☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

・キング・オブ・アイドルの最終巻発売中。大増ページ(定価アップ)でお送りします。

紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

・みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌「16bitセンセーション」の委託販売も行っております。90年代のゲームの現場を描いたお話です。現在vol4まで出てます。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線アイドルマンガ。しかも、女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高。ボクの棺桶に入れて下さい!メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。しかし、最後はいつものような内省へ…。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」最前線感溢れるケーキ批評の数々。もっと見たかった…。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だが、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。今でもトイレに置いて自分でも読み返してるお気に入りの作品。万子ちゃん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 21:16 * - * - * pookmark

12/8:無職無収入無休

しかし、貴ノ岩とかM-1騒動とかより、国会で毎日何が決まってるかテレビでちゃんとやるべきじゃないのかなぁ。こんなに強行採決ばっかり続いてる国会ないよ。相撲取りが誰なぐったとかこんな長いことやることか?VTRとかずっと同じの使い回せて楽かもしんないけど。

 

16bitの表紙にひとしきり悩む。

 

リリちゃんがボツになっても、山盛り考えることがあってもう頭パンクしそう。16bitは癒やしの世界。

wakakitamiki * ふとした話題 * 21:15 * - * - * pookmark

12/7:未来人リリ

こないだの吸血鬼ファロに続いて、また一人没ネタの女の子が出ちゃった。未来から来た自分の孫娘と学校でわちゃわちゃする話を1ヶ月ぐらいこねくり回したけど設定を軽くする方法を開発できず、しばらく無期限で寝かせることに。

 

上のようなドラえもん設定は4畳半SFの王道だけど、○○からきた○○が何かイベントを運んでくる、みたいな設定は好きなんだけど…今や古典的すぎて。導入の設定を説明する部分で飽きる。大昔だと主人公が一度死んで生き返って特別な能力を得る…とか、最近だとゾンビものとかデスゲームみたく油断すると死んじゃうとか。そういう「設定の説明を聞きたくなるような工夫」が開発されてきたんだけど…なんかもう出尽くしてるような。探偵ものみたいな「設定を聞くことがキャラクター性に組み込まれている」パターンはいつまでも行けると思うけども。神のみの「主人公の飲みこみが設定の説明よりも早い」ってのも説明を飽きさせないやり方の一つだったんだけど、あんなの何遍もできないよねw

 

巻き込まれ型で何か新しい方法論が思いついたら、リリちゃんも復活するだろう。

 

未だに新しい仕事場を探してるんだけど、見つからない。江古田が改めていい感じではあるんだけど、物件ないなぁ。パンもケーキも旨いよ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

12/6:みさきの襲来

ソシャゲやる時間あんまりなくて、ドルフロもログインのみに。遂にDOAXVVだけがちゃんとやってるゲームになった。こないだまで色々できたのになぁ…。

 

忠誠心のおかげでレイファンが出た。

これで有償キャラのフィオナ以外がまた勢揃い。レイファン動いてるところ見ると結構かわいいんだけど、こうして静止画にするとなぜかイマイチ。DOA1の頃はレイファンイチオシだったので嬉しい。

 

しかし、1周年を迎えたDOAXVVだけどねー、大問題ですよ!大問題!

みさきがかわいい。

 

これはまずいなぁ…。ボクあやねをヒイキしてずっと育ててるんだけど、

 

なんかボクの知らない間にみさきの方がレベルが上になってるじゃん!あるぇ〜?

 

みさきの例の困り顔をもうちょっとブサイクにしてくれないと、あやねへの忠誠心が…。大問題ですよ。

wakakitamiki * ゲーム * 23:59 * - * - * pookmark

12/5:I LIKE IT!

クリムゾンのライブ以来、クリムゾンが頭から離れなくて、出歩く時もずっとイヤホンでクリムゾンの「Starless and Bible Black」を聞いてる。こんなの聴きながらプロット書いてたら、すごい話ができそう。エロゲーの。

 

ネット見ててもすごい評判がいいしなぁ、かなり辛口の古参のファンも大絶賛。こんなの見てると、やっぱりもう一回行こうかなぁ…こないだ出たCD買うより、ライブだよなぁ。

 

キングクリムゾンに参加する奴はこれぐらいできないといけないというすごい弾き語り動画↓

ブリューの弾き語り自体も鬼なんだけど、観客の手拍子も変拍子というのもすごい。鍛えられてるな。エイドリアンブリューも今のクリムゾンに戻ってきて欲しいけど、クリムゾンファンでブリュー好きな人って一人もおらんからなwいやまあ、ボクは好きだけどね。「Indiscipline」は絶対ブリューのボーカルじゃないとヤダ!

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

12/4:そろそろ冬の足音が

昨日はめっちゃ歩いたんで、身体中が痛い。

めっちゃと言っても1万歩ぐらいだけど、数ヶ月ぶりだわこんなに歩いたの。

 

週末には打ち合わせが色々あるからプロットを書いていかないと。

 

ロートンヌのアップルパイ。こんなにクリームこんもりしたアップルパイ珍しいね。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

12/3:ちひろの誕生日

しまった、ちょっとキラキラさせすぎちゃった(ひどい親)。

ブログでいっぱいのコメントありがとうございました。

愛されてるちひろに暖かい気持ちに。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

12/2:日曜日のパパ

渋谷でコーヒー屋さんに入ったらすごい気合いの入ったコーヒー屋さんでハンドドリップの間、ずっとボクにいかにコーヒーをおいしく煎れるか、ということを熱心に説明してくれた。

その話はすごく面白かったんだけど、気になったのはその店員さんがボクのことをずっと「お父さん」と呼んでいたこと。まだ君にお父さんと言われるのは早いと思うんだがね(パパ風)。最近「おじさん」と呼ばれることに抵抗なくなったけど、お父さんは新鮮だったね。

夜はM-1を見る。

和牛、あの決勝ネタのすごい完成度で勝てないなら、もうチャンピオンなれないな(苦笑)。ボクはジャルジャル応援してたけど、正直順当だったと思う。今の芸人さんってみんな上手だよねーみんな面白いし。昔テツトモがM-1でコントやっちゃって談志にキレられてたけど、昨日のM-1は漫才という枠組みを守りながら、こんなに方向性があるんだと感心しきり。最近地上波のバラエティってゴッドタンとくりぃむナンチャラぐらいしか見てないから、M-1とかキングオブコントがすごい楽しみ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

12/1:気が付けばゴミ屋敷

イラスト仕事をやる。

 

打ち合わせと16bitに単発の仕事…最近すっかり西部(電脳上)に行けなくなった。

西部に行きたい。

 

ところで、ガンバの今季最終戦が終了。

最後は普通に完敗。10連勝ならず。でも、内容は悪くなかった。でも、試合のツボみたいなところでガンバは外し、レイソルは決めた。ウィジョがいれば…って思ったけど、ただ、ガンバもFWだってしっかり2点決めてたしね。とにかくレイソルのゴールがすごすぎた。昨日はレイソルを褒めるしかない。

 

しかしまあ、途中の惨状を見てるとまさか9位で終われるとは思わなかった。途中の下位の混戦にも助けられたけど、途中で本格的に火が付いてから、ある試合で解説の木場ちゃんが「ガンバは勝ち方を思い出した」って言ってたけど、ホントにそこからは別のチームみたいに強くなった。ほぼ同じメンバーなのに。今野の復帰で、守備は安定し、結果、遠藤が復活そこに渡辺の加入で攻撃の柔軟性は倍増、そしてトップにはチームが最悪の状態の時でも驚異の得点力を誇ったウィジョ(今年の断然MVP)が君臨。これで強くならない訳がない。結果、小野瀬も成長、藤春も攻撃性を取り戻した。ツネ様のかっこよさはもはやACL優勝レベル。来年はウィジョ次第ではあるが、優勝争いを期待せざるを得ない。そして下手したら優勝より大事なことだけど、高や市丸…ポスト遠藤・今野の育成もよろしくお願いしたい。

wakakitamiki * サッカー * 23:59 * - * - * pookmark

11/30:ポップカルチャーと素人

16bitが細々とできつつあり。

 

「Ipponグランプリは一般回答が一番楽しみだなぁ…」と思ってたら、同じこと思ってる人はいるようで、Youtubeに動画が上がっていて、ボクもたまに見てる。これだけ集めてDVDにしてほしいぐらい。

 

ただ、こういう動画のコメントで「プロより素人の方が面白いじゃん」ってコメントがつくけど、どういう意図で言ってるんだろうね。Ipponグランプリの一般回答のキモは「松本が読んでいる」という部分なんだ。これ、回答考えた人が読んだら面白くもなんともないよ。ナイナイのラジオの、はがき職人が自分のネタ読む回とかキツかったもんなぁ…。読み方ってあるわね。

 

でも、素人がプロより面白いのは当たり前というか、ポップカルチャーの世界では常にそうだから。書道とか純文学みたいな「文脈」が必要な文化、もしくはスポーツのような客観的な基準がある分野は名人が重宝されるけど、客がそういう文脈を知らないで見る分野は、観客に近い演者が一番面白い。ビートルズも素人だからウケた。今ならYoutuberだ。素人というすごい連中と対峙するプロは実に大変。上手になるというのは、大衆から乖離する恐れがある訳だから。

 

ボクが他の漫画家さんと話をしてる時に話題にするのが、「いかに変わらずに、同じことを繰り返していけるか?」ということなんだ。これが実に難しい。人は変わっていくものだし、同じことはしたくないものだ。でも、ポップの巨人は、常に同じ場所で力を発揮し続ける。そして、そのなかで客を飽きさせないパワーを持続し続ける。これぞ、ポップの名人芸というものだろう。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:27 * - * - * pookmark
このページの先頭へ