8/7:結婚するって、本当ですか 第1巻が発売されます。

告知です。

 

日付が未来になっていますが、8月7日、「結婚するって、本当ですか」の単行本第1巻が発売されます。

 

 

今回はなんか一杯の書店さんで販促をしてもらえてて、特典ペーパーの類いも多いです。

 

○ペーパーのある書店様(敬称略)

 

・ゲーマーズ(カラー) https://www.gamers.co.jp/

・アニメイト(モノクロ) 販売ページ

・とらのあな(カラー) 販売ページ

・三洋堂書店(カラー) 販売ページ

・まんが王(カラー) 販売ページ

・TSUTAYA(モノクロ) 販売ページ

・紀伊國屋書店(モノクロ) 販売ページ

 

○色紙がある書店様(敬称略)

 

・BOOKLIVE(色紙プレゼントらしい) 販売ページ

・オリオン書房ノルテ店 https://twitter.com/Orion_Norte

・紀伊國屋書店新宿本店 https://twitter.com/KinoShinjuku

・有隣堂ヨドバシAKIBA店 https://twitter.com/yurindo_akb

 

以上です!こういう色紙って久し振りに描いたなぁ〜。

その他にも一般書店向けのペーパーというのもあって、各書店さんがやりたければやる、という感じでついてます。

 

 

思えば一昨年ぐらいにスピリッツの編集長にお誘いを受けた時は「厨二っぽい話を描いてよ!」って言われてたような気がするんですよね。

 

で、キングオブアイドル終了して、そういうネタを持っていったら、担当さんに「ん〜…、なんか違うネタやりません?」って言われて。そこから半年。気が付けば結婚話ですよ。何がどうなるかわかりませんね。

 

「曇キャ」。何度もここで言ってますけど。陽キャでも陰キャでもなく、自己評価の低さのあまりに自分の力を発揮できない静かな人達。そういう人達をボクは定期的に描いてきてるような気がしますけども、今回はいっそ主役です。

 

思えば、ボクはここ数年どんどんデフォルメを排除して行こうとしています。すごく極端に言うと、「箸が転がることが面白い」。「人が歩いてることが面白い」そういうものを描きたいと言う気持ちがあります。ここまではさすがにないとしても…。キャラクターを小動物化するようなことをせずに、等身大のキャラクターで何がやりたいなぁ。そこにおいて青年誌の連載がとれたのは、そういうタイミングだったのかと思っています。個人的は「なのは洋菓子店」でやっていたことをさらにフォーカスしたような気持ちになっています。

 

是非買って、楽しんでもらえたら嬉しいです。あ、そうそう、神のみを読んでいた人なら気づく「あること」があります。これも読んだ時の楽しみにしていてください。

wakakitamiki * ふとした話題 * 18:06 * - * - * pookmark

☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

結婚するって、本当ですか

ビックコミックスピリッツにて、3/16より連載。平凡な人のラブコメです。8月に1巻発売。

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。総集編がでました。店舗の委託販売も行っております。KADOKAWAより単行本が9月発売です。

ツイッターにて、1話を無料で公開してます。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。が、終了。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 17:59 * - * - * pookmark

8/5:東山さんのベストアルバム

東山さんのキャラクターソングベストアルバム「Special Thanks!」が出た。

 

今回は色々関わっていたので、生配信まで見てしまった。懐かしいな。これ一杯売れたら「らぶこーる」の印税入ってくるんかな(ゲス)。

 

イラストブック見るとすごい豪華なメンバーでびっくりだよ。ボクみたいなのがジャケでよかったのかなぁと思ったりもしたけど、不思議とかのんがそこにいると心強い気持になったりして。ボクにとって東山さんって、艦これの榛名の声優さんなんだよね。かのんと東山さんはなんかボクのなかでくっついてて、仕事に入ってない。だから、はたらく魔王さまで人気出た時嬉しかったな。「やったー!東山さん人気ものだー!」って。その後金剛がきてもう余裕!って感じだったけど。彼女の努力であって、ボクが心配することでもなんでもないんだけどさ。余計なお世話だよね。

 

ライブ行きたいけど、開かれて欲しいなぁ。

wakakitamiki * アニメ神のみ * 23:59 * - * - * pookmark

8/4:帰ってきた銀座マン

梅雨が明けたら開き直ったように暑い。

 

今週は本来なら取材旅行に行くはずだった。でも、中止に。心の底では「行ってもいいよね?」と思ってるんだけど、やっぱり行けなかった。なんか悔しい。作品のことを考えたら絶対行った方がいいんだけど。

 

羽田空港まで行って写真を撮ってくる。

せめてもの未練だ。

 

そのまま帰るのもシャクなので、日本橋へ。

 

パティスリーイーズ!来たかった〜。

 

元イデミ出身の大山シェフの店。催事で何度も名前を聞いてて、最近では後藤シェフのイコール(幡ヶ谷)と並んで、もっとも開店の期待度が高いお店だったんではないだろうか。それにしてもすごい場所で結構広い、オシャレなお店。この時期にこのお店の家賃大丈夫なのかな…なんて余計な心配。

 

実はパフェを食べたかったんだけど聞いてみるとまだ始まってないという。なんでだ…インスタではやる気マンマン的に言っていたのに。イートインはそんなに人もいなかったので、そのままケーキを食べる。

 

イートイン限定のムラングシャンティ、白あんのソース。メレンゲと生クリーム、アーモンドのシンプルなムラングシャンティ。見た目はかなり良い。食べてみると結構ずっしりとしたクリーム。イートイン限定というからもっと繊細ではかないものを想像していたけどかなりしっかりしてる。そこに途中から白あんのソースをかけると後味が白あんに。ふほ。

 

これ美味しい。美味しい、が…。何だろうな、見た目の美味しそうさ、そしてこのお店の期待感から考えると、あんまり好みじゃなかったかも…。こんな濃厚なクリームに白あんのソースかけてもそんなにかわんないんだもん。とらやカフェぐらいの。舌がバカですみません。でもこれはむしろ外国人にターゲッティングしてるものなのかな。他のも頼めばよかった。

 

焼き菓子をしこたま買い込んで。イデミスギノへ。

 

暑い…。

 

水分補給しながら京橋まで歩いてイデミスギノを覗いてみると、イートインのケーキがなくなっていた。ありゃりゃ。この暑さでイデミのケーキを持ち帰る気にもなれず。今日は見送り…。マダムが外にいたけど、人見知りが発動して挨拶もせずに通過。これで48才の大人だって。マスクしてから気づかれなかっただろう。

 

 

そのまま長躯、日比谷まで。そこで東京ミッドタウン日比谷のデリーモへ。

 

シャインマスカットパフェ

2300円!

デリーモは毎度とにかくパフェが映えてるけど、これもすばらしいね。さらに、横に添えてあるライムとチョコ!なんだこれは。

 

このパフェを食すのはさながらアトラクション。最初はシャインマスカットとナガノパープルの生の美味しさを楽しみ、そこから柚子アイスが出てきた辺りでライムを絞る。そうして味の変化を楽しみながら食べ進めていくとクランブル登場。ここでチョコソースをたらりたらり。すると、とけた柚子アイスがまざって柚子チョコクランブルパフェに変わる。と、さらに下からシャンパンジュレ。大人の香りを醸しつつ、一番底にはマスカットコンフィが入っていて締め。何ともエンタメ感のある現代的なパフェ。チョコだけ、フルーツだけなら資生堂パーラーとかパレドオールなんだろうけど、このプレゼンテーションの楽しさは良い。パフェの楽しさの部分を最大化してる。

 

ただ、デカい…もう食えない…。といいながらプチメックで明日のパンを買い込んで帰宅したとさ。

 

帰ってからは16bitの校正。これは趣味でやってるものなんだけど、それにしても手間がかかる趣味だこれ。

wakakitamiki * お菓子 * 23:16 * - * - * pookmark

8/3:「結婚するって、本当ですか」第14話

2回の休みを経て戻ってきました。

結婚するって、本当ですか。第14話です!

単行本発売記念カラー。

 

何かあんまりにもカラーを描きすぎたせいで、最近カラーのメソッドが確立したというか。すごく早く描けるようになりましたよ。まあ、またぶっ壊して新しい塗りを目指しますけども。しばらくピンクブルーが流行ってましたけども、最近コントラストを真っ白と真っ黒に分けて、その両端で繊細にやる。みたいな色合いがキてるような気がするんですよね。これ研究したいなぁ。年賀状で試してみるか。

 

今週もお姫様のお話です。担当さんが延ばせと言うのでどんどん延びております。もう何日たったかわかんなくなったんで、こないだちゃんと数えてみたら、1話からまだ15日しか経ってないんですってよ。しかも3話目の会社のポスターの日付けを間違えていて、もう単行本の校了おわっちゃったい。もぅ〜。

 

 

wakakitamiki * 結婚するって、本当ですか * 22:34 * - * - * pookmark

8/1:バトンリレー

パトンリレーを作っていたi-tronのスタッフさんから挨拶のメールを受け取る。i-tronも解散だそうだ。何とも素早い撤収。

 

ゲームを起動したらこんな。春に見た夢の跡、自分が関わったとなるともう二度とできないことに多少の未練も残る。

 

ハードディスクをさらったらネームが出てきた。

 

ローディング画面の1コマ漫画は僕がネームをやっていたのです。ゲーム内の絵はおまかせだったけど。

 

もう守秘義務だなんだもないだろうから。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

7/31:何でもゲームにできる

ネームが完成。

 

そこからずっとデススト。

 

ゆで太郎でもこんなに積まないというぐらい積んで運搬。

 

デススト、最初のムービー地獄でめげそうになりました。最初は歩き方がわかんなくて、何度も荷物を川に流されました。その度にやめたろか!って思ったけど、運び方がわかってきたら、なんかせっせと運び出してる。ゲームの結末を見たいというより、ただ運びたい。テクテク歩くだけ。それが楽しい。あと、オンラインに繋いでると他のプレイヤーがどんどん道とか整備しちゃうから簡単になっちゃう。だから早く進めたい。

 

でも小島監督の目の付け所。物流をゲームにしてしまうって。こういうのシミュレーションゲームならありそうだけど…一人の運び屋の仕事をオンラインで結んで大きな絆みたいにしちゃうモチベーションの作り方すごい。ファンタジーなんだけど、人間の社会の営みの話にもなってる。特に今の状況で、配達員というものの存在をみんなが意識するなかでこういうゲームを丁度出してるってのは、時代感もってる人だなぁ〜って気がする。

 

道が全部綺麗になったら嬉しいだろうな〜。

wakakitamiki * ゲーム * 23:59 * - * - * pookmark

7/30:イベントできる

プロットが終わり、そのまま次は16bitのテレカイラストへ。

 

最近カラー立て続けに描いてるから、いつもみたいに「カラー描きたくないよぉ〜!」って言う精神状態にならない。そんなこと言ってたら間に合わない。

 

それにしても、16bitの単行本作業。ホントに大変。このトピックだけでロフトプラスワンでイベントできそう、やろうと思えば。

 

なんてこと言いながら、代々木上原までケーキ買いに行ってる始末。

 

アステリスク!

 

久し振り〜。アステリスクのショーケースってほんま映えてるな〜。このケーキの色鮮やかよ。夏のたたずまい。オールというケーキ。一見、アプリコットのケーキだけど、アプリコットの層が三つになっていて、下がパッションフルーツ。これでビビっと酸味が増えてて、アプリコットがパワーアップしたような気持になる。一口食べて「おお!」という驚きがありますな。わー、久し振りに行ったけど美味しい〜☆

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

7/29:おわりなき販促

のび太の新恐竜見に行きたいなあ。

でもなんだろ、「ピー助に一言仁義切って欲しい」と思う心。フー子とのび太がいちゃいちゃしてても大丈夫なのに、同じ恐竜となる

と話は別、みたいな。

 

 

 

半日かけて色紙を書く。各書店用。コピック蒸発してんじゃないか、って思ったけど大丈夫だった。他にもペーパーにサイン。色んなところで色んな事が起こる様子。

 

終わったら、プロットへ…ふぅ〜!

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/28:雨もコロナもおやみよ

やっと原稿が完成。疲れた…。

これでお盆休み〜という訳にも行かず、明日までにペーパーと色紙を描く。

 

あと取材に行く予定だったけど、どうも流れそう。こんだけコロナの感染者が増えてしまうとね。はらひれ。第二波って言うけど、つまり実際のところ、3月4月から一杯いたってことじゃないかねぇ?実際は。あの時は明らかに怪しい人だけピンポイントでしか検査してなかったし。

 

「これで大丈夫なんです」って学者と一緒にベクトルつけてたNHKには説明してほしいよね。検査増やさなくていいっていまだに言ってるけどさ。入院者増えすぎちゃうとか。そういうのも含めて大規模な検査体制を準備しないといけなかったんだろうね。舛添さんが言ってた省庁の壁とかも、とっぱらって。結果的に、お金たくさんかかると思う。

 

実際重症者だけ見るとそんなに増えてないんだから、どっちかに決めて欲しいね。徹底的につぶしていくのか。もうこういうものです慣れてくださいなのか。検査を増やしていったら、感染者がしばらく減らないのは明らかだからね。みんながみんなを監視する雰囲気ばっかり広がっちゃう。(単行本発売の時期に外出自粛要請とかやだな〜)

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:54 * - * - * pookmark
このページの先頭へ