☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

キング・オブ・アイドル

連載終了しました。紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。総集編がでました。店舗の委託販売も行っております。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。ただ今開始に向けて準備中。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 02:14 * - * - * pookmark

8/21:でももうハンバーガーは食べたくならない。

引き続き色々作業したり、本読んだり。

 

録画していた「ファウンダー」を見る。

これ見たかったけど、吹き替えがなかったのでスルーしてたら、ザ・シネマが吹き替え付きをやってくれた。面白かった。マクドナルドというハンバーガーチェーンが、実はレイクロックという人によって「乗っ取られ」全米に広まった。なぜ、マクドナルドさんが自分で広めなかったのか?そしてなぜ、レイクロックはマクドナルドを広めようと思ったのか?知らなかったし面白い。

 

アメリカ人にとってマクドナルドがどういう意味があるのか、ちょっと垣間見れるとてもいい映画だった。いつも思うけどこういう論文的な映画はアメリカはホント上手だね。すごい明快。それにしても、古い風景をいとも簡単に再現するね。アメリカングラフィティのサウンドトラックみたいなローラースケートはいたウェイトレスも出てきたよ。

 

ザ・シネマはいつも面白い吹き替えをやってくれてて(マッドマックスも新録作ってくれたし)、今の倍ぐらい吹き替え増やしてくれてもいいよ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 02:13 * - * - * pookmark

8/20:天気の子・傷だらけじゃない天使

[注意:天気の子ネタバレあります。あと結構いちゃもん言うのでファンの方は注意してください]

 

 

 

もう打ち合わせでも飲み会の席でもこの話を避けて通れないので、天気の子を見に行きます。

ご当地、TOHOシネマズ新宿で。このポスターいいよね。

 

 

 

 

まー最初に言っておきますが、ボクは新海作品苦手なんですw!だって何考えてるか全然わかんないんだもん、登場人物が。波長が全然あわない。それを前提にしてこの後の話を聞いてもらいたいのです。

 

それにしても、「君の名は」はホントーに興奮しましたね。新海作品苦手なボクが言うんですから、間違いない。すごい傑作!これが新海作品なのか!?と土下座したくなりました。まあ、その時の話は過去のブログで見てもらうとして。

 

で!今回!天気の子!これどうだったか!

 

 

今まで通りの新海作品に戻ってましたね。

 

 

もー、ホントわかんない、出てくる人達の考え方が。ボク、アスペですかね。賛否両論の結末以前の問題で意味わかんなかった。

 

この天気の子、ボクなりに監督がどういうものを作りたかったか考えてみますと、「東京という厳しいコンクリートジャングルのなかで、よるべなき無垢な少年少女が出会い、共感し、疑似家族みたいに寄り集まり自分たちの大切なセカイを守ってる。んがしかし!それを許さない社会!そうして都会のなかで追い詰められた少年少女たちは一つの大きな決断をする」というお話。そしてそれを通じて、新海監督は我が物顔の大人ばかりの社会やネットなどで萎縮した若者や子供たちに、もっとノビノビと自分勝手に生きていいんだ!ということが言いたい。この感想は合っててもらいたいですけど、それには共感できます。

 

特に序盤は「傷だらけの天使」をやりたかったんだと思う。傷天と同じ場所が舞台だしね(代々木会館)。あれも東京で純粋な若者達が現実の絶望にぶちあたるのがメインモチーフで、疑似家族化する回もよくあります。

 

ただね、このひなたんとほだか君の守ってるセカイ。これがなんかよくわからん。ひなちゃん貧乏して水商売寸前まで行ってるのに、ほだかくんが遊びに来た時に結構なごちそう作ってくれる。そこまでの関係だったか?弟なんておぼっちゃまじゃん。金はどうなってる。ほだか君も最初こそ苦労するけど、それなりに都合の良い環境をすぐ手に入れる。回りは結構いい人たち。特に苦労してない。東京に全然迷惑かけられてないぞ。むしろ、「東京の苦労」というテーマパークで遊んでる感すらある。わざわざ歌舞伎町でウロウロして危ない目にあうみたいな。子供だけで住んでて、後で警察がきて本人焦ってたけど、ならば大人とつきあったり他人をコミュニティに入れる事への警戒心がもってあって然るべき。まあ、ほんと天使。「誰も知らない」ほど逼迫してなくてもいいけど、例えば「ET」とか、子供たちが自分たちの世界を守ることにものすごい説得力があった。大人は全然悪いことしてないのに、完全に悪者に見えたもんな。

 

新海作品ってこういうところがある。「言の葉の庭」でも主人公の秋月くん、散々ボクは繊細ですアピールしてる割に、女の子のお弁当に勝手に箸付けたりする。こういう行動はボクの繊細人間行動カタログにはない!このプレイボーイ!人間って矛盾を抱えているものだけど、この場合は矛盾というより分裂って感じ。

 

自戒を込めて言うけど、絵で表現するアニメやマンガは設定が緩かったり分裂したりするとどんどん存在感が希薄になる。実写だと本当の人間が出てるから画面に映ってるだけで最低限の存在感はあるけども。だから、物語通じてアタマでは理解しつつも情が全然わいてこない。なんか、これセカイ系として評価してる線もあるみたいだけど…これをセカイ系というのは違うと思う。セカイ系というのはボクのとらえ方では「現実世界と、自分の自意識のセカイを等価にとらえる」というジャンルだ。ただ、そこに至るためにはものすごい量の心の交流が必要で、それこそ現実を凌駕できるだけの内面表現があることが前提。そのレベルじゃないし、狙ってもいないと思う。そういう意味では、「君の名は」の方が主人公2人の交流がしっかりあって、(当時のブログにも書いたけど)町が全滅するより彼の名前を忘れる方がショックというレベルになっていて、見てる方も共感すらできた。「君の名は」の方がセカイ系にふさわしい。そもそも、セカイ系って言葉、ボクはけなし言葉だと思ってるんだけど…セカイ系って言われて書いてる人嬉しいのかな。

 

あとこっちは意外だったけど、絵がそれほどよくなかった。「君の名は」は突き刺さってくる絵が沢山あったのに、天気の子は前作に匹敵するシーンが一つもなかったよ。これは新海作品のアイデンティティみたいなものだから、ここが弱いと言うのは大問題だと思う。RADの歌は今回も良い瞬間が何度かあったけどね。

 

新海監督ってすごいバイタリティだと思う。本業以外がすごく忙しくなったと思うんだけどこんなに次回作早く作って、ボクはもっと時間がかかるのかと思ってた。でも、この映画、あと半年時間をかけるべきだったように思う。

 

 

それより、エーグルドゥースに行きたくなったよね、白61のバス出てきたから。

伊勢丹マパティスリーのシャンドワゾーにもう一度行って、タルトタタントロピックを食べたとさ。

wakakitamiki * 映画 * 23:56 * - * - * pookmark

8/19:ユウキ君誕生日

よ、いい男!

なんか幼くなっちゃった。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

8/18:ケンカにゃ強いが本場には弱い

今日はイラストを描く。

 

よくわからなくて数日悩んでいたけど、結局メールで聞く。

自分のマンガだと自分の裁量で何でもできるけど、既にある設定の発注に従っていると、キャラクターの喜怒哀楽が繋がらない時がある。どういう人なんだろう?と。単に自分の引き出し不足なんだけど。こういう時ボクは融通が聞かない、昔の担当さんに「若木くんは言うこと聞かないから原作付きは無理だね」って言われたけど、もう13年ぐらいやってるんだから、エー加減できるようになりたい。

 

おやつに昨日買ったカイルズグッドファインズのパイを食べる。

カイルズグッドファインズは中野にあるカイルさんの店で、もうホントにアメリカの街角にありそうな、全然オシャレじゃないそれゆえのかっこよさを感じるたたずまいの店。買いに行ったら、立派な体躯の黒人さんが応対。これカイルさんだろうな。ケーキを買ったら実に雑に箱詰め。890円と言われたので、1000円だしたら、おつり200円。笑顔ZERO。なんか、これが日本人のお店だったら食べログでイチャモンつけられそうだけど、「アメリカ本場っぽい!」と、逆に嬉しくなってしまうぐらい。まあ、アメリカでパイ買ったことないっすけどもね。

 

食べたら、これも美味しいんだけど…日本人の店でこれが出ていたら一言言いたくなるかもしれない味。でも、あのカイルさんが作ってると思うと、これはこれでアリかなと思ってしまう。なんか映画の「たんぽぽ」みたいな話だけど、まあ、そんなもんだよなぁ。ただ、キャロットケーキが名物らしいので、もう一度行こう。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

8/17:旅打ちin中野

暑いけど、出かける。

歩いて中野ブロードウェイへ。

なかなか見つけられないナムコ中野。ブロードウェイ内かと思ってた。でも艦これ音が大きくてなかなか快適。遂に4-4まで来たけどボスで2艦隊から挟撃を受けて震撼。まだボス戦なだけマシかな。道中でこれやられたら絶対大破やん。ブロードウェイはゲーセンもカードショップも館内に何個かあるからいいね。

 

帰りにカイルズグッドファインズ→レザネフォールの中野店へ。なかなか中野も楽しい。

 

これが食べたかったタルトネクタリーヌ。前の桃のケーキの時も思ったけど、レザネフォールってフルーツが美味しすぎるというか。他の部分の印象がないwこのネクタリンもフルーツ部分が美味しくて下別にいらんぐらいの気持ち。

 

夜作業しながら、マインドハンターのS2開始。今回もシリアルキラーの面々の寄せ方がすごい。もうそっくりだし恐い。こんなのやっちゃったら俳優さん町中歩くだけで通報されちゃいそうよ。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

8/16:死に方

人間の人生って、結局死に方だよね。

 

自分が現世に生まれる時に、神様に呼ばれて、「好きな人生を選ぶがよい」と言われたとしましょう。

 

A 幸せに生きて、すてきな家族を持ち、大金持ちにもなった。でも、80才でテロリストに捕えられて惨殺。

B それなりに生きて、それなりに過ごして、平凡だけど不満もなくて、40才で痛みを感じず突然死。

C すごい貧乏、いじめにつぐいじめ、彼女もいない。でも、20才の誕生日に絶世の美女と1週間すごして腹上死。

 

さて、どれを選びますか?何だか、こういう時、死に方で選んじゃいそうじゃないですか?ちなみにボクはBがいいです。その次がAです。何なら。

 

そういうイヤな死に方で思い出すのが、アニメの「対馬丸」なんですよ。本土に疎開しようとした沖縄の民間人1500人を乗せた輸送船対馬丸がアメリカ潜水艦ボーフィンに撃沈され乗員が全滅した史実を、学童疎開の小学生目線で作ったアニメ。昭和の子供の多くに反戦というか嫌戦、もう戦争のことすら考えるのがイヤになる、というトラウマを植え付けた傑作(?)ですよ。

 

今でもトラウマが残っていて、この映画を紹介してる記事を見るだけで涙がポロポロでてきてしまうほどなのだ。とんでもないことしてくれるよなぁ。何しろ見てる人と同じくらいの子供達がもうみるみる、無残に死んでいく。主人公の仲が良かった親友が、目の前で死体になる。撃沈の時に生き残った人たちには漂流と餓死が待ち、何とかかんとか沖縄に帰り着いた人間には箝口令が敷かれ何が起こったのか誰にも言えない。そして最後は沖縄が空襲されて終わり、と言うひたすら地獄絵図しかない物語。

 

なかでもイヤだったのは、筏で漂流する生存者のなかのおばあちゃんが力尽き、筏からずり落ちてサメ(フカ)に食われてしまうシーン。もーこれはきつかった。そらこんな目にあったら、上原正三もウルトラマンで東京破壊しまくるわ。(話それるけど、金城哲夫が対馬丸で脚本かく構想があったんだね。これ興味あるなぁ)

 

昨日は終戦記念日だったけども、昔は巡回上映みたいな感じで、夏になると公民館とかで上映会があった。はだしのゲンはもう恐いってわかってるから映画も避けて通るけど、対馬丸はポスターだけじゃあ、子供にはただのアニメに見えるんだよね。怪談よりはるかに恐い闇だよ。でも、本当の戦争はこんなもんじゃなだろうね。数年に一度、テレビで放映してるけど、金ローも千と千尋やるぐらいなら一回これやったらどうよ。

 

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:55 * - * - * pookmark

8/15:豪華絢MIN

アリスソフトのレジェンドエース、Min-Narakenさんの初画集。「豪華絢民」

初画集ってのが意外すぎるけど。

 

ツイッターにボクの初エロゲが闘神都市だと言う話を書いたけど、1991年、大阪梅田の第三ビルの店で買ったんですよ。その時に出会った「闘神都市」パッケージの女の子のかわいさ。これしかないと思ったわね。それにしても、それから何年経ったんですか。まだアリスの新作でバリバリやってますよ。MINさんは。この人より長い美少女ゲームのイラストレーターはいない。画業30年。Pixivでもあれだけの勢いで人気が移り変わっていくなかで、これがどれほどの偉業か。

 

サービス精神旺盛な人なので、中を見ると、長い歴史でどうやってイラストに関わってきたか沢山話してくれてる。神のみで描いてもらったハクアも載ってる。ホント、光栄なことだ。

 

すごい人ってのは誰にもマネできない本質があって、それを残したまま変化していけるんだね。うるし原智史さんみたいに本質だけでずっと突進できる人もいるけど…バケモノだ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 16:56 * - * - * pookmark

8/14:バトンリレー・Start Me Up

打ち合わせの準備で徹夜。

そのまま打ち合わせ。

 

打ち合わせの回数は少ないに越したことはない。打ち合わせの質が高かったら、打ち合わせは短く回数も少なくて済む。打ち合わせの質を決めるのは、打ち合わせの目的がはっきりしていること。しかも双方が目的について「合意がちゃんとある」こと。「双方」に温度差がある場合はなかなか合意できないし、質も上がらない。そういう意味ではゴールが決まってる今日の打ち合わせは簡単だった。

 

その後、銀座ヤマハスタジオへ。

 

あこがれのヤマハ銀座。そこで、今日はBATON=RELAYのキャストによる初ライブ。

会場で、zoppさんと甲さんに会う。嬉しい。

 

会場は満席。小さいキャパとは言え、こういうプロジェクトの始まりで2公演完売ってね。聞けば、マルゼノンライブというのをやっていて、今日のメンバーもそこで研鑽を積んでいるようだ。そういう積み上げもあるんだね。

 

プロジェクトのライブだけど、ぶっちゃけ歌まだ1曲しかないし、ストーリーもキャラもまだないから、前半は声優さんたちのショーケースイベント。すごい緊張が伝わってくる。個人的に、オーディションの時に会った「声が小さい」という声優さんにあるまじきさる娘さんのことが気になっていたんだけど、大分ちゃんとしていた。ほとんどお父さんの気分。

 

でも、ほとんどの人が堂々とやっていて、80年代のアイドルとか見てた身としては「もうちょっと未完成でもええよ!」と思うぐらい(昔のアイドルの方がメンタルは強いかな)。歌うまいよな〜。でも、ここから数ヶ月もあれば更にすごくなるからね。

 

でも、ハイライトはやっぱり最後の「Start Me Up」。全員お揃いのドレスでの歌。ここで初めて声優さんにキャラクターの姿が見えた。ゲームの世界が始まった思いがした。この瞬間を見られただけでも、最初の最初の回に行って良かった気がする。もう次に見た時は、この雰囲気はないだろう。

 

ボクはライブに行くとほぼほぼすぐに帰るけど、珍しく中打ちにも出た。昼の部だからか関係者が少ない。ボクとzoppさん二人に16人が挨拶する感じがすごい気恥ずかしい…。ここから、このプロジェクトどこまで行けるだろう。会場では新しい曲の予告に、ゲーム内の作中アニメの紹介もあった。でも、とにかくキャストの皆さんが主役だ。キラキラしてる。打ち合わせで会った時とはまるで別人。女子三日会わざれば刮目してみよ。応援しよう。

 

 

その後、zoppさんと甲さんのなじみの人たちと帰り、甲さんとパフェ食べて帰った。甲さんは相変わらず優しい。でも、ちょっと偉い人になってたw

 

和光のメロンパフェ。和光ってすごい美味しいけど、昼に行くとクロックムッシュのチーズの匂いが充満してる時がある。今日は快適だった。

wakakitamiki * バトンリレー * 23:59 * - * - * pookmark

8/13:こわい話。

N国のニュースを見て震える。こういう人たちは世の中にいますよ。そんじょそこらに。小学館の周りで車で放送してる人とか。でも議員となると話は別ですよ。議員は何よりも法の元に行動しなければいけない訳で、そこに一般市民を標的にするって。議員が無法者って根本的なシステムを破壊するものだと思うんだけど。(でも、意外とマンガ家ってこういう人が好きな人多いんだよね…マンガ家がリベラルなんてトキワ荘内の話)。というか、報道されることすら宣伝になっているので、報道しなくていいと思う(でも報道しなくなると、むしろネットで広まって価値が高まってしまうと言う…)

 

震える話もう一つ。

AppleMusicに稲川淳二。これ知らなかったなぁ〜。

 

ボク結構怖がりで、「あなたの番です」すら夜中に見るのイヤなんだけど、特に小学校の時に聞いた怪談の数々が恐くて恐くて…吸い壺、どくろ壺の話なんて、そのあと数年夜トイレにいけないどころか、花瓶すら見るのイヤになったもんね。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ