☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

キング・オブ・アイドル

連載終了しました。紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。現在vol5まで出てます。店舗の委託販売も行っております。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 17:03 * - * - * pookmark

5/24:白い巨塔

小嶺麗奈を昔PCの壁紙にしていたボクです。

 

さくらんぼの季節になってまいりました。

ロイホでチェリーのパフェ食いながら打ち合わせ。ほとんどヨタ話。

でも、今回はようやく少年誌の範疇に入るアイデアに入ってきた。ウキウキしながら帰る。

 

帰って「白い巨塔」を見始める。

5夜連続の2夜目まで。

 

うーん、面白い。「白い巨塔」、1978年田宮二郎版は史上最高のテレビドラマの一つだと思ってるんだけど、21世紀になってからの唐沢バージョンもなかなかの傑作だった(音楽がすごすぎ)。5話の尺で、それらと比べられてしまうのは酷だけど、俳優さんの豪華さや、善玉イメージの人を権力側に持ってくる感じもあって興味が尽きない(普通なら、松重さんと岸部一徳は逆だよね)。そもそもの物語が面白いしね。これは最後まで楽しみだ。

 

ただ一つ気になるのは松山ケンイチの里見がイマイチなこと。なんでこんなクセモノ感あるの。ここはオーソドックスに熱い善玉でよかった。この話は財前と里見の複雑な友情関係、特に里見の光オーラに財前が抱えてるコンプレックスが魅力ポイントなのに、里見の光が弱い。これは物語全体に関わってくる問題だなぁ。そもそも、マツケンが財前で、岡田君が里見の方がよくない?背丈的にも髪型的にも1978年ぽくなるしね。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

5/23:再びゴッサムへ

DOAXVVのなつかしコーデのあやねの水着が引けた。

エレナじゃなくてよかった…。

 

ほい。

か、壁にめりこんどる…。

これでDOAXでいうところのマッハ系の水着だけど、ちょっと布が増えてる?

 

今日は打ち合わせ。ネームは直しなのに、前の方がよかったって言われてショック。ボクは論理性には自信があって、新人時代ならともかく、直しで良くならなかったことなんて記憶にない。うーん、これは打ち合わせの了解がちゃんとできてなかったことに他ならない。ちゃんと打ち合わせで確認しておかないと。落ち込む。

 

お菓子でも食って復活。

ロートンヌのキャラメルタロンソ。キャラメルとコーヒーなんてボクが作っても美味しく作れるだろうけど、それがロートンヌだから。美味しいに決まってるのであった。

 

 

バットマンアーカムナイトをクリアしてロスがひどかったんだけど、STEAMから「バットマンのアーカムシリーズが安売りしてませ!」とメール。こいつ心が読めるのか。何とアーカムアサイラムもアーカムシティも495円だって。安いとか言うレベルじゃない。

 

二つとも買ってインスト!

やったぜ。アーカムシリーズ最初の作品アーカムアサイラム、古いゲームだから逆にローディング早くて快適!1作目からシステムはもうできてたんだね。ホントに面白いわ、これは。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

5/22:グレーのない世界

そういえば、ちょっと前に↑こういうことがあった。ファンのマナー問題。まあ、これはこれでもちろん問題なんだけども。それでライブのマナーについての議論とかが起こるんだけど。それを見てると、最初の方の意見は確かに問題な案件出てくるけど、そのうち「それ問題か?」ってことが出てくる訳。

 

ライブハウスで人の髪がジャマとか。となりの人の動きがうざいとか。ライブハウスでスタンディングだったら多少そういうことあるでしょ。ある程度は暴れに来てるんだからさ。そこに細かいマナー持ち込んじゃったら、楽しみたい人の楽しみが奪われることになる。

 

でも、こういうのをもし文面で見てしまったら、「あ、もしかしてボク、誰かに迷惑かけていたかな」と思ってしまう。こういう、言うほどのことじゃないつぶやき、が山となって押し寄せるのが今の時代。言うほどのことじゃなかったら言わなきゃいいんだけど、つぶやきなら言える。でも、その影響力たるや結構なものがある。←こういうことをツイッターで言うとこれはこれで誰かの批判になるかと思うと言えないボク。

 

こういう記事でも「謎ルール」が蔓延する構造を論じているけど、SNS時代は言うほどでもないグレーゾーンにイチイチ判定がされてしまう、しかも多くの確率でクロになる。実に息苦しい時代だとは思うけど、さらに言うと、どんなにメチャクチャな意見でも感情移入があれば支持されてしまう土壌でもある。1秒でRTがみるみるついてしまう世界では、思慮や知性みたいなものが追いつける余地がない。これは実に心配なことでもあるんだけど、ツイッターでつぶやきに半日はRTやリプがつかない縛りを実験してくれないかな。

 

まあ、ボクもツイッターをうまく運用してみたいものですねぇ。

 

ツイッターであげたスミレの絵はいずれ色をつけてブログでアップします。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

5/21:Just went back home

HDDレコーダーに撮っておいたモーリーの番組をダビングしようと思って、削除してしまう。ムーブの番組って「削除していいですか?」って警告でてくるから出てくるから同じ操作でやったら削除だった。

 

アクセルとブレーキなんか普通に間違えそうだよ、ボクは。一生運転しない。自転車しか乗らない。自転車はさすがに止まるつもりでペダルこぐってことは…ない、はずだ。

 

 

今日は一日色々なラフ書き。連載やってないと仕事してるのにお金がすぐに発生しないから悲しい。

 

Netflixに「メン・イン・ブラック」が入っていたので、見る。本当に面白い設定。子供の頃だったら、「これからお前は誰でもない。幻の人間になって宇宙人を追うんだ!」って言われたらワクワクが止まらんね。新作も見に行こうかな。

 

ところで、この映画のラスト近くで流れるエルビスプレスリーの「約束の地」。

これなんかに似てるな〜って聞いてたら、そういえば、高田渡の「しらみの旅」だった。というか丸パクリ。

 

まあ、クレジットが「アメリカ民謡」なんだけど。そもそもこの「約束の地」というのはチャックベリーのカバーで、さらにチャックベリーの曲はアメリカ民謡の「Wabash CannonBall」という曲からメロディをいただいている。連綿と受け継がれてきてるメロディなのだ。

 

そこに高田渡は明治時代の演歌師の添田唖蝉坊の歌詞を載せる。実に批評性があると言うか。19世紀のアメリカのメロディに20世紀初めの日本の歌詞をあわせて、チャックベリーで味付けすると、タイムレスな傑作になる。詩も曲も高田渡じゃないけど、こういうのはもう立派な創作といっていいと思う(まあ、この曲ははっぴいえんどの力も大きいかも知れないけど)。日本のメロディで19世紀から受け継がれているものとかあるだろうか?今じゃ、チャックベリーいたいなことするとパクりって言われるのかな。ただ、文化というものは変化しながら継承してくものだと思うし、その方法論のなかでパクリは結構重要だったりする。昔の口づての伝承のようにうろ覚えのパクリは文化を豊かにしていく。だからボクはコピーはむしろ肯定派だし、自分が大好きなものはどんどん自分の創作に取り入れていいと思う、できればうろ覚えで。

 

高田渡の「ごあいさつ」というアルバムは今でも良く聴くけど、味わいと知性、弱者への優しさが結実してる傑作です。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

5/20:カオスヘッドになりそう

久々に渋谷に行く用事があったので、例によってお菓子屋に行くのをひっつけながら向かう。

 

どこに行ったかはツイッターでつぶやいたからまあいいとして、とにかく渋谷がダンジョン!

 

ほぼ大通りしか歩いたことなかったボクだけど、一歩小さな道に入ろうモノなら、もうそこは迷宮。

まず渋谷のヒカリエの前の道の通り抜けすら失敗し、その次西口の歩道橋に方向感覚を破壊される。丁字路五叉路、無秩序な小道。立体交差だらけの上下感。そして、たえずどこかが工事中。GoogleMAPを見てるだけじゃどこをどうしていいのかさっぱりわからない。表の道はちょっとヤカラっぽくって怖いなぁって思ってたけど、この裏道はスゴイ面白い。一杯カメラもってウロウロしてる人がいたけどその気持ちがわかる。

 

3時間さまよって、1時間で用事は終了。どっちを目的に行ったんだか…。

15000歩ぐらい歩いていた。帰って瑞穂の豆大福。久しぶりに食ったけど、美味しい!でも、夜に食べたら早速劣化してた!和菓子はホントに買って即食べなきゃダメだね。まあ、1個はしっかり昼間歩きながら食べてたけども。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

5/19:週間ザンダクロスも近いな

ところで先日の大阪ダービーは良かったですな。

 

僕は遠藤今野が中盤がいる状態で宇佐美の復帰には疑問だったんだけど、昨日のように運動量が多くて全体の規律ができてるなかだったら宇佐美復帰はあり。遠藤がいなくなった分が宇佐美が違いを出してくれたら(倉田がサブかな…)、FWは十分強力だから。行けるでしょ。

 

今日は16bitの原稿を書く。日曜大工ならぬ日曜同人。

 

音楽はマイルス・デイビスの「カインド・オブ・ブルー」

 

なんか、デアゴスティーニが最近はレコードも隔週で出してるそうな。ビートルズのレコードまで出している。しかも音の評判がいいwもう何でも出すんだね。

 

このジャズの方のシリーズも結構ちゃんとしてて、180g重量盤で990円ですよ(創刊号価格)。これは最高にお買い得でしょ。音質に関しては、元の音知らんから何とも言えない。でも、特にジャズはレコードで聞くだけで味わいを感じる。ジャズにはそういう憧れがあるから。ライトユーザーでごめん。でも、ジャズとクラシックにはこういう「初心者需要」ってのは絶対あると思う。定期的にジャズの「勉強」をしたくなるから。ただ、このジャズのシリーズは3号からは普通にHMVとかで買う方が安い。ジャズのレコード安いからね。ビートルズはデアゴスティーニ盤の方がいいかもしんないけど。

 

昔のロックの名盤とかもこんな調子で出せるんじゃないの?渋谷陽一が選ぶ100枚とか言って(もう淀川長治さんのノリ)。こういうの、アメリカでは最近「ピーター・クイルズ・ズーン・チューン」というらしいな(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーより)。ビートルズの権利とれるんだったら、これぐらいできるんじゃないの?出たら買うよ。

wakakitamiki * 音楽 * 23:23 * - * - * pookmark

5/18:BATONRELAY〜バトンリレー

告知です。

 

ボクがキャラクターデザインをしたゲームが発表になりました。

『BATON RELAY』

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

公式ツイッター"https://twitter.com/baton_relay"

 

「次世代声優ヒロインプロジェクト」

 

これについてどういうものか、詳しいことはまだ言えないんですけども、ともかく、ボクがキャラクターデザインです。ティザーイラストもボクですね。ライターさんは「しめさば」さん。そしてティザー曲の作詞&作曲はzoppさん&渡辺翔さん…このお二人と久々に仕事一緒にできて、ボクは幸せです。rainrain♪zoppさんと早速連絡をとってしまいました。

 

キャラクターデザインを「した」と上に書きましたけど、全然終わっていません。ボクは正直軽い気持ちで引き受けたんですけど、甘かったです。想像以上にすごい仕事でした…。今はすごく重圧を感じています。僕は去年暮れから漫画を打ち合わせとネーム描きしながら、16bitの原稿とバトンリレーをやっています。発表することが何んもないのにずっとなんかやってる…という年賀状で書いた事情はこういうことなのです。

 

僕はイラストレーターじゃないし…ゲームの類の依頼があっても全部断ってきました(そもそもそーゆー依頼ってコピペみたいな文面ばっかりだしね!)。ただ、このプロジェクトに関しては、制作陣の熱意がすごかったのでやらせてもらうことにしました。勉強の毎日です。これを読んでいる皆さんは楽しみにしてください。僕はがんばっていますよ(決死)

wakakitamiki * バトンリレー * 23:59 * - * - * pookmark

5/17:再エンドゲーム

打ち合わせ。うーん…。なんか少年漫画ってなんなんだろうなぁ…。

 

打ち合わせで読者の方からお菓子をもらう。何かこないだの豆といい、ボクってなんか飢えているように見えるんだろうか(大苦笑)。原くんから「若木さんって、読者のヒモかなんかですか?」って言われる。まあ、大きな意味では漫画家は読者のヒモだけども。

 

そのお菓子を抱えて、としまえんにアベンジャーズ・エンドゲームを見に行く。

 

夜11時半開始のスーパーレイトショーのIMAX3D。全然人居なくて快適。

エンドゲーム二回目だけど、面白かった。ブラックウィドウとホークアイのくだりで一瞬寝落ちしてしまったけど(ごめん)。最後のクレジットはやっぱり大感動(エンドクレジット始まった瞬間に帰った人いたけど、ここを見ないって逆に贅沢すぎる)

 

相変わらずタイムトラベルの理屈は訳分からんけども、「タイムトラベルは過去に行くんじゃなく、"過去に行ったという未来"に行くんだ」というセリフにはボクも同感。パラレルワールドとか言っても自分という視点から見ると全て未来でしかない。それでも、キャプテンが過去に戻って生活したら、氷付けにされてる方のキャプテンはどうなったの?とかやっぱりモヤモヤしてる!(まあ、キャプテンが過去に行った瞬間にエンドゲームの世界とは違うパラレルワールドに入って、ラストシーンのキャプテンは別れたパラレルワールドから移動してきたって設定らしい)

 

終わったのが2時半。自転車でキコキコと帰る。それにしてもゴジラの続編のキングギドラのかっこよさよ。31日楽しみやね。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

5/16:政治家の仕事

最近、国会議員の人が「戦争」を話題に持ち出して党からバージされてたけど、当然だと思う。

 

こういう議員に「がんばってください」って言う人もいるけど。ここから一般論。そもそも、政治家の仕事ってなんだろう?って考えると…一番の根本は「国民の命を守る」ということだ。だから、国民の命を危険にさらす戦争は一番一番一番最後の最後の最後の最後の選択肢であるし(これは軍事力の放棄とは違う)、もしそういうことが起こってしまった場合は、政治家は「私の政治力の至らなさで皆さんの命を危険にさらすことになってしまったが、どうか力を貸して欲しい」と謝るべきだと思う。しかし、世の中の政治家が戦争が始まった時に持ち出すのは「愛国」なんだ。論点のすり替えだと思う。大体は愛国もくそもなく単なる利害で始まるというのに。

 

まして選挙で選ばれた政治家が軽々しく戦争を話題に持ち出すのは、もはや政治を放棄してるとしか言えない。運動家や専制君主のノリ。

 

 

そういう命を預かってる、という責任を一番感じて仕事をしている人は天皇陛下をおいて他にないんだけども。

こういうものを読んでいると、昭和天皇が国民を危険にさらすことを避けるためにすごく努力していたのがわかる(まあ、都合の悪いことは書かれてないだろうけども、ある程度の信憑性を感じる)。にも関わらず、戦争を起こすのは政治を失った政治家と、他ならぬ国民自身だというのもよくわかる(トホホ)。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ