☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

・キング・オブ・アイドルの最終巻発売中。大増ページ(定価アップ)でお送りします。

紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

・みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌「16bitセンセーション」の委託販売も行っております。90年代のゲームの現場を描いたお話です。現在vol4まで出てます。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線アイドルマンガ。しかも、女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高。ボクの棺桶に入れて下さい!メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。しかし、最後はいつものような内省へ…。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」最前線感溢れるケーキ批評の数々。もっと見たかった…。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だが、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。今でもトイレに置いて自分でも読み返してるお気に入りの作品。万子ちゃん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 23:09 * - * - * pookmark

10/21:大人になりたいと思ってるうちは子供

もうイヤホンのパーツ取れたぞ。アロンアルファでくっつけたけど、ソニーはどんな弱い接着剤使ってるのよ。

 

 

引き続き燃え尽き症候群の真っ最中。WOWOWでやってる007の全作放映の「私を愛したスパイ」をぼーっと見る。

 

「007私を愛したスパイ」はボクが子供の頃に夢中で見た映画だ。ロータスエスプリ!水陸両用、史上最高のボンドカー!

子供の頃のボクは、ロータスエスプリはデフォで海入れるって思ってたよなぁ。

 

それにしても、ストーリーが酷いwジョーズって敵の攻撃が「噛みつき」!にも関わらずジョーズ角材もって攻撃してくる。噛めよ!まあ、上の動画でお察しだけど子供の遊びみたいなシーンが延々と続く。パロディのオースティンパワーズの方がマシなぐらい。でも、結構面白いのよ。というのも、出ている俳優さんがちゃんとした大人の俳優だから。髪型も着こなしも、セリフもばっちり決まってるから、ヘナチョコなアクションでも、「気品」で持たせてる。

 

今「スーツ」ってドラマやってるけど、ちゃんとしたオトナに憧れる感じが未だにある。あ、すみません、もう既に46才なんですけどもね。オトナになるってのは、自然にかっこつけるってことなんだろうな。誰に会っても柔らかく接することができて、場所や機会に合わせてちゃんと服装やふるまいも変える。しかも、それをごく自然に。

 

「別に好きなことしてたらいいじゃないか!俺は好きにさせてもらうぜ」みたいなのから卒業したいよね。まあ、スーツ一枚ももってないボクだからこそ、コンプレックスなんですけど。こないだ担当さんがやってくれたKOIの打ち上げも仕事場の連中、全員仕事してる時と同じ服装だったもんなぁ。トホホ…。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

10/20:KOIメイツアルバム・001「赤井瞳」

単行本発売から数日経ちました。

皆さんの購入報告、とても元気になります。

 

これからメイツたちのお話もポツポツとあげてみたいと思います。順番はメイツナンバー順。あ、描かなかったことも一杯書くので、本編のイメージを大切にする人は読まないようにしましょう。

 

赤井瞳

瞳ちゃんは、オンリーエピソードがあったので恵まれた(!)女の子。

栃木県まで電車に乗って写真を撮りに行ったのは、いい思い出。

 

事前の読み切りもなかったKOIは非常に短い準備期間で始まった連載なんだけど、その準備のほとんどは、メイツのメンバーを考える時間だった。ボクの他の連載にも、モバマスにもいない女の子、という条件で仕事場のスタッフさんたちと一緒に考えたんだけど、瞳ちゃんはそのなかでも最初に思いついた女の子の一人。巫女さんが神社再興のためにアイドルになる。というわかりやすさ。そして内気で巨乳というキャラクターは当時の担当さんには非常に好評で、「メガネをかけましょうよ!」なんて言われていた(属性がかぶりそうだから止めたけど)。

 

赤井瞳というのは黒木瞳のパロディ。なんか古い芸能人っぽい名前にしたかったので。アイドルマンガというのは、少年マンガではあんまり成功例がない。まして、ラブコメを最前面に置かない物語となればなおさらだ。ただ、連載開始当時のボクは、アイドルは、暗黙の了解で「何かのために歌ってる」という前提があるから、その理由でドライブできる。そう思っていたんだね。

 

本誌を読んでくれてた人ならわかると思うけど、瞳ちゃんの性格は途中で変わった。最初の瞳ちゃんは、神社が重荷で巫女という立場を疎ましく思ってて、その自分にも罪悪感を感じてる…という設定だった。しかし、こんなわかりやすい設定を敢えてややこしくすることないかと思って、スッキリけなげな女の子に変わった。しかし、その瞳の変更があった5、6話の時点で既にボクは、「この連載、大丈夫なのか?」と不安で一杯になった。自分一人でコントロールできる規模なのか…。(この出来事には更に伏線があるんだけど、また別のページにて。キサラの時にでも)

 

でも、瞳の性格がスッキリしたおかげで、後の瞳オンリー編はKOIで一番コンパクトで良いエピソードになった。そして、正しいルートであれば、瞳は最初にまほろを男として好きになる女の子のはずだった。瀬奈よりも先に。でも、終了が決まってしまって、瞳の正妻ルートはナシになってしまった。この展開に持ち込めなかったのはもったいなかったなぁ。巨乳の少女、ってのはボクも今まで描いたことなかったのでね。ただ遅まきながら単行本のエピローグで瞳も少しだけ追いついたので、単行本の最終回は新しい始まりなのかも知れないなぁ。

wakakitamiki * キングオブアイドル * 23:59 * - * - * pookmark

10/19:新しいイヤホン

最近、ジムにほぼ毎日通っている。

マンガも連載ともなると結構な肉体労働。体力が低下するとページ数を描けなくなる。

 

イヤホンも新しいのを買った。運動しながら聞けるようにワイヤレス。

ボクはカナル型のイヤホンを付けると身体の中の音が聞こえて気持ち悪いので、基本オープンイヤーのイヤホンしか使わない。となると非常に選択肢が少ない。ずっとBOSEのイヤホンを使ってきたけど、さすがに使いすぎてボロボロ。かといって、BOSEのBluethoothイヤホンは駆動時間短いのよね…。という訳で8時間駆動するソニーのイヤホンに決定。

 

箱開けて5秒で使用オケー。充電も最初からできてた。音はなんかBOSEに馴れてるからか、軽い音に聞こえるけどこれも馴れるかな。何よりワイヤレスってのがいい。どんどん使っていこう。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

10/18:サムライ

キング・オブ・アイドル第6巻、本日発売です。

 

「サンデーうぇぶり」では、本誌最終回の第60話を全ページが繋がった状態で期間限定で公開しています。

アプリならスムーズに見られます。が、これやっぱり本で見たほうがいいような…w 1ページ単位でもなりたってるんだ、ってところが伝わらないから。まあ、よろしくお願いします。購入報告も是非よろしくお願いします。

 

 

それにしてもジュリー!(話題転換)

 

かっこいいねぇ。公演中止だって、しかも理由が「客が少ないから」!今時こんな理由でアーティスト側から公演キャンセルってある?で、どんだけ入ってなかったんだって見たら7000人だって!入ってるじゃん。そらさいたまスーパーアリーナという入れ物が問題であって、武道館なら全然いけるでしょ。7000人でやめるとかなんというわがまま。アクセルローズか!

 

でも、ある年代以上の、つまりジュリーの全盛期を知ってる世代なら、このエピソードはむしろジュリーのスター性しか感じないんじゃないか?「ジュリーならありえる」と。

 

なんか、僕ジュリー大好きだから、これで叩かれてるジュリー見てると、「俺が埋めてやれなくてごめん!」みたいな、唐突なアイドルファン心理みたいなのが芽生えてしまうぐらいよ。次にSAAでやるとき行こかな。は!これもしかして、また東京ドームでやるつもりでその布石なのか?

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

10/17:キングオブアイドル第6巻が発売されます。

告知です。

 

明日10/18より、キングオブアイドルの第6巻が発売されます。最終巻です。

こういう表紙です。

 

今回は、最終巻ということもあって、エピローグとして1話新しい話が追加されています。それも含め、22ページぐらい描きおろしをしました。本誌の最終回はコンセプト重視でしたが、エピローグの方ではストーリーも少し触っています。これで正式な最終回とさせてもらいたいな、と。。そして本誌最終回のリレーコンサートも、より「繋がる」ように調整しなおしました。これでも完璧に繋がるかどうかわかりませんが…裁断は計算できないのでw

 

全体としては道半ばで終わったKOIではありますが、一つ一つのエピソードはちゃんと描けたのでボク的には満足です。是非読んで下さい!こぼれてしまったお話については、またブログで細々とフォローしたいと思います。

 

 

書店ペーパーもあります。

ウェブサンデーの方を見て下さい↓

https://websunday.net/news/18101004.html

今回は全員カラーになっております。

3店分しかないので、4人組のなかで未来がいません。が、彼女のペーパーもあります。彼女のメッセージペーパーは今ここで公開します。

 

(クリックで拡大)

 

どうぞどうぞ。

 

いやしかし〜。連載が始まる時に「これはボクの最後の週刊連載」と自分で言っていましたが、終わることが決まって最初の気持ちは「これで長生きできる」でした。こんなにフルパワーで描くことは(体力的にも)この先できないと思います。そういう意味ではまあ、490円も致し方ないかと!!!(ごめんね、高くて) このブログを読んでいる物好きな方々には、色々察していただきたいと思いますw

wakakitamiki * キングオブアイドル * 23:59 * - * - * pookmark

10/16:モテない主人公

今日も本を読んだり、ゲームをやったり。

 

映画「アニー・ホール」を見る。

というのも、KOI編集の原くんに「若木さんってウディアレンみたいですよね」って言われたからだ。こんな冴えないとはね。

 

しかしまー、この「アニー・ホール」という映画は赤裸々である。ウディアレンは、最近では自分は映画に出ないでおしゃれで知的な映画作ってるけど、自分が主役でやる時には、チビでハゲで理屈っぽいユダヤ人(つまり自分)がもがき苦しむ様をよく描く。こんなのよくスクリーンで公開したいと思うよね。

 

この「アニー・ホール」は理屈っぽくて閉じこもったコメディアンが、それでも性欲は鬼のようにあって、色んな女の子に手を出す話。そんでもって、最終的には大体フラれて終わる。とにかく、何でも噛みつく。何でも理屈をこねる。何もやりたがらないくせにやってる人のことをひたすらバカにする、その主役(つまりウディアレン本人)の傲慢さ。あんたネット民か。という男が主役なんだ。これに似てると言われるとは。トホホ。ただ、この映画のウディ・アレンは数々のアカデミー賞に繋がるからね。金になるダメ男。

 

ただ、この映画を見てのボクの感想。

「モテてるじゃん」

 

町山智浩さんはこの映画のことを「自分がなぜモテないかを分析した映画」ってゆーけど、ダイアンキートンと同棲できてる時点でモテてるじゃんか。この男に恋人ができることが理解できない。この男にボクが似てるというなら、ボクだってせめてダイアンキートンと一晩ぐらい同棲できないとおかしい。夢物語だな(傲慢)。ボクが思うに、自分がいかにモテないかを分析した物語というのは、ソードアートオンラインのような物語をさすのではないだろうか。

wakakitamiki * 映画 * 16:55 * - * - * pookmark

10/15:年賀状作成中

年賀状の宛名を書いております。

今週中に返送できたらいいな…。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

10/13:スイーツオヤジ会

印刷されたハガキが到着。これから宛名を書きますわ。

 

 

新宿のハイアットリージェンシーで開催中のジルマルシャルのデザートコースを食べに行く。牛乳のみおくんと一緒に

オサレ。マロンパルフェとエピスの効いたオランジュのソルベ。冷たくていい。ジルマルシャルは去年も食べたけど、とっても濃くて途中でギブアップしそうだった。今回も最初のデザートからしっかりしてて不安になったけど、さわやかだった。今年の方が好き。

wakakitamiki * お菓子 * 23:00 * - * - * pookmark

10/11:ゆいくん

昨日は結くんの誕生日だったな〜。

 

 

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ