9/12:16bitセンセーション単行本第1巻が発売されます

告知です。

 

KADOKAWA版「16bitセンセーション」の単行本第1巻が、来週月曜14日から発売されます。が、既に東京では発売されていますので、大急ぎで告知をします。

 

コロナ直撃でコミケが開催されず、新しい話が描けなくて悲しいやらスケジュール的にはホッとしてるやらなんですけど、そんななか単行本発売という特殊イベントが発生。これは大変だけど嬉しい。

 

しかも特典の施策がすごくって、ボクもよく把握しておりませんが各店舗で色々な特典がついております。

 

・とらのあな…有償特典テレカ&タペストリー、イラストカード、

       色紙プレゼント 

・アニメイト…イラストカード、結婚するって本当ですか連動特典

・メロンブックス…イラストカード、クリアファイル

・COMICZIN…イラストカード

 

多分こんな感じだと思われます。詳しくは公式ツイッターでの告知をご覧下さい。

 

https://twitter.com/16bitSensation

 

 

この16bitセンセーションというお話について、とりとめのないお話をしますが、ボクは美少女ゲーム博士ではありませんし、子供部屋でゲームを細々とやっていた人間ですから、16bitセンセーションはゲームのトリビアや業界のゴシップについてのお話ではありません(もちろん、それなりにはありますが)。個々のタイトルについては詳しい解説本が既に世の中にありますし、まして1話1年というスピード感じゃあ細かいことは追いかけられないですから。どうしてもメイビーソフトのゲームがないと許せないとか、ミンクのツーショットダイアリーがない歴史は考えられない!という方がいらっしゃったら、ごめんなさい。
 

この代わり、このお話で描こうとしているのは「文脈」です。

 

まあ、もちろん、イラストの話が中心なんですけど、もう5話も続けてるうちに大分広がってきて、もうこの際美少女ゲームの現代まで繋げちゃおうと。

 

このブログで昔書きましたけど、ダヴィンチのモナリザがもし明日初めて世の中に登場しても、今と同じぐらいの評価を得たでしょうか?逆にダヴィンチより前にダヴィンチより上手い人が今、発見されたとしても、その人はダヴィンチ以上の評価を得るでしょうか?コンテンツ(内容)が歴史的傑作を作るのか、コンテキスト(文脈)が歴史的傑作を生み出すのか。やっぱり傑作にはそれが生まれる理由があるのです。

 

初期の美少女ゲームは、ポルノ小説やエロマンガと横一線で紹介されていましたし、ボクらも雑居ビルの二階とかで買っておったんです。それが90年代に入って美少女ゲームだけが大いなる人気を博し、この間発売20周年を迎えましたけど、Keyの「AIR」が発売される頃にはWINDOWS発売レベルの祭りが発生したのですよ、アキバではね。なぜこういうことになったのか。色んな偶然必然の文脈。それを追いかけていきたいなぁと思っております。

 

それにしても、この内容を単行本でホントに出せるのかって思いましたけど、結果的には、まあほぼ同人誌通りに出せることになりました。まあ、どれぐらいほぼなのかは、買ってもらって同人誌版と比べて見て下さい!これはこれで面白いですよ。

 

 

オマケページも充実。漫画にコラムに対談。一杯入ってますんで、同人誌を既に持ってる方にもそれなりに楽しめるものになっていると思います。特に各年代の美少女ゲームのジャンル別の分類は面白いですよ。

wakakitamiki * 16bitセンセーション * 20:43 * - * - * pookmark

☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

結婚するって、本当ですか

ビックコミックスピリッツにて、連載。初めての青年誌連載。「平凡」な人のラブコメです。1巻発売中。

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。店舗の委託販売も行っております。KADOKAWAより商業単行本1巻も発売中。

ツイッターにて、1話を無料で公開してます。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。が、終了。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 20:40 * - * - * pookmark

9/18:TENET(ネタバレだけどそんなの意味ない)

ノーランの新作、TENET見てきたよ。

これからネタバレで感想を話す…と言いたいところだけど、それができない。というのも、

 

全くわかんなかった

 

映画見終わって、帰り道ずっと考えていたけど、何が起こっていたのか全然わからない。なんなら、

 

1シーンもわからない

 

まあ、かろうじて10パーセントぐらいは何がおこっていたのか、あらすじはわかる。でもそれが何に繋がってるのかがわからない。時間を色々移動する話なんだけどその仕組みが難解で、途中博士の解説があるんだけど、その説明もよくわからないし、その後の展開を見てもその解説があってるのかわからない。くりぃむ上田風に言うと、スワヒリ語で相対性理論、みたいな話。難しい話を難しく描いてるんだよね。これってエンタメなのかなぁ…。

 

そもそも「時間」と「主義"テネット"」というものが大きなテーマなんだけど、どっちもまるでヒントがない。現代過去未来に加えて「逆行」という難しい概念があって、結果から原因に遡っていくというレイヤーがあるんだけど、結果から原因に戻るとどうなるのか全然理解できない。わかんないしか言ってないけどね。ずっと「こういう世界ってありえるのかなぁ〜」って思いながら見てるからストーリーが入ってこない。

 

インセプションが地上波で放送された時に、今夢のどの段階にいるかテロップが入っててすごくわかりやすくしててそれが「余計なお世話するんじゃない」みたいに言われたけど、TENETに関してはもうスクリーンの段階でテロップ入れて欲しいぐらいだったわ。

 

難解な話でもインセプションはついて行けたんだよね、というのも不思議な世界なんだけど根っこの部分で共感できるところがあったんだよ「夢のなかってどうなってるんだろう?」みたいな。でもTENETはギミックそのものに全く共感できなくって、つじつまがあってるかがひたすら気になって機械的な視聴になってしまった。

 

音楽にヒントがあるみたいなんで、もう一回見に行こうかな。でも、2回見たぐらいでこれがわかるとは思えないけども。

 

この映画でも町山氏は解説できるのかな。映画ムダ話みてみるか。

wakakitamiki * 映画 * 20:33 * - * - * pookmark

9/15:「結婚するって本当ですか」第18話

スピリッツ発売されています。結婚するって、本当ですか。18話のってます。
 

今週はJS本城寺。

立体地図懐かしいなぁ。ボクも子供の頃作りました、池田市の立体地図。

 

16bitも、結婚の方もよろしくお願いします〜。

wakakitamiki * 結婚するって、本当ですか * 19:49 * - * - * pookmark

9/14:16bit発売日

東京では土日から店頭に並んでいましたけど、今日が正式な16bitセンセーションの発売日。

 

昨晩公開した1話。なんと1万RTだって。前に同人版をアップした時にはそんなでもなかったのに。

 

やっぱりタイミングってあるんだぁ。RTの数がどれぐらい売り上げに跳ね返るのかわかんないんけど、少ないよりはよっぽどいいよね。それにみんなが9801のことを思い出してくれてるのが嬉しい。実は沢山の人がパソコンで美少女ゲームを遊んでいたんだ!ってのを知らしめて欲しい。

 

まあ、言っときますけど、ボクは大したゲーマーじゃないんだよ。しかも本流のゲーマーじゃない。ボクが好きこのんでやってたブランドって、天津堂だのアクティブだのフォスターだのメイビーだの。歴史に影響を与えてない(!)ところだもんさ!でもね、盒兇気鵑笋澆弔澆気鵑墨辰聞けて、業界のしがらみもない、しかも漫画も描ける。という状態の人間って他に誰がいます?だから、やれるヤツがやるしかない訳ですよ。美少女ゲームの歴史を残さないと。

 

でもともかく出版できたってのが素晴らしいことだ。担当編集さんが精神病んでしまうんじゃないかって思ったよ。1巻が出るまでってだけでロフトで話ができるよ。2巻が出るとしたらもっと大変そうだから今から頭痛い。

 

 

みつみさんからLINEが来て何かと思ったら「色紙のセンセーションの綴りが間違ってますよー」だって。あれれ!全然気づいてなかった。しかも恐ろしいことにかけらも恥ずかしいと思わない。老化ってのは間違えることじゃなくって、間違えることを何とも思わなくなることだよね。恥と言う概念がなくなる。こらまたやるな。

 

という老人が描いております16bitセンセーションをよろしくお願いします。

wakakitamiki * 16bitセンセーション * 23:59 * - * - * pookmark

9/13:必要な怒り

自分はすっかり怒らない人間になってしまった。

 

かといって怒りの感情がない訳ではなく、その怒りを全部「自分のせい」という風に自分のなかで消化するようになった。これは物事を荒立てなくていいんだけど、これを突き詰めていくと、いつか大爆発しそうな気がする。もしくは家族ゲームみたいに限りない無気力にとって代わられるか。

 

ところでガンバ勝てないね…。これも腹立つけど、これはさすがにボクのせいじゃない。

 

 

原稿中。

 

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

9/11:追悼サマンサタバサ、青山スイーツツアー

金曜日。

 

作業前に、どこかケーキを食べに行きたくて、久し振りに青山へ。出発前に悲しいお知らせ、原宿の「レフェクトワール」が閉店とのこと。プチメックとは違うメニューを出していてすごく良かったのに。これで青山に好みのパン屋なくなってもーた。

 

外苑前で電車を降りて、「和菓子まめ」へ。ここもコロナ対策で、二つずつのセットのみの販売に。豆大福と栗大福を買う。

 

そのまま青山通りを歩いてブルーボトルコーヒー青山へ。普段ブルーボトル行かないけど、以前にここで飲んだジングルオリジンのカフェオレがめっちゃ美味しかったので飲みたくて。

 

そしてら店員さんが「今日の豆は酸味が強いので、あんまりカフェオレには向いてないかも知れない」とのアドバイス。前と豆が違うのか。ならばということで、その豆をエスプレッソにしてもらうシングルオリジンカフェラテで注文。

 

ついでに朝ご飯にポーチドエッグも頼む。

なんやこの美味しそうな見た目!店のお客さん、みんなこれ頼んでた。でも、このコロナ対策を兼ねた木製カトラリーがすこぶる不便で特にフォークが全く刺さらない。結果手で食う。青山で無様なことよ。

 

なんて、醜態をさらしていたら、さっきの店員さんがボクに近づいてきて、「さっき話してたシングルオリジンのカフェオレ、ちょっと作ってみたんですけど、いかがですか?もしかして好みだったら申し訳ないと思って」ってカフェオレを作って持ってきてくれた。な、なんという親切な…。ボクみたいな人間にそんな親切したらストーカーなるわ。

 

花屋で働いてる人に悪い人いなさそう、みたいなのと同じで、パン好き、コーヒー好きに悪い人はいません!みたいなお店、最近多いよね。いいと思う。まあ、ブルーボトルですら今は空いてるから、店員さんも余裕ありそう。

 

そこで単行本のネームを終わらせて、エルメに向かう。

 

 

あれ、サマンサタバサのビルの跡が、ジューススタンドみたいになってる。

てっきり新しいサマンサタバサのビルでも建つのかと思ってた。

 

そういえば、青山と言えば思い出す人がいて、JamesBlakeなんだけど

青山によく来てた頃は良く聴いてたなぁ。最近AppleのCMでまだまだ元気なところを見せてたね。もしかしたらアレを見たせいで青山に来たくなったのかも知れない。

 

エルメのフラッペ・マカロン・ヨウカン・イスパハン。

 

とらやとエルメのコラボ。例によって何にでもコラボするイスパハン。それをフラッペ仕立てにしてヨウカンの小さなキューブを沈めてある。美味しい。美味しいけど、これヨウカンいるか?おまけでついてきたマロングラッセのマカロンが美味しい。

 

青山のエルメがリニューアルして初めて二階に来たけど、大分雰囲気変わってカフェに近くなった。前はすごくバーっぽくって、店員さんがひざをついて注文を取るみたいな感じだった。こっちの方が入りやすいね。

 

 

その跡はちょっとブラブラして変える。青山は持ち帰りたくなるお菓子があんまりないのが難点。前はARIで決まりだったけどもうなくなっちゃったし。仕方ないので、グラニースミスでアップルパイを買って帰った。

 

また半年後ぐらいに行こう。

 

まめの豆大福

上品〜。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

9/10:来月は別のボク

税率をあげる知恵を、所得をあげる方に使って欲しいよね。それで結果的に納税も上がるんだから。所得が上がっていくと、今贅沢は敵。必要のないものはいらないって言ってる人のマインドも一気に変わるよ。漫画家のマインドだって売れてる部数によってホントに同じ人間か?というぐらい変わるんだからね。

 

という訳で、16bitの販促色紙を描く。

結構上手くかけてるよ。まあ、ニッチな作品だけど、売れてくれたらいいね。

wakakitamiki * 16bitセンセーション * 23:59 * - * - * pookmark

9/9:カフェミクニズ

原稿できたんで、四ッ谷のカフェミクニズへ。

 

プレシューズのモンブランが9月から始まってるけど、地図を見てるうちに以前ケーキ無くて撤退したカフェミクニズに行きたくなって。

 

四ッ谷ってなんかいいね。昔の東京の感じがちょっと残ってて。迎賓館のとなりにまだそこそこ庶民的な住宅地がある(家賃すごい高いだろうけど)。その住宅地を通りながらカフェに向かう。

 

こないだNHKオンデマンドで見た2.26事件の映像がまさに四ッ谷周辺の映像で、面影ちょっとあった。それにしてもキリスト教の施設だらけ。修道院のお菓子を売ってるお店まである。隣の信濃町とあんまり変わんない状況なんだけど、なぜかキリスト教だと不思議とマイルド。日本ではね。

 

それにしても暑いね。

 

 

ショーケースのケーキが全部美味しそうでどれ頼むか迷う。

ポロネーズとガトーショコラ。ガトーショコラの仕上げの美しさ。変な言い方だけど、食べ物に見えない。

 

ポロネーズはポーランドのお菓子。ブリオッシュに酒を染みさせてメレンゲで外側を飾ったモノ。これもすごい仕上げが綺麗。食べてみると結構甘い。伝統菓子感。ブリオッシュの塩気もあり、なんか食べたことのない味だった。美味しい。ガトーショコラはとにかく濃い。ホントに立錐の余地のないチョコ感。美味しいけど、これは一人で食うの大変だわ。

 

それにしても綺麗で美味しい。すぐ近くにある迎賓館のようなケーキ。おしゃれな例え。さすがミクニ。この暑さだと持ち帰りムリかなーと思ったけど、どうしてももう一個食いたくて無理を承知で持ち帰る。

 

プレシューズも食べたいし、また来よう。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

9/8:無題

 

 

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ