☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

キング・オブ・アイドル

連載終了しました。紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。総集編がでました。店舗の委託販売も行っております。

ツイッターにて、1話を無料で公開してます。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。ただ今開始に向けて準備中。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 10:36 * - * - * pookmark

2/18:締め切りアウトブレイク

今日も打ち合わせ。これは新しい企画の話。

 

そこで今の原稿の進捗を言うと、

 

「え…」

 

と絶句。他の場所で会った人にも「聞かなかったことにします」って言われて、そのリアクションで自分の今の立場を実感する始末。そんなにヤバいのかオラ。まあ、ヤバいんやろなぁ…。

 

スケジュール的に追い詰められてるせいか、最近眠ると悪夢の連続。こないだは、うる星やつらのキャラクターがアウトブレイクで全滅する夢をみてしまった。最新のニュースと自分の好きなものが絶妙に混ざっていてお手本のような悪夢。

 

それでも原稿を描かなきゃ始まらない。締め切りの力が何とかしてくれる…はず。

 

 

今日流していた初見映画。「シャザム!」。

 

かなり面白かった。クソガキ感と人種里子ファミリーの絆がすごくいい。子供が力を持ったらこうするだろうな〜みたいなくだらないことを色々やってくれてた。大人なら、弾丸当たっても死なないってわかっても、いきなり顔撃ったりしないよ。おもろい。ただ吹き替え版は菅田将暉くんの声があまりにも少年声すぎて、おっさん感が出てなくてちょっと魅力半減。自分で「なんだこのおっさんの声!」って言ってるのにね。

 

おやつは阿佐ヶ谷うさぎやのあんみつ。やっぱりあんみつはここが一番好き。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

2/17:マンダロリアン最終回ネタバレなし

最近オタク世界の絵柄がエッチかエッチじゃないかってネットで話してるけど、まあ、人によっちゃエロいかもね。昔はテレビでよく裸や水着のシーンが映っていたけど、家族で見ていた時は恥ずかしかった。一人だと見たいけど。わざわざ大勢で見たいものじゃない。そういう感覚ってもう古いのかな。

 

文句を言われても仕方ないところもある。だからと言って削除していいということではなくて、これは表現の自由とはまた別の、エチケットの世界だと思う。昔は下世話をうまく上品で隠して、上手いこと市民権を得てきた歴史があるんだけど。それにしても、エロと美少女に関してはとことん戦うけど、他の問題だとむしろ保守的なのはね。エロってどんだけ叩かれても自動的にはびこるものだから…ホントに戦わないといけない表現の自由というものは他にあると思うよ。

 

 

一方マンダロリアン。

遂に最終回を見た。

いやー7、8と面白かった。毎度SWのみんなが見たいネタみたいなのにちょい足しして面白いものを出してくれる。デストルーパーとストームトルーパーの力関係とか、タイファイターとの対決とかワクワクした〜。

 

こういう「民話」的なものこそ、スターウォーズだよね。

スターウォーズって古くさいほどいいんだよ。

バトル、友情、自己犠牲。来るのがわかっていても熱くなる。

 

それにしたって最終回の評価の高さ。IMDB見てたらもう10点満点のオンパレード。ボクも相当楽しんだけど、ここまでか?結構ずっこけたシーンあったように思うけどなぁ(笑)。IG11の何でも治すスプレーとかさ。もっとはよ出せよみたいな。マンドーの通信を傍受されたせいでピンチ生んでたり、結構主人公がもっさいのさ。

 

でも、この高評価は、映画のEP7-9の失望した諸兄の怒りの表現に他ならない。なんでこういうのを作ってくれなかったんだ!という気持ちが、マンダロリアンへの熱狂へと繋がっていたんだと思う。まあ、ボクもそのうちの一人かも知れない。こういう保守性ってのがSWの限界でもあるんだけど。

 

でも、ボクが新作映画で期待して結局なされなかった「フォース」という現象について、マンダロリアンならちゃんと描いてくれそうな気がする。そのための「ザ・チャイルド」だと思う。ベイビーヨーダもS2になっていきなり大人になったりもしないだろうし、S2はよ見たい。ベイビーヨーダのグッズが今とにかく欲しい。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

2/16:FB忍者

最近マジでウェストの膨張が著しい。もう一生スウェットで暮らしたい。

 

一応、レンジでコーヒー温めてる間、床でフロントブリッジやってんだけど、これホンマ効果あるんかいな。ただ、1分半ぐらいでもかなりしんどい。エビのようにブルブル震える。これ毎日10秒ずつ伸ばしていって、最終的に5分のフロントブリッジを目指せとかネットに書いてあったけど、5分なんてできっこない。忍者が大木飛び越えるようにかい。3分できたらとりあえずすごいと思う。

 

おやつはフランクケストナーの新作タブレットを食べる。

フランクケストナーは毎年新しいフレーバーのタブレットがでるけど、今回はミラベル(スモモ)。美味しい。けど、ここのフルーツ味はそんなにビビットじゃないんだよね。チョコとかナッツの味の方が強くて。前のミルティーユとかバナナとかも。結局最初に食べた塩キャラメルが圧倒的に美味しかったかも。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

2/15:オドぜひ

新しいスタッフさんたちと結団式のようなものをする。

頑張っていこう。

 

 

しばらく解約していたHuluにまた復帰。

 

というのも、「オドぜひ」を見たくなったからなのだ。

ほとんど丸腰状態でやってくる素人、そしてそこから何とかして取れ高をもぎとっていくオードリーのMC力との対決を楽しむ番組。Youtubeのダイジェストをずーっと流していたらジリジリと好きになってきて、常連素人たちのその後が気になってしまってHulu再契約。

 

ボクはテレビタレントたちの素人に対する居丈高な態度が好きじゃないけど、ここに出てくる素人、特にニートの人達はホントにダメな連中ばっかりなので!若林がどれだけSっぷりを発揮しても面白さしかないという、オール春日的プログラム。何しろ300回分以上あるからまだまだ見れるな。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

2/14:バレンタインデー

やっとカラーができた。

もうこりごりだ。

 

今日はバレンタインデー。

新しいスタッフの女の子がお菓子を作って持ってきてくれた。なんとまあ。こんなことしてくれた人初めてだよ。

 

そんな素敵な出来事が終わると、また床で寝て原稿の毎日。

マツキヨのエナジードリンク。初めて飲んだけど、この色。やばいでしょ。ルークスカイウォーカー気分。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

2/13:新世代バターサンド

昨日から妹が来ているので、また新しいお菓子を仕事場に運んでくれた。

 

イデミスギノ出身のシェフさんが準備中のパティスリーイーズのバターサンド。しかもアマゾンカカオ味。今っぽいな〜。なんか最近は昔からあるお菓子をサステナビリティとか新素材とか現代的な目線で再構成したみたいなお菓子をよく見る気がする。開店が楽しみね。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

2/12:送別会

ホントに原稿ができない。

なんて絵が下手なんだろうなぁ。もう毎日落ち込むのにも飽きてきた。

 

そう言いながら、夜に送別会。

元スタッフだった子が地元の九州へ帰るということで、阿佐ヶ谷で送別会。漫画家を止めるという訳ではなくて、もうどこでもやれるから東京で家賃払うより地元でマンガ描くんだって。現実的な選択だと思う。今って誰とも会わなくても仕事できるもんね。

 

最近はマンガの打ち合わせもLINEでやるって話を聞いた。実際に会ってする打ち合わせの空気感とか大事じゃない?みたいなのは今は昔。最近の作家さんは電話が嫌いな人も多いらしい。なんだそれは!大丈夫なのか!と一瞬思ったけど、思い出してみればボクもかつて担当さんからかかってくる電話がイヤで3年ぐらい居留守していた。そう思うと、対面打ち合わせができなくて消えていった才能もあったのかも知れない。LINEがあってよかった。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

2/11:ひとりを生きる

 

ノムさんが亡くなったそうだ。

現役時代全く知らないけど、監督やタレントとして大有名人だった。

 

最近ノムさんをNHKで見た。それは「ひとりを生きる」という番組だった。そこで見たノムさんは孤独と戦うおじいちゃんだった。野球だと面白かったボヤきも、嫁はんに先立たれて辛いとなると胸が痛くなる。

 

最近は結婚する理由も「孤独死するのがイヤだから」みたいなのもあると思うんだけど、結局どちらかが一人になってしまう訳で。まあ、ボクらが80才になる頃には何代目かのアレクサが話し相手になってくれるんだろうけどさ。老人になったら人間もAIも同じじゃないかな、きっと。

 

ノムさんが天国でサッチーに会えてたらいいね。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

2/10:足からストレス

連載用の予告カット終了。

 

この後、1話目のカラーをやる。実はこのカラーは当初の予定では先月の末にできてる予定だった。おそらく今2週間は遅れているだろう。こう書いていて寒気がする。

 

ストレスのせいなのか、足に湿疹ができてかゆくて仕方がない。皮膚科に行って軟膏をもらってくる。これだけ進行が遅れていても、カラーとなるとはたとペンが動かなくなる。もうこれは精神の病ではないだろうか…。4色とかこの世からなくなればいいのに。

 

ストレス発散にななかの絵。

 

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ