☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

キング・オブ・アイドル

連載終了しました。紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。総集編がでました。店舗の委託販売も行っております。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。ただ今開始に向けて準備中。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 18:38 * - * - * pookmark

9/12:ひねもすネーム

ネーム…

 

クレイジージャーニー…昔スペシャルで撮れ高なかった時もそのまま放送してたやん。あれでよかったのに。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

9/11:全裸監督

お待たせしました。お待たせしすぎたかも知れません。

全裸監督ついにみました。

 

こういうツイートでも正しいか正しくないか大もめになってしまうぐらいバズってるからね、今。

パラパラって80年代からあったと言う話だけど、「大流行」してたかどうかは???ボク実は知ってるんですけど、80年代に大流行したのはブレイクダンスっすよ(ソースは風見慎吾)!それかランバダの二択ですね。ディスコとか行ったこともないですけど。

 

全裸監督。いわゆる「AVアーティスト」としての村西監督の伝記としては、もう最高の一作だと思う。ボクは世代的にAVに手が届く年齢になったのと村西とおるの黄金期がシンクロしていたので、ダイアモンド映像のAVも黒木香も村西監督も鶴太郎の物まねも散々に目撃してる。多分僕らぐらいの年代の男性の95パーセントが「ナイスですね〜」を正しいトーンで言えるのではないか?

 

村西監督は、日本のリミテッドアニメの進化のように、モザイクや表現規制という枷のある日本のアダルトビデオのなかで「エロ」をより増幅させるシステムを次々生み出した革命家で、後世のアダルトビデオに残した影響はホントに大きい。まああのホラ貝は誰も受け継いでないけど。

 

そのボクから見ても山田孝之の村西とおる、森田望智の黒木香には拍手を送りたいほどの素晴らしさ。正直ネット配信サービスの日本オリジナルのドラマやアニメはイマイチぴんとこないものばっかりだったけど、これは一線を画した出来。これはAVという世界にアレルギーがないなら必見だと思う。

 

一方、「人間」としての村西とおるをどこまで描くのかというところは…個人的にシーズン2での掘り下げに興味のあるところ。村西監督の暴力がとんでもないとかは昔から有名だったけど(まあ、当時の体育会系の世界というのは似たり寄ったりだろう)、それと女の子を話術(応酬話法だっけ?)でAVにだして、会社で同居して一大ハーレムを作ってしまう闇の部分。ここを描くのかどうか。シーズン2でここの部分も描いたら、今の賛否の様相も大分変わるだろうね。許可ととってるとってないの話だと、Netflixの「マインドハンター」だって被害者にも加害者にも許可とってないと思うよ。ただこれは現実そのものであり制作者の覚悟があるのであれば、表現する権利はあると思う。もちろん抗議する権利もある。

 

そういえば、全裸監督の原作やってる本橋さんによる元イエローキャブ野田社長の記事のなかで、「当時のAVの勧誘は即金でポンとお金が目の前に出てくる(←ドラマのなかでもあった)。これは大きかった。表の芸能界ではそれはできない。」というくだりがあったけど、このドラマ自体が表のテレビ界がコンプラをどうやって切り抜けるか汲々としてるのを横目に出てきた「即金ドラマ」という印象がある。

 

それにしてもナビダイヤルの山田君の応酬話法式ネトフリ勧誘めっちゃ面白かった。最高だわ。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/10:ブレードランナーIMAX

IMAXでブレードランナーが上映されるというので、としまえんで見てきた。

 

ほんとは画角が最適らしいグランドシネマサンシャインに行きたかったけど、近いし会員だしとしまえん。

うん。

 

もう何遍も見てるんだけど、毎回寝てしまう。今回も途中寝てしまった。なんで寝てしまうか自分でもよくわからないんだけど。

 

ビューティフルドリーマーも攻殻機動隊も、それに続く作品も何もかも、これがなければ生まれなかった。間違いなく傑作は傑作なんだけど、ぶっちゃけた話すると、最初に存在したデッカードの語りがなくなった以降のバージョンはすんごく内容がわかりにくい。主人公が何を考えているのかわからないので、時々退屈になっちゃう。

 

だからして、物語で一番力があるのはレプリカントのロイバッティなのだ。この映画に存在すべき理由の塊みたいな存在。この人こそが主役。こないだなくなったばかりのルドガーハウワーの見事な演技がIMAXでさらに迫力を増していた。あと、この映画のもう一つの主役ヴァンゲリスの音楽。これもIMAXでど迫力パワー。家で見てるのとは訳が違う。これは2000円払ってIMAXで見る価値は十分にあった。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/8:何事も馴れ

体調悪い…2日連続でライブ言ったらテキメン。

 

そんななかでさらに体調が悪くなりそうな、水木しげる先生の戦争物のマンガを読む。

 

水木先生は戦争に参加してた当事者としてのマンガを描ける数少ない存在ではありますが、そのなかでは慰安婦とかも普通に出てくる。マンガ家だから大いに脚色はしてると思うけど、それでも、こういうことは普通にあっただろうと思う。

 

このマンガのなかで話題になっていた「100人斬り記事」の話。日中戦争の時に日本の軍人二人が何人中国人を切れるか競争したという記事。これは後から実はなかったとか言い始めてるけど、講演で斬った本人がとくとくと語っていたようなのである程度実話だろう。

 

というより、仮になかったとしても、これが新聞記事となり、その行為を責めるどころか「勇ましい」として読んでいる人たちは喜んでいたのだ。これが攻め入る側のメンタリティというものだろう。リスペクトなんてあったら攻め込めやしない。こういう行為を国民が喜んでいる背景があるなかで、当時イケイケの塊だった軍隊がどういう行為をするか想像するのは難くないところ…。戦争で攻め込んだ側というのはどこの国でもめちゃくちゃやってる訳で、そのなかで日本人だけは特別立派だった…なんてことはないだろう。戦争はよくない。そこを論じるべきで、ひいきの引き倒しで「何にもなかった」となると新しい戦争が生まれるだけだわ。

 

なんてこと思いながら艦これを始めるわし。

これも最初は「女の子を戦わせるなんて、提督は酷いヤツだ!」とか真剣に思ってたけど、何とも思わなくなったね…。人間というのは適応するもんだね。何でも。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

9/7:同窓会みなとみらい

東山さんのコンサートに行く。

 

ボクに似つかわしくないみなとみらい。ケーキも売ってないし。

コンサートは大盛り上がり。パシフィコ大ホール2Daysだって。すごいなぁ。ボクは武道館で何となく気持ち的に色々整理できたところもあって、今回はすごくクリアな気持ちで見れた。かのんちゃんの歌が流れるって聴いてなんだろ〜っと思ってたけど、実際聞き逃しそうになったよ。ああいう形で出てくると思わなかったので。でも、あれでいいと思うよ。今回のライブは招待を受けていたんだけど、もうビックリするほどいい席で。ありがたいやら恐縮するやら!

 

帰りは酒巻くんと松田Pという、なんか見慣れたメンバーによる食事会をして帰りましたとさ!来年は10周年だって…。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

9/6:永遠の達郎

子供の頃、ラジオ体操とか、踏み台昇降やらされてる意味がわからなかったものですよ。

 

「これ何の意味あるの?」

 

だって、いつまでも続けられるんだもん。子供の頃は身体も軽い。しかし、47才という年齢になるとラジオ体操の大変なこと!腕を振ったり、身体を曲げるだけで、身体中から異音がミシミシいいよる。例えば漫画家でも、年を取ると絵が変わる人も出てくる。老眼や、握力の問題。特にアナログの場合は影響があるかも知れない。

 

というように、若い頃と同じようにやろうと思っても、できなくなってくるのです。

 

しかし、還暦を大きく過ぎても、若い頃と同じステージを未だに敢行しきっている偉大なアーティストがおるわけですよ。

山下達郎!

 

最近ユーミンだのカシオペアだの、自分が若い頃聞いていたアーティストのコンサートを初めて見に行くみたいなことやってるけど、レジェンド度でもチケットの取りにくさでも最高峰の達郎。何しろ3000人ぐらいのホールでしかやらないから、ほとんど常連で埋まってしまう。まさか行ける時が来るとは思ってなかったよ。

 

NHKホールはやはりおじさまおばさまで一杯。ボクでも若手。隣の席の人は相続の話をずっとしてた。なんだろなぁ。この雰囲気のなかでボクは相当に緊張していた。名人落語家の高座を見に赴くような縮こまる気分というか、ボクがこのプラチナシートの1席を埋める資格があるのだろうか…と。

 

その限られた人のみが見に行けるコンサートの世界は…まさに想像を絶するものだった!

 

1曲目のSparkle→あまく危険な香り→ドーナツソングからもう驚きの連続。とにかくバンドの演奏が巧い!生き物のように息づかいを感じる演奏。そして歌声!レコードと同じ、いやレコードよりもさらにすごい。声量が溢れかえってる。渋谷への道すがらライブアルバムの「JOY」を聴きながら行ったんだけど、30年前のライブに全く負けていない!当然ながらオリジナルキー。原曲キーにこだわる人はいるけど、やっぱり年とともに苦しくなるからフェイクにしちゃったり、高音に上がる前にテンポ遅れたりしちゃうもの。それが全くない。声帯って鍛えていれば衰えないって池田理代子先生がおっしゃってたけど、筋力の問題とかもあって、カシオペアの野呂さんですら、ギターのリズム感が甘くなってしまう。それがある意味、年齢の味というものだ。でも、達郎さんはキーも縦のリズム感もばっちりあってる。

 

3曲目のドーナツソング。冒頭のボディドリーですぐに「あ、ドーナツソング!」ってわかるのに、歌が始まらない。代わりに始まったのが、「さよなら夏の日」。そこからドーナツソングに戻って、中盤ではハンドクラッピンルンバ〜福生ストラット〜ノット・フェイド・アウェイ〜ウィリー・アンド・ザ・ハンド・ジャイブとボディドリーリズムにひっかけたリレーを織り込みながらの演奏!何これすごい〜。

 

何でも達郎さんは60才すぎて大分丸くなったそうで、セットリストも話し方もサービス精神満点!大滝詠一さんのことも今では大分自然に話せるようになったと言うMCから、大滝詠一の曲、しかもなんと「君は天然色」がスタート!一番有名なところ…素直に嬉しい。しかも恐ろしく巧い…。

 

円熟味がありながら、若さ、みずみずしさ、好きな音楽に出会えた時の嬉しさを同時に感じられる素晴らしいステージ。こんなすごいものを限られた人しか見られないというのは本当に残念。でも、達郎氏はクリックなし、プロンプターなしにこだわっているので、この大きさの場所でしかできないんだろう…。

 

本編最後はもう超グランメゾンな展開。「LET'S DANCE BABY」から途中に竹内まりあメドレーをはさみ、そのまま「ハイティーンブギ」へ突入!そして最後の曲の「アトムの子」から途中に演奏されるのは「アンパンマンのマーチ」!!もう開いた口がふさがらない…。

 

こうして、あらゆる音楽、そして技術を網羅したショウが終わった。アンコールまで全くもって同じパワー、同じ声量でやり通す達郎さん。どういう鍛錬を積んでいるのか。MCでは年を取ったことにまつわる話をするものの、ステージでは最後まで息も全く切れない。プロとしての鉄の意志を感じた。しかも、そのなかにメッセージもあった、「最近世界に争いが絶えないからせめて音楽で明るい気持になってほしい」。アトムの子とアンパンマンマーチが最後に来たのは、達郎氏の平和への願いだったんだろう。

 

個人的に達郎さんを初めて認識した「土曜日の恋人」とアルバの連載準備の時にトラウマレベルに聴いた「ドーナツソング」が聴けたのが嬉しかった。でも、一番好きな「スプリンクラー」を聴けなかったことは心残り。これで冥土の土産のつもりだったけど、一生でもう一度いけるようにこれからも応募し続けよう。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

9/4:メキシコって犬だらけ

ネームができずに、延期してくれとお願い。

最近アウトプットばっかりしてて、全然浮かばない。

 

 

インプット。

遂にNetflixの「ローマ」を見た。

 

冒頭のクレジットだけでも傑作の匂いのする映画。アルフォンソキュアロンもアイデア一杯持ってるなぁ。昔のレアリズモ映画みたく、ほぼ素人の女の人が主役で、生活が淡々と続いてくお話。主人公がほっとんど話さないで、実にTANTANと進んでいく映画で最初はどうなんだこれと思ったのに、最後のシーンでは自分が大層感情移入していたことに気づいてしまった。「だからこの映画ってなんなんだ?」という部分をあんまり言わない映画なのでアレだけど、白人の下にいるメキシコ人とストリートのメキシコ人の描き方にちょっとバイアスがあるので、深掘りすると結構賛否が分かれそうなお話。

 

でも、ハイレゾの白黒映画ってのが感触的に面白かった。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

9/3:ワンスアポンアタイムインハリウッド

楽しみだった、タランティーノの新作を見る。

 

これからネタバレします↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しかった。もうタランティーノ巨匠の雰囲気というか、映画に確固たるストーリーがある訳じゃなく、1969年のハリウッドという舞台で虚実溢れるエピソードが一つ一つ結構な長尺で楽しめる。だからして、楽しみは見ている人がそれぞれに見つけたらいいと思うんだけど、ボクが思ったことをランダムに言うと。

 

・ブラピもレオ様もほんとにいい顔になってる!特にブラピ!

・ハリウッドで最もかっこいいのはスタントマン!

・またもタランティーノの好きな映画の話を存分に見せられる!

・またもタランティーノの性癖(生足)を見せつけられる!

・子役の娘のかわいさがとんでもない。それをまた昔天使だったレオ様が絡んでいくのもいい!

・ナチ、差別主義者の黒人、に引き続き、マンソンファミリーを今度はパニッシュ!

 

特に最後のくだり、もうこの映画を見る人は全員知ってるという前提のシャロンテート殺人事件(映画内でマンソンファミリーの説明は全くなし。マンソンなんて一瞬しか出てこない)、それをああいう形で阻止し、「ハリウッドの昔話」が続くエンディングで終わる。これはステキだった。これはタランティーノ以外がやったらトンデモ映画扱いされるかも知れない。ここに至るまでの伏線も独創的というか、伏線を散々ばらまいて使わないとか、ブラビの妻殺しの話も印象的にコナかけて結局なんもなし。これは「天気の子」のピストルとは全く違う確信犯という気がした。まあ、ちょっともてあそびがキツいなって感じもあったけどw

 

帰ってきて、早速映画内でシャロンテートが見てた「サイレンサー第4弾/破壊部隊 」を見てみたけど、すごいクソ映画だった!

wakakitamiki * 映画 * 02:20 * - * - * pookmark

9/2:逃げろとゆーけどもね

よくツイッターとかで、辛かったら逃げていいんだよ。って言うけどね…病気になるような場合は別にして、逃げてばかりもキツい。人生ってのはある程度はしんどい目をしないと生きていけない。ボクは色々逃げまわっていたけど一度逃げるとクセになる、それはそれで苦しかった。どこでがんばるか。自分が何をやりたいのか、逃げた先に何があるのかちゃんとわかってないと。特に、勝ち組の逃げろは信用できないわ。

 

とりあえず、ケーキ食べて幸せになる。

今伊勢丹のマパティスリーはメゾンジブレー。アイスケーキで有名なグラッシェル出身のシェフさん、なので、フルーツが美味しい。すごい食べにくかったけどw

 

カシオペア行く前に食べた、パスカルルガックのパフェがこちら。

パスカルルガック初めて行ったけど、売りのチョコパフェが売り切れて、季節のパフェ。二種類の桃を使ってあって、色々なものが渾然一体となって、食べる度に違う味。美味しい。ドリンク付きで3000円だけど、1年に1度ぐらいならいい体験かも知れない。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ