☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

キング・オブ・アイドル

連載終了しました。紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。総集編がでました。店舗の委託販売も行っております。

ツイッターにて、1話を無料で公開してます。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。ただ今開始に向けて準備中。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 18:59 * - * - * pookmark

2/10:足からストレス

連載用の予告カット終了。

 

この後、1話目のカラーをやる。実はこのカラーは当初の予定では先月の末にできてる予定だった。おそらく今2週間は遅れているだろう。こう書いていて寒気がする。

 

ストレスのせいなのか、足に湿疹ができてかゆくて仕方がない。皮膚科に行って軟膏をもらってくる。これだけ進行が遅れていても、カラーとなるとはたとペンが動かなくなる。もうこれは精神の病ではないだろうか…。4色とかこの世からなくなればいいのに。

 

ストレス発散にななかの絵。

 

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

2/9:無題

カラー制作中。あ〜やだやだ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

2/8:ごはんバーガー

現実を答えにする人の多いこと。

 

現実を答えにするぐらいだったら、何も知らなくてもいいし…。現実をもっとよくするために、現実を知りたいもの。

 

 

ボクの現実は原稿の遅れ。

 

1話にして外に出て食べるヒマがなくなって、買ってきてもらったご飯。マクドのごはんバーガー。なんかモスと違ってパンがライスに変わっただけ、と言う感があるけど食べるとそれなりに美味しかった。もぐもぐ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

2/7:エガちゃんねるのすごいところ。

原稿。バトンリレーの打ち合わせ。それからまた原稿。

 

疲れた…もう年だ年!何するにも一休みが必要。

 

なんて言って寝床で見たすごい動画で元気が出た。

 

 

えがちゃんがユーチューバーデビューしてた。とんでもなく話題になってるから見てみたけど、えがちゃんを360度で楽しめそうな実に楽しそうなチャンネル。

 

動画の再生数もすごいけど、一番すごいのはコメントの数。全部の動画に1万コメントってとんでもないことよ。嵐でも本田翼でもこんなにコメントつかない。これが意味するものって、やっぱりえがちゃんって感情移入できる存在ってことだろう。一生懸命で不器用でいつも全力で。それゆえに失敗したりする。そういう姿がみんなにとって自分のための芸のように感じてしまう…ということ、なのかも知れないね。このチャンネルは大成功しそうだよ。

wakakitamiki * 映画 * 23:23 * - * - * pookmark

2/6:NHKの金田一

仕事場で市川崑の「犬神家の一族」を流す。

 

新しい人が来たおかげでもう見飽きた映画でもかけられる。例によって、誰も感想を言わない。こういう時に話さないヤツは出世しないぞ(パワハラ)。

 

そういえば、NHKで新しい金田一のドラマが始まっている。

 

池松壮亮くんが意外と古谷一行の雰囲気がある。良い感じ。

 

それにしても今回のシリーズは「必ず30分で解決」というのがウリらしくて、何でも30分で終わる。なんと、あの長尺の犬神家ですら30分で、しかもはしょらずにやる。どうするのかなと思ってたら、一幕の舞台としてただひたすらに猛スピードで進んでいって笑ってしまった。まあ、面白いけどこれもう金田一である必要ないよね。どんな作品でもこの手法ならやれちゃうし。逆に言うと金田一ぐらい咀嚼されまくった作品だからこそこういうトリッキーな取り上げ方ができるとも言える。この調子で八つ墓村もお願い。

 

それよりアマプラでNHKオンデマンド見られるようになってるじゃんか!これ待ち望んでいた。これでテレビで見られるぞ〜。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

2/4:京都その2

一泊してもう今日は東京に帰る日。

 

帰る前に、初めて伏見稲荷に行く。

今や日本のナンバーワン観光地の一つと言ってもいいぐらいの人気スポット。ボクは大学時代この駅をずっと通り過ぎていたのに、一度も行ったことなかった。あの当時は「どうせ大したことないわ」とか勝手に思っていた。駅もなんかちっこいしね。

 

でも、行ってみるとビックリ。これはすごい場所だ…。まず神社のある山がすごくいい。坂を登っていくととっぶりと池とかあったりして、その場所にこの異常な数の鳥居。人がいる時はいいけど、先に進んで人がまばらになってくるとその異形さにゾっとする。これは人気が出て当然という気がする。しかも今日はコロナウィルス云々で客の出が少ない。でも出店のおっちゃんはがんばって中国語で呼び込みをしていた。

 

おみくじを引いて、市内へ移動。

 

もちろんグランヴァニーユ。火曜日は京都のケーキ屋みな休業につき、新しい店を開拓できず。

 

でも今回はロトス洋菓子店のピュイダムールが一番美味しかった。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

2/3:京都その1

京都に移動。

去年は取材で何度か来たけど、今回は100%帰省。爆睡しにきた。

 

昨日、ネットでの知識はいらんという話をしてしまったけど、ケーキ屋の情報を得る手段としてインスタは欠かせない。最近のお店はインスタ発信が多いから。八坂神社に行く前に、神社周辺に新しくできたドルミルというパフェ専門店に電話してみる。満員でNG。まあ、別にいいや。八坂神社と言えば、サロンドムゲもあるしね。

 

サロンドムゲの季節のパフェ。

チョコになってる!でも、上のアイスも美味しい。ただ、下がスポンジなのがちょっとイマイチ。スポンジはコーンフレークと一緒。これ後1段スポンジ多かったらオレは動くよ。

 

閉店近かったからがら空き。ここはええ雰囲気で好き。

そのまま八坂神社に初詣に行く。今年はお願いが一杯で神様も覚えきらないだろうな。

 

うちに帰ったら月夜が埋もれかけていた。

ZZZ。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

2/2:絆創膏的喜怒哀楽

ネームができてLINEで送り、そのまま始発に乗って羽田空港。

法事に出席せねばならない。

 

行きしなにマスクを買おうとしたけど、どっこにも売ってない。最近なんでもかんでも転売。1億総中抜き時代。まあ、人に密着して咳でもされない限り、マスクあってもなくてもあんまり変わんないしええけどさ。

 

でも、マンガや本を高額転売するの止めて欲しいわ。アニメ化なったと見るやマンガすらプレミア本。中古本やねんし、せめて定価やろ。ナニワ金融道の小林薫やないけど、他人の迷惑でメシを食う人達は沢山おる。

 

Kindleの読み放題で読んだ世界史の本↑

2015年の本だからちょっと古いけど、ニュースで良く出てくる世界情勢を歴史的な端緒から説明してくれる。文章でもわかりやすい池上さん。

 

この内容とは別に、池上さんが引用していた「すぐに役立つことはすぐに役に立たなくなる」という言葉が印象に残った。最近ボクがとみに感じていること。ちょっと気になったらすぐにインターネットで調べる。なるほどと思う。そして、次の日になったら何を調べていたかすら覚えてない。ツイッターのちょっとした豆知識、ちょっと良い話を読んで満足し、ちょっとムカつく発言にいらつき、そしてまた明日になったら全て忘れている。まるで気になったところに絆創膏を貼るような。そしてそれを貼ったことも覚えてない。

 

こういうものを積み上げても何にもならない。池上さんのテレビだってそう。でも、こういう本みたいに筋道を立てたなかで披露されるものは忘れにくい。映画やテレビは見てるけど、最近は知識を得る手段としてネットを使う時間を減らしている。プラモを作ったり本を読んだり、すぐに役立たないことをやりたい。

 

法事も無事終了。

wakakitamiki * ふとした話題 * 20:24 * - * - * pookmark

2/1:ネームマラソン

1日中ネーム。締め切りは明日の朝まで。

 

このネームを描いたらまた一つ仕事が終了。

連載が始まるまでに残り16bitだけ、と言う状態にしたい

 

おやつ、ロートンヌのババ。

ロートンヌにしてはそこそこという感じ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ