☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

キング・オブ・アイドル

連載終了しました。紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。総集編がでました。店舗の委託販売も行っております。

ツイッターにて、1話を無料で公開してます。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。ただ今開始に向けて準備中。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 01:21 * - * - * pookmark

1/20:フォードvsフェラーリ

ボクは映画のこととかぐだぐだブログで話ししてるけど、映画マニアでもなんでもないんですよ。だって、ジェレミーレナーとマーティンフリーマンの顔の区別も付いてなかったんだから、こないだまで。それを黒丸さんに言ったら「そもそもマーティンイギリス俳優だし!」って言われた。ちょいまて、顔の区別もついてないヤツに国籍で区別しろとか無理難題ゆーなや。訛りでわからんか?ということかな。こういう目線が映画好きの目線なんだろうね。

 

 

という訳でワタクシは、

「フォードVSフェラーリ」のマットデイモンもエルトンジョンと区別つかないのです。

 

今日見てきたけどこのポスター渋いね〜。スティーブマックイーンみたい。

 

とにかく車好きにはたまらない映画ですわね、これは。車の爆音ときしみ、ブレーキ音の迫力。ファーストマンの時も思ったけどこんなヤワい缶詰みたいなものに乗ってよく24時間も走れるよね。300キロとかで。正気の沙汰じゃない。クリスチャンベイルがとにかくかっこいいのよ。例によって突き詰めたキャラ作りでね。

 

でもまあ…150分もあって、もっと面白いはずの映画だったように思える。どうも作り手はケンマイルズという主人公のコンテンツとしての魅力に不安を感じている(?)のか、ベタな対立関係を史実よりも大分脚色して入れている訳。なのに、細かい部分の説明は「察して下さい」みたいなものが多くて、ベタにしたいのか渋くしたいのか舵取りがデコボコした印象があった。最後とかもっとうおー!ってなってもよかった気がする。ともかく車は最高。フェラーリのラスボス感もよかったし、シェルビーコブラもフォードGT40もかっこいい。

 

なんか車が威勢がよかった時代だね。今でも世界的には車はバンバン売れてるけど、こういうスポーツカー需要というのはどうなんだろうね。もうエコの時代だし。去年の漫画家が集まる忘年会で、ある車好きのフィギュア原型師の方がボクに駆け寄ってきて、

 

「若木さん!エラいことですよ!こんなに漫画家がいるのに、車に興味のある人が1人もいません!」

 

ですと。確かになぁ…昔は漫画家と言えばメカ好き。映画好き、刑事ドラマ時代劇好き、そしてクルマ好きだった。でも、今の仕事場のスタッフとか全然だよ。クルマどころか、テレビもみないし、映画も見ないし、好きなのはソシャゲとYOUTUBE。時代の変化。ボクもまさか自分免許を持ってないとは思わなかった。よろしくチューンナップできないじゃん。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

1/19:ウェスタンデジタル

今日はとんでもないことが起こった。

 

ハードディスクがとんだ。

しかも使い始めて1年も経ってない。

 

久しぶりにこういうことが起こるとショック。HDDって最近全然故障しなくなったから、油断に油断をしていた。まあ、本当に大切なデータは入ってなかったし、1T分ぐらいしか使ってなかったからね。こういうことあるとウェスタンデジタルのHDD買うのイヤになるけど、かといってSEAGATEとどっちがいいかと言われると…。そうして敢えなくもう一度WDのHDDを買った。しかも4T。もう3Tと4Tの価格差ほとんどないんだもん。今度は5年ぐらいは持って下さい。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/18:ホットガラムマサラ

今日は1人で作業。

新しい場面が一杯出てくるから、設定を作らなきゃいけない。

 

なんか突然とち狂ってカレーを作ってしまう。

ストレスか?

どうしたと言うんだろう。この俺様が料理とは。

しかも辛い。ものすごく。見た目は美味しそうだったけど。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/17:塩ラーメン

マンダロリアンの新エピソード。まるっきり七人の侍。スターウォーズってこんな世界もできるの。しかし、AT-STがラスボスとは10年早いでしょ。イウォークごときに倒されてるよーな雑魚だよ。

 

今日も新しいスタッフ候補の人がやってきた。

早稲田の学生!

なんとまあ、すごい賢そう。難しいマンガを描いてる。聴いてみたら「ベルクソンから発想した」だって…。どうですか、ベルクソンでマンガ描く人がいますか。絵はまだまだだったけど、漫画が面白いので来てもらった。

みんなでラーメンを食べに行く。まだレギュラーに決定した人はいない。ボクも頑張る。みんな頑張る。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

1/15:また寅さんブーム

新しい寅さん映画は見てないんだけど、NHKで「贋作男はつらいよ」なるドラマが始まってる。山田洋次脚本の大阪を舞台に移した新作寅さんだ。これは見てみるとびっくり。昔と全く何も変わらない、いや変えないままのドラマが繰り広げられている。あんなおっさんに話しかけれたら普通警戒するでしょ、若い女性は。それなのに「ねぇ、寅さん、聴いて!」と来る。そしてあののんきなBGM。なんとまあ。


それにしてもこの安心感。むしろこういう安心感って、今の時代の方が求められてるかもね。なんかこう「いだてん」を見てて思ったことだけど、見てる人を驚かせる能力を作り手は求めてしまうけど、見てる人が完全に予想できる展開をひたすら続けてしかも満足させる能力の方が実はすごいと痛感。

 

このドラマのせいで、むしろネトフリの寅さんをまた見続けてしまった。

 

毎度1から8までしか見ないんだけど。

こういうものがボクもやりたいものなんだよね、この「恋歌」のりんどうの花の家族のような…。でも自分で描くネームは超能力者とかばっかりだよね。まあ、人には「分」というものがありますからな。

 

 

青山先生に「どうしてコナン君はずっと同じ展開なのに面白いんですか?インフレしなきゃ〜みたいな不安になりませんか?」とかあだち先生に「ああいうすごいネームってどれぐらい計算して描いてるんですか?」とか伺ってみても、答えはいつものらりくらりというか…w結局「自分が好きなことを描いてたら自然とこうなった」という主旨になる。でも、自分の好きなものを描いた結果受け入れられなくて妥協してる人間がほとんどなんすよね。好きなことで食べていくというけどもさ。こういう身にとって、寅さんはしみる。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

1/14:On ( and off ) The Road

今日も新しいスタッフ候補の人に入ってもらう。21才とお若い。まあ、かつては19才の子とかもいたから若さには驚かないけど、26歳という年齢差におののく。15歳差ぐらいなら、ボクのリアルタイムの話もかみ砕いていったらまだ通じるけど、ここまで来るとかみ砕いてもかみ砕いても接点まで降りてこない。大変だこりゃ。

 

そもそもボクのリアルタイムだって、リアルタイムでも何でもないしね。キングクリムゾンとか聞いてる高校生とかあんまいないんだから。

 

そんなクリムゾンのボックスを買ってしまった。

On ( and off ) The Road。ディシプリン期のクリムゾンのアンソロジーボックス。CD+DVD+BDあわせて19枚組という、とんでもない物量。しかも、「太陽と戦慄」から始まったこの巨大ボックスは次々出ていて、「ロード・トウ・レッド」やら「スターレス」やら「セイラーズテイル」にこれに、「スラック」…と進撃の巨人状態。全部聴いてる人尊敬するわ。

 

ボクはディシプリン期の40周年リイシューを買い逃していたので、これで一気に揃えられるから都合ええわぐらいの感覚で買った。実はボクはクリムゾンのアルバムで初めて買ったのが「ビート」という史上最強の買い下手人間なんだけど。そのボクでも40周年版「ビート」は買わなかったというぐらいwこの時期のクリムゾンって「ディシプリン」が全て。でも、「アブセント・ラヴァーズ」がスゴイよかったので、こういう活動全部を通じて進化を追っていくボックスはいいかも知れない。研究者には。オラは日本公演のビデオがブルーレイ化されたのでこればっかり見そうだけど。この時期のクリムゾンはとにかく仲が良さそうなのがいい。ロバフリがこんなに笑いながら演奏してるだけでもすごい。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

1/13:今年初エーグルドゥース

最近時間があいたら、ラノベの賞の投稿作をずっと読んでいる。

 

マンガだとパッと読めるけど、小説を読むのは実に大変。でもどれmとても面白い。ボーイミーツガール、もしくはガールミーツガールという題材でこれだけ違うネタがよくあるなぁ、と感心することしきり。

 

今年初のエーグルドゥース。ガレットデロアが一杯出ていた。すごい美味しそうだけど、賞味期限3日だって…一人じゃ食べきれないからスルー。

 

代わりにサントノレを買う。

ココナツすごいきいてる!エーグルドゥースはほんとフレッシュ感ある。今年も一杯いくぞ。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

1/12:オタクの定義

ボクは自分がオタクでないことを常々コンプレックスに思ってる。

最近はそうでもないけど漫画家と言えば100発100中でオタクだったのだ。

 

ここで言うオタクというのは、「子供のまま大人になった人」の事なんだ。

 

子供は大体オタクなものだけど、そのまま趣味が変わらないままずっと続けている。もしくは一度引退したけどまた戻ってきた。漫画家というのはそういう感覚をずっと持ち続けている人が多い。これは、凝り性とは微妙に違うものだ。

 

ボクはそういう感覚がない。子供の頃に好きで、今も好きなものって…ビートルズぐらいしかない。なんとなれば、ボクはずっと大人になりたかったし。子供のままでいるのがとても恥ずかしかった。でも、そう思っても未だに大人にはなっていない。かといって子供のままでもない。実にしょーもない地位におる。ケーキを鬼のように食べてもそれはオタクではない。子供はケーキを吟味して食べたりしないからね。自分のマンガの設定は積み上げるけど、それは心配でやってるだけだ。

 

 

 

こういう本を読んでると心底羨ましい。オタクも突き抜けると、大人として高いところに行ける。大人というのは自分の「体系」を持っている人間だと言える。見出しだけいくら持っていても仕方がない。何事も中途半端が一番よくないのであった。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/11:12時間ってこんなに短いの

今年の目標は「1日12時間労働」ということにした。

 

これぞサスティナブルな人生。もう床で寝るとか、徹夜とかなし!ちゃんと寝て、ちゃんと起きて、よどみなく仕事する!

 

なんて宣言してたのに、いきなり18時間ぐらいやってしもた。だって全然描けないんだもん。久しぶりに原稿描くから。やっぱり同人誌とは全然違うな…。それで次の日に疲れて何にもやる気出ないとか。全然サスティナブルじゃない!しっかりして。

 

 

夜ごはんは、黒丸氏江尻立真氏たかぎ七彦氏という例のメンバーで新年会。

ギョーザうめー。スカイウォーカーの夜明けの話しようと思ってたのに、誰も見てない…!

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ