも家賃高いぞ。

 

何しろ、週刊連載の規模の仕事場とアシスタントをキープし、さらに自宅は別となると、何もしてなくても月に100万に近いお金が飛んでいく。こんなもったいないことはない。今みたいに連載がない状況だとずんずんお金が減っていく…と言いたいところだけど、正直連載したらヘタしたらもっと減っていくというのがすごいところ。連載しない方が貯金が増えるという…なんだろうなぁ。

 

まあともかく部屋は見つかったので、引っ越しは1週間後だわ。パンもケーキも美味しいぞ。結局、人は元いた場所に戻るのだった。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/9:色紙

NIKE×ストレンジャーシングスのコラボTシャツも買う。NIKEのTシャツの生地がステキ。

 

それにしてもあらためておらの脂肪。打ち合わせで「お腹が痛い様子」をやった時に触った自分のお腹に引く。1キロ太っただけでこんななりますか、普通。ありえない。これはマインドフレイヤーの仕業に違いない…。

 

色紙を書く。

この二人で描くの珍しいなぁ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/7:お願い天の川

19日ぐらいまで、身動きがとれない…。

流れるような締め切り。

短冊に「徹夜しないでも間に合いますように」と書きたい昨今。

 

徹夜するとダメージが残る年頃なのよ。

液タブのアイコンが見にくくなってきとるのよ、老眼で!

 

なのにDOAXVVランクイベじゃないすか。しかもたまきアクセ。5000位は入らないとなぁ。しかし、みさきでDMMセールス1位ですか。艦これのイベントが終わった後とは言え、やっぱみさきは人気あるね。DOAXVVのメジャーな弱点の一つは「いきなり水着でてくる」ということなんだ。伸びしろがない、だから地味になってしまったキャラの逆転方法がない。そのなかでみさきとなぎさは、水着じゃなくてもいけそうなところにポテンシャルを感じる。この二人がDOA本家にきたらマリーほのかに加えてもう一つ軸ができそう。すぐには実現しなさそうだけど…。

 

おやつ。

 

レザネフォールのペシェミニョン。上の桃が甘すぎてバランスが悪いほど。桃美味しいなぁ。

wakakitamiki * とるにたらないこと * 23:59 * - * - * pookmark

7/6:DJ漫画家

今日も原稿。

 

1997年はもうこれに尽きる。まだタイトルも決まってないけど、まさかあんなにすごいものになるとは…。

 

なんか、ツイッターで有菜先生の絵柄に似てるマンガで、色々話題になってるね。別にいいと思うけど。そっくりな絵柄のマンガなんて今まで一杯あったでしょ、連載漫画ですら。

 

もう一生言い続けるけど、パクリはしていいよね。誰かが発明した絵柄やネームってのは、漫画家同士の公共財産だとボクは思ってる。使用料は、自分も後の世代が使えるものを一つ発明すること。そんな感じ。

 

でも、例えば大きな企業が大量にトレスをしてそれをすごい規模で売ったりしたらさすがに問題だけどね。ファッションのZARAみたいなの、あんな大規模なものはマンガではないでしょ。

 

昔はトレスに対してはさすがにダメかな、とボクは思っていたんだけど、最近では既存のマンガのコピー使って自分のマンガ描いてもええやん、とすら思っておるのです。

 

映画の「イルポスティーノ」で「詩はそれを作った人のものではなく、それを必要としてる人のためのものだ」というセリフがあるけど、それを拡大解釈するとプロであっても、足りない部分を他のプロの技術で補ってもいいのではないか…ベルセルクのような絵が描けなければ、ベルセルクの絵をコピーして貼り付けてはダメなのだろうか。まあ、これは多分ダメだろうな。ただ、タランティーノの映画とかまさにそういう発想で作られているような気もする。ジャンゴみたいな音楽が欲しいと思ったら、原曲使うもんなぁ。島本先生もシンゴジラの評で同じようなことを言っていた。マンガでもそういう手法、誰か見せてくれないかな。使用料で原稿料ふっとびそうだけど。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/5:ストレンジャーシングス3・ネタバレ感想

遂にストレンジャーシングスS3見た。

 

Tシャツまで買っちゃって準備万端だった訳ですけども!

 

とは言え、正直ちょっと不安もあった。というのも、S2の最後が結構ちゃんと終わってたから、なんか蛇足的な話になりはしないかと。実際、1話見たら余りにもゆったり始まったし、なんかキャラドラマばっかりやってるから、「これヤバくないか」と思ってたら、4話からもうめっちゃんこ面白いじゃないですか!これは周りの大きな期待に応える出来だと思いますよ!

 

小ネタも相変わらず80年代なんだけど、全体的な雑な作りまでも80年代っぽいのが個人的にポイントが高い。なんだかよくわからない雰囲気だけのダークさ。子供にあっさり翻弄される大人。恐くて間抜けなロシア人、力技でなんとかなりまくる展開。緊迫感のあるシーンでも容赦なく入ってくる笑い。新世紀のゴーストバスターグーニーズ。確かにS1の神秘性みたいなのはもうないけど、Netflixのサスペンスドラマがどれもこれも緻密なドラマ作りしてるなかで、楽しけりゃーじゃん!というこのノリは立ってる。つじつまあわせたからって面白くなる訳じゃないしね。これはもう麻雀しながら友達とわいわい見る話だから。80年代のカルチャーも曲も全部有名どころばっかり。みんなで楽しめるドラマ。ドラマ版ファーゴの選曲とは真逆のベクトル。

 

ネバーエンディングストーリーがパスワードって、もうマジかって感じ。

あの場面で流れて良い曲じゃないでしょ!でもこれは最高だったな。

 

あと、遂に出てきたよ。かわいい女の子が。このドラマって真の美男美女ってほぼ出てないけど、ロビンはマジでかわいい!これはアメリカのオタクは興奮しまくりでしょ、多分。イーサンホークとユマサーマンの娘と聞いて二度ビックリ。あと、ダスティンの「恋人」スージーも面白かった。ダスティンの目にはこの子はフィービーケイツだってのが、超なるほど感あった!

 

さて…これでS4までまた1年か…。一気に見られるって楽しいけど、362日ぐらい待たされるのが耐えられない。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ