☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

結婚するって、本当ですか

ビックコミックスピリッツにて、3/16より連載。平凡な人のラブコメです。

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。総集編がでました。店舗の委託販売も行っております。

ツイッターにて、1話を無料で公開してます。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。曲関連で神のみでなじみのメンバーが多数参加されてます。ただ今開始に向けて準備中。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 10:31 * - * - * pookmark

6/2:恐怖+銃=?

iTunesが真っ黒になっていてびっくり。今アメリカってこんな空気なんだ…。こういうのも世界がつながってるってことを実感できるね。

 

この動画。すごい話題になっていた。すごく考えさせる内容なんだけど。それより、

 

マスクしなくていいの?

 

ってのがすごい気になって。そらみんなこんな近くでこんな勢いで話ししてたら病気うつるわ。

 

ちょっと気になって調べてみたけど、アメリカで警官による銃殺人の被害者は黒人が白人の2倍の多いそうだ。黒人の人口はアメリカの総人口の13%だから、それを思うとすごい数。そもそも、警官による射殺事件が1000人ぐらいあるってのも驚きだけど。

 

人種差別がベースなんだけど、この事件というのは「恐れ」というのが大きいと思う。ようするに黒人って強そうなんだ。油断したらやられるって思ってるんだろう。そこに、こういう風に暴動を起こしてしまうと、その「恐れ」をますます増大させてしまうような気もする。怒りはわかるけど、暴動は逆効果だよね。動画の論旨の通り。それにしても劇団の仕込みじゃないかって思えるほどにまとまった議論だよ。アメリカ人のプレゼン力の高さ。

 

この問題の解決方法は、個人的には「黒人警官を増やす」しかないと思うんだけど。僕が見た資料だとアメリカの銃殺事件の半分は黒人がらみ。黒人のことは黒人が扱うのがいいと思う。警官の半分を黒人に。それで警察内の差別もマシになるだろうし。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

6/1:対面のよさ

今日のスピリッツ。「結婚するって本当ですか」はお休みです。

 

 

それでも現場は動いていて、昨日から30時間ぐらい作画中。死ねる。

 

終わった後、ちょっと寝て、ヘロヘロで打ち合わせ。単行本の打ち合わせはさすがに対面でやろうということになり、仕事場で打ち合わせ。二か月ぐらい担当さんの顔を見てなかったけど、やっぱり会って話すのはいいな。

 

でも、単行本に向けて直す内容がどうも意思疎通ができないで、喧々諤々。担当さんと出会って2年だけど未だに何を考えてるのかよくわからない。向こうもそうなのかな。めっちゃダメ出しされるんだけど、どう直していいかわからない時がよくある。直しに直したあげく、実は最初の案でよかったとか。まるで新人の直しじゃん。こういうのを汲むのがうまいと思ってた自分が悲しい。結果的に5時間ぐらいの長い打ち合わせに。

 

もう何もできる元気がない。ので寝る。

 

そういえば、元AKBのまゆゆが引退だそうだ。彼女が昔オタクキャラだった頃は、神のみをすごい応援してくれて、舞校の制服まで着ていた。メジャー漫画じゃなくて、サンデーのボチボチの漫画を応援してくれるなんてなーってありがたかった。アニメで声優で出るって話もあったりしたけど、色々あって結局実現しなかった。ともかく、お疲れ様。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

5/31:生きてるうちに月ホテル

すごかったなぁ。クルードラゴンの打ち上げ。

 

タッチパネルが不安かどうかなんて関係なかった。飛行士がほとんど操作してなくてもあがるし、そもそも振動が全然ない。こんなスルーっとあがるの?ほんとにこれロケットの中なのという平和さ。

 

さらにビックリしたのがブースター。勝手に戻ってくる実験してるのは知っていたけど、とっくに成功していて、この大舞台でもしっかり成功。

ボクのGTAのヘリ着地の1億倍安全。

 

さらにその一部始終を延々と高画質中継。これを民間企業がやってると言う事実。SFアニメみたい。少年の時のワクワクがよみがえってきた。ありがとう。

 

こんな簡単にあがるなら、誰が乗っても大丈夫そう。実際民間人が乗れるそうだから、まあ、数十億円払える人は…。昔ペプシのノベルティで宇宙旅行が当たるってのがあった。一応応募したけどこんなもん本気でできると思わなかった。でも、Spacexは設立18年でここまで。前澤さんが月に行ける日も近いな。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

5/30:まあ、いいか。お菓子食べよう。

「●●さんは好きじゃなかったけど、誹謗中傷はよくない」

 

↑こういう言い方がまかり通ってるうちは、誹謗中傷はなくならんだろうね。

 

ネットで誰かを説得できた、わかりあえた、という場面なんて出会ったことないよ。もちろんあるんだろうけど、ネットで誰々にブロックされた、傷つけられた、という話の方が1万倍目にするし、拡散もされる。ネットは敵味方をはっきりさせる装置だよ。わかりあうための場所じゃない。

 

リアルの社会はまあいいかで何も起こらないことがほとんどだけど、まあいいかって平和を作るね。

 

それより見とくれよ。

プロフェッショナルのイデミさんのパフェを真似て、しかも失敗。イチゴがもう美味しくないので、アメリカンチェリーに。生クリームの泡立てがイマイチでなんか達成感のないパフェになってしまった。生クリーム残ってるからリベンジするよ。アメリカンチェリーって見た目はいいけど、食べにくいね。次はオレンジかパイナップルにしようかな。

 

口直しにpino。これ、抹茶なんだけど、しっかりこしあんの味もする。おいしい。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

5/29:辞世の句

今日から作画。

 

Huluで「仁義の墓場」を見る。とんでもねーアナーキーなヤクザの実録話。こんなん身内におったらたまらんな。面白かったのはそのそんなむちゃくちゃなヤツでも、最後に辞世の句読んでた。日本男児ならば、末期の折でも句の一つでもひねりたいものよ。

 

締め切りがないと全然仕事できないボクだけど、死ぬとなったら、こんな大きな締め切りないんだから、「留め置かまし 大和魂」ぐらい言えるかな。

 

今日は結崎香織さんの誕生日。

この人は過去編にしか出てこなかったけど、現代編でも登場予定はあった。ただこういう足取りを全員追うとすごい回り道になるから…。それと香織さんが出てきたらヤな話になっちゃうからw。あ、でも香織さんは出てきませんけど、香織さんのパートナーは出てきています。

wakakitamiki * ふとした話題 * 16:05 * - * - * pookmark

5/28:SPACEX CREW DRAGON

アズレンのスキンはさすがこれだけで課金させてるだけだって、別格感があるな。初見のインパクトすごい。

 

今日は作画。眠気がすごい。

 

 

昨日は、SPACEXの史上初の民間企業による有人ロケット打ち上げということで。Youtubeにくぎ付け。中止になっちゃったけど。今回はDEMO2と言って最終試験らしいけど、命をかけてのオペレーションというのはなかなかできないし、人工衛星とは訳が違うよね。昔は冷戦状態だったからできたけど。これが成功したら新しい歴史の始まりだわ。

 

ただし、宇宙飛行士は自前じゃなくってNASAの飛行士。成功したら次は野口さんが乗るんだってね。

このキャビンの近未来感。宇宙服めちゃんこかっこいい。民間企業感出てる。

 

まあ、これで大丈夫だってというお墨付きはあるんだろうけど。レバーもなくってタッチパネルで操作って、怖くないのかな。前に映画「ファーストマン」を見た時の打ち上げの激しさが印象的で、もしあの映像の通りだったとしたらあの振動のなかで何か緊急的措置が必要な時に、タッチパネルで確実に操作できるんだろうか?アポロ13とかでもそうだったけど。間違った操作しやすいじゃん。まあ、アクシデントの時はそういうのに頼らないシステムがあるのかも知れないけど。

 

それにしても、イーロンマスクの野望がこんな大きな形で結実するって、アメリカってこういうところはすごいね。コロナで中止になってるホリエモンロケットとえらい違い。僕もアメリカにいて、さらにとてつもない実行力があったら、有人ロケット打ち上げられるんだろうか。ガタカみたいにスーツで打ち上げできるかな。

wakakitamiki * 仕事 * 10:21 * - * - * pookmark

5/27:Observation

今週から遂に仕事場のテレワークが終わって、仕事場に人が戻ってくる。ただし、一人だけ。

 

テレワーク、いいんだけどね。鬱状態が続いちゃうんだよね。週刊連載とかって1日2日で作ったネームで原稿描いてる訳で、そういうものを雑誌に載せるプレッシャーってのは大変なもので、時々(というかしょっちゅう)自信がなくなって描きたくなくなる。締め切りがあるから描けるけど、アシスタントが目の前にいないと、なかなかスイッチが入らない。

 

だれかいてくれたら、その人に話しかけることによって、気が、多少、紛れるのだ。

最近はデジタルだからモニタのおかげで飛沫飛ばないしね。

 

 

最近やってるゲーム↓

 

observation

最近Steamでお勧めにでてきたから買ってやってみた。宇宙での事故でISSのなかで孤立してしまった一人の宇宙飛行士と、ISSのコンピューター。その「コンピューター」の目線で進行するゲーム。HALみたいな。このコンピューター目線というのが面白そうでやってる。まあ、やってみると、ずっとパズルをひたすらやってるような感じなんだけど、ストーリーがサスペンスちっくで、後が気になるからやれる。結末がすごい気になる。

 

こういう誰もいないゲームってのは大好きなんだ。最近STEAMでもどうぶつの森みたいなシミュレーションが一杯出てるけど、「SPACEHAVEN」とかちょっと気になる。でも、人が一杯いるのがネック。オデッセイみたいに、月が舞台の一人テラフォーミングゲームとかないかな。100万年後にやっと女の子が登場みたいなやつ。ボクずっとやってみたいんだけどね。一人の女の子に出会うために何十時間もやるみたいなゲーム。「三体」みたいにアンテナ立ててさ。女の子を呼ぶ電波を発するのよ。

wakakitamiki * ゲーム * 21:00 * - * - * pookmark

5/26:ポッキー

とりあえず、作画作業終了。

仕事が終わると、毎度ちょっとエネルギーがなくなっちゃって鬱状態。

ずっと寝てすごす。

 

締め切りが一つあるけど、全然やる気出ない。

 

 

友達から「ポッキー」をもらった。88版なので動かしようがないけど。とにかく当時(89年ぐらい?)としてはぶっちぎりでかわいい絵柄。当時のムック本でも、エルフとアリスと並んで本が出ていたポニーテールソフト。なんですぐになくなったのか…。このムック本みたら、原画のぴろしきさんがチェッカーズのフミヤみたいな恰好をしてアイドル的写真を撮られていてかわいい(まあ、本人にとっちゃ黒歴史だろうけど)。当時の勢いが忍ばれます。

 

もうフミヤって言っても通じないかも知れないので、チェッカーズと後から付け足してしまう80年代の遠さ。西口文也と間違えられたら困るからね←これも古いか、もう。

wakakitamiki * ゲーム * 20:52 * - * - * pookmark

5/25:結婚するって、本当ですか第8話

今日はスピリッツ発売日。

 

「結婚するって、本当ですか」は、第7話。隔週連載状態で、なかなか進まない…!

 

しかも相変わらず、ラブストーリーとかにあんまりならない二人。

 

「好きだから○○」みたいなものはすごく説得力のある話ですが、この二人はそういうものに溺れない、溺れられない人間なのです。人に指図されるのは嫌だけど、人の顔色はすごくうかがう。プレッシャーに弱いのに、プレッシャーを自分でかけてしまう。人に好かれることすら、プレッシャーに感じてしまう。それが僕が「曇キャ」と呼ぶ人たちなのです。

 

見守ってもらいたいと思います。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ