☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

・キング・オブ・アイドルの最終巻発売中。大増ページ(定価アップ)でお送りします。

紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

・みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌「16bitセンセーション」の委託販売も行っております。90年代のゲームの現場を描いたお話です。現在vol5まで出てます。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線アイドルマンガ。しかも、女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高。ボクの棺桶に入れて下さい!メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。しかし、最後はいつものような内省へ…。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」最前線感溢れるケーキ批評の数々。もっと見たかった…。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だが、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。今でもトイレに置いて自分でも読み返してるお気に入りの作品。万子ちゃん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 21:04 * - * - * pookmark

1/20:好きとできるの壁って

プロットの進みが悪いんで16bitに切り替えたらスイスイ

やっぱりマンガってスイスイ描けるものであるべきだよね。直し続ける3話目。

 

夏が過ぎて、全く減らなくなったジンジャーコーディアル。

これを紅茶にいれたら、おしゃれなジンジャーティーになるかと思って、紅茶に入れてみたら辛すぎてのたうち回る。しょうがって辛いんだなぁ…と当たり前の事実に気づく。

 

お菓子や紅茶、死ぬほど摂取してるのに、未だに作る方は小学生未満。紅茶すら美味しく作れないもんね。一方、お菓子好きじゃなくても作れる人は作れる。何が違うんだろな。でもまあ、だからプロがいるんだろうね。

 

という訳で、プロ中のプロが作ったガレット・デ・ロアを食べる。

エーグルドゥース(^^)/

 

マロン味だよ。最高!フェーブ当たらなかった…。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

1/19:アラフィフのハイテクシューズ

最近蛍光の靴履いてる人すごい多いね。ブラジルワールドカップみたいだよ。

 

以前にアシックスの靴への憧れをブログで話したと思うけど、未だにアシックスの靴をずっとほしがっている。オニツカじゃなくってフツーのGELニンバス。

 

ニンバスって新しい21ってのが出てるけど、ニンバス20のが見た目がいい。渋い黒とテクノロジーの融合。ナイキの半分の値段。言うことなし。

 

ただナイキのヴァイパーマックスがさすがにかっこよくて気になる。

 

ナイキのエアマックス95が買えなくて、神ダサいエアマックス96みたいな芋虫履いてたボクとしては(なんか96は最近ダッドスニーカーとして再評価されてるのが笑える)、こういうスタイリッシュすぎるものを買うのはちょっと気が引けるな。

 

しかし問題は、外出しないんで新しい靴を買う必要性がないのだ。以前に買った高いスニーカー、20回ほどはいたところで加水分解しちゃったよ。もう家の中で履くしかないね。少し欧米人に近づいたよ。

 

しかし、80年代のアシックスシューズを復刻してくれたら絶対買うんだけど、今のダッドスニーカーブームって90年代ベースなんだよね。もうお父さんの世代が90年代に移りつつあるのがはっきりわかる。「ハイスコアガール」みても、スト2の時代ってこんんな三丁目の夕日みたいだっけ????って思うもんなぁ。90年代ですらこんなに遠くなってしまった、と平成最後の年に思う46才。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/18:エクソシストvsデーモン

今日も何だか一日中何だかしてた。

 

DOAXVV。無償ガチャ入りしたフィオナがやってきた。最近あやねのコスで爆死続きだった甲斐があったとゆーものだね。DOA6のベータテストも先日あったみたいで、YOUTUBEで見たけど、画面はキレイだよね。でも、乳揺れがあんまりなかったのがちょっと気になる。なんかDOA3みたいに普通のガチ格闘目指してんのか?みたいないらぬ詮索をしてしまうけど、発売したら爆揺れコスで、何なら炎上して安心させてほしいね。

 

 

Amazonプライムを久々に覗いたら、「グランドツアー」のシーズン3が始まっていた。

相変わらずとても面白い。日本の車番組は大体単に車のスペックや美しさをただ録るだけや、金持ちのイキり車自慢ばっかり、こっちは子供向けのチョロQ番組に異常な金を投下したようなバカ番組。メーカーからとんでもない高級車を借りてるのに、むちゃくちゃな使い方はするし、変な改造するし、値段が高いやら、これ買うぐらいならあれを買うだとか、欠点を容赦なく指摘する。何かと言うと競争。何かと言うと下ネタ。アンチエコロジー、アンチおしゃれ。これでもあっちのテレビなりの忖度があるんだろうけど、バラエティとして毎回爽快感がある。今回もかつては自動車の聖地だったデトロイトの廃工場でカーレースをするというイヤミな企画。

 

しかし、悪魔(ダッチチャージャー・デーモン)とエクソシスト(シボレーカマロ・ザ・エクソシスト)の戦いってすごいね。ほんと車好きのセンスって〜w いつまでも続いてほしいけど、どうも次のシーズン4で終わりの予感。どうなのかな。

 

それにしてもアマプラ、ブラウザだと使いにくいこと。字幕版から吹き替え版に気軽に切り替えられないし、自分が見た履歴がスっと出てこない。不便極まりない。ガマンしてあげるから「トップギア」の吹き替え版を作っておくれよ。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

1/17:"固定ファン"のみなさま

サンデーの打ち合わせ。

 

やっと少しページが溜まったので見せる。

直しになったけど、何とか誌面に載せられたらいいなぁ。

 

そこで担当さんから年賀状をもらった。

ビックリするほど沢山。神のみやってる時より多いじゃん!

天理の絵が効いたのかなw

 

でも、担当さん曰く「サンデーでこんなお便りが多い人、若木さんぐらいですよ」って言われて、嬉しいような申し訳ないような気分になる(今連載してないから)。昔担当さんから「若木さんは固定ファンおらんね〜」とか言われたけど、こうして見るといるんだべ、ねぇ!ひとりひとりにホーリーネーム差し上げましょうか?

 

マンガでお返しできたらいいなぁ。ボク、サイン会とかもやってないし、ツイッターも気まぐれだから。マンガ載せてないと死んでるのと変わんないかンね〜。とりあえず、年賀状のお返しします。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/16:熟成される東京03

 

東京03の動画をレンタルして流しながらキャラ表を描く。300円の元を取るために4回見た。

 

東京03はDVDボックスも買ったし、こないだのWOWOwでやってた新作も見た、Youtubeの動画も全部見てる。大ファンと言っていいけど、ほんと、東京03はコントの方向性はずーっと一緒。社会のなかの人間(ほぼ角田)の小ささと悲しさと懸命さを切り取る。毎年毎年ずっと同じ事をやってるに等しい。安定してるんだけど、一方である種のマンネリに陥りそうな危険もある。なのにずっと面白い。すごいなと思う。むしろメンバーが年をとってきて、演技がよりリアリティが出てきて良い感じになってきてる。それだけ普遍的なコントをやってるんだけど、最初からどんだけ老成した世界観で出てきたんだと思う。角田はもう小市民界の家元の領域。めちゃくちゃ面白い。あと、挿入歌の元ネタが何か考えるのも楽しい。

 

多分来年の新作も面白いだろう。ただ、20年後ぐらいになると、世界観の設定をメンバーの年齢が追い越してしまう。その時にはどんなコントをやってくれるんだろう。楽しみ。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

1/15:でもサナギにならないと超力も出せない

仕事場で着てるパーカーの静電気がすごい。

脱ぐとバリバリ音がして、電気が走る。脱ぐのが怖い。

 

イナズマンぐらいバリバリしてる。あれもこんだけ痛い思いしてるんかな。だとすると、イナズマン絶対なりたくないわ。

 

で、現在サナギマンのボク。最近、色んな打ち合わせが多くて、オーバーフローしてる。一つ一つの話し合いが全部中途半端。改めて自分は不器用だと思う。一つ一つを全力投球で終えてから、次に行った方がいい。イナズマンも最終的に全力出さないと勝てないもんね。サナギマンのままじゃ迷惑かけるだけ、と思ったので打ち合わせを減らすことにした…。

 

夜にステキなものをもらった。

 

なんと、仲良くしてる漫画家さんたちによる、キングオブアイドル終了記念寄せ書きだ。すごい豪華なメンバー!これはすごい。生きててよかった〜。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/14:1000円のプレゼント

明後日に顔を出す飲み会で「お年玉代わりに1000円のプレゼントを持ってきてくれ」と言われてどうしようか悩む。ええ大人が1000円ですごいプレゼントを用意できる訳もなく、何かしらの大喜利になってるんだろうけど、何かを買いに新宿へ。今更うまい棒100本ってのもなぁ。

 

悩んだ末に何かを買って、そのまま妹と合流。昨日の筋肉体操のせいで内ももがビリビリしてるけど、都庁前を延々と歩いて「モアザンベーカリー」へ。古いホテルをリノベしたおされホテル「The Knot 東京」のなかにあるこれまたおされなベーカリー。

なんか巨大な白パンがおいしそう。そこで、グリルドチーズという、チーズを焼いて挟んだサンドイッチを食べる。チーズのトッピングに「砂糖」をオススメされてかけてもらったら美味しくて!シュガーチーズホットサンドいける!!

 

それにしてもこのホテル、従業員も客までもおされ。なんやここ。客もエキストラちゃうかって思えてきた。おらの場違い感すごい。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

1/13:筋肉は裏切らないが己は裏切る

筋肉体操の第2シーズンが始まった。

今まで1を週2回ずつぐらいやっていたけど、今日初めて2の体操をやってみる。今回は前と同じようでいて、さらに負荷が高くなってるような気がする…。これは明日痛くなりそう。

 

ようやく…ようやく、年末年始に買った焼き菓子の山の終わりが見えてきた。食べたなぁ。こんなに食べててやせる訳がない。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/12:緊急検証TheMovieを見て

朝から、16bitの直し。暇を見つけてちょこちょこ直していく。

 

昼に出かけて緊急検証の映画見に行く。こんな企画の枠組も内容もCSのスケールの番組をスクリーンのサイズにして大丈夫かと思ったけど、CSの内容がスクリーンで流れてるだけでもなかなか面白かった。しかも、ユリゲラー大フューチャーや、ネス湖ロケ(2時間)敢行で、いつもよりだいぶ贅沢な作りになっていた。

 

まあ、この映画を初見で行くという人はまずいないだろうけども、映画見て思ったのは、結局オカルトは70年代の様式からは逃れられないのか…と。ユリゲラーを超える!と言って出てきたのがコイン飛ばせる中学生とか…なんかしょぼい…。70年代のオカルトって結局ホラ話と変わらないから、スケール感で昔の人と同じ土俵だと現代人に勝てる要素ない気がする。いつもやってる番組の方が新しさを感じたけどなぁ。ただそれでも、中沢君の日本の湖がネス湖に支配されてる!ってる話は、70年代のスケール感を現代的にアレンジしたエヴァンゲリオン的な新しさがあるんだけども。上映後の挨拶で飛鳥先生と中沢君が言ってた「中野区vs茨城オカルト紅白」はかなり見てみたい。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ