☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

結婚するって、本当ですか

ビックコミックスピリッツにて、3/16より連載。平凡な人のラブコメです。

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。総集編がでました。店舗の委託販売も行っております。

ツイッターにて、1話を無料で公開してます。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。曲関連で神のみでなじみのメンバーが多数参加されてます。ただ今開始に向けて準備中。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 18:05 * - * - * pookmark

3/31:ソロワーク

素朴な疑問として、コロナにかかったら、一人暮らしだけじゃなくって家族が居る人も自宅待機になっちゃうの?だったら、買い物とかどうするんだろ。amazonフレッシュとか利用しなきゃならんのかな。そう思うと普通に活動しちゃう人多そうだよなぁ。

 

なんて思いながら今日はカラー。今週カラー3枚のはずだったけど、コロナで一つ飛んで2枚になった。テレワークで原稿遅れまくってるので、ちょっと助かった。と思ったら来月のカラーが2枚増えた。色々戦々恐々。一人作業はほんとペースが遅い。

 

作業しながら韓国映画。

韓国映画入門ウィーク実施中。

「哭声/コクソン」

 

これまた傑作だよ。最初はただ不快なだけのエクソシスト映画かと思ってたら、そこからどんどん深い世界へ刺さっていく。長い映画だけど、それだけの価値があった。それにしても釣りをしてるだけでも怖い國村準。やっぱり韓国の人でも國村準は怖いんだね。

 

この前には「JSA」も見たんだけど、こっちもよかった。ただ、こっちは例の演歌的な情の世界が強くてボクの苦手な韓国映画だった。でも、こっちのコクソンは描写が鮮烈かつドライで大分好みだった。論理的な人はつじつまあわせで苦労してるみたいだけど、見てる人が決めたらいいというテーマで、論理性がないのはむしろロジカルでは?韓国映画はまず作りたいものありきという感じで、一つ一つのシーンの説得力はすごかった。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

3/30:志村という大地

志村けんが亡くなって、仕事が手に付かないのでブログを書く。

 

こういっちゃなんだけど、ドリフのなかで志村けんは最後まで残ると思っていたよね、グループでは若手だから。

 

今日からしばらくあらゆるメディアで志村けんの話がでるだろうけど、とにかく志村けん、そして加藤茶はボクらが生まれた時からずっとテレビにいて、ボクらに笑いの基本というのものを植え付けた人達。その存在はいわば、面白いとか面白くないとかを越えた、「大地」のようなもの。

 

「ひょうきん族」を初めて見た時に驚いたよね、ドリフと余りにも違うから。楽屋落ちやシュールをそこで初めて覚えた。それはドリフといかに違うことをやるか、そういう若手の革命だった(といっても志村とビートたけしは同世代だけど)。そのひょうきん族も結局「加トちゃんケンちゃん」に再び飲み込まれる。志村けんの原初の笑いが常に基本としてこの世には存在して、だからこそ、そこからどう違うことをやるか…これが80年代90年代のお笑いの大テーマだったような気がする。

 

ボクはある程度の頃からドリフやバカ殿で全く笑ったりすることはなくなり、ダウンタウンの笑いで人生の大半を過ごしてきた。でも、ダウンタウンを面白いと思う気持ちのなかに、ベタからの距離感というものがあった。まず、ドリフありきなんだよ。志村けん、ダッフンダ、あいーんありきなんだ。松本人志も一番とがっている時でも志村けんをリスペクトする人にあげていた。ボクらの心にはずっと志村けんがいるし、ずっとこの先も残り続けると思う。

 

合掌。

wakakitamiki * ふとした話題 * 10:35 * - * - * pookmark

3/29:Mrシェルター

DASHカレー上手そうだったなぁ。

でも、器まで自分たちで作ってるというのに、米炊くの電気だったのが面白かった。自家製の羽釜でも使うのかと思ったら。あれは萌えポイントなのかな。

 

それにしても在宅自粛であっても、全然変わらない生活。もともとほとんど外出ないし、外の空気が吸いたいとも思わないし、誰かに会いたいとも特に思わない。メシとお菓子さえあれば何日でも行けそう。もう20代からこんなんだからね。

 

それでも、実家の妹の話を聞くと外で勤めてる人は大変そうだ。会社も休めないし、行ってうつしたりしたらもう会社で居場所なんてないし、怖い怖い言いながら電車乗って行ってる。そういう人達を家から出る必要のないボクらが「なに考えてんだ!」とか言うのもなぁ。お上が会社止めてあげて。でも、会社に行かなくなったらなったで収入だの戻って職があるのか心配だろうし、相当イライラが募るだろうね。

 

ボクなんかは文句言わずおとなしくやっとれって感じだよね。何も被害ないんだし。とはいえ、在宅でスタッフに指示するのは週刊の時間のなさではかなりきつい。これで追い込みとかやったらボクの負担がとんでもないことになるんじゃないか。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

3/28:テレコミック

作画作業一日目。

 

今週はオール在宅で作業。うまくやれるかな。ネームで苦労したせいで既に遅れ気味。でも、コロナの影響でカラー仕事が1枚消えた。残念だけど、この状況だとありがたい。

 

作業しながら、ポンジュノ監督の「殺人の追憶」を再生。

「パラサイト」がよかったので、監督の過去作をブルーレイを買ってしまった。見たけど、これも面白い。というか、パラサイトを同じ流れの映画。コメディタッチで入っていって、そのコメディがやがて悲しく怖いものに変わっていき、そして最後は怒りで終わる。最初はずっこけ刑事ドラマみたいな雰囲気で「ははは」なんて言ってたのに、そのずっこけ度合いが段々怖くなってきて、最後はムカムカしてくる。それがつまり、自分の国の過去であったり、自分自身の所業であったり。そういう繋げ方も上手い。ほんと鮮やかだわね。

 

それでも、「パラサイト」は大分洗練されてるような気がする。「パラサイト」は昔のボクのイメージであった韓国映画ならではのくどさを感じなくて、こんなスマートな映画作るんだなあ今は。って思ってたけど、この殺人の追憶はかなりくどかったw1時間ぐらいで十分イライラMAXではよ解決せぇ!って感じなのに、そこからさらに1時間イライラを重ねてくる。いやー疲れた。

 

でも、最後のシーンはパラサイト同様すごくよくって、さらにこのポンジュノの映画見てみたくなった。

wakakitamiki * 映画 * 23:07 * - * - * pookmark

3/27:買いだめケーキ

都内の外出禁止をうけて、スーパーでの買い占めがやっぱり起こってるそうで。でも海外のロックダウンした街でもスーパーの買い物はオッケーだし、公園に散歩だってできる。そんな焦ることはないだろう。

 

ただ、週末の作画作業はスタッフさんも在宅でやることにした。今週はスケジュールに余裕があるので丁度よかった。締め切り直前だったら全員集合でやらないといけないところだった。

 

ボクは昨日エーグルドゥースへ買い物。土日のお菓子はないとヤだから。

エーグルドゥースも今やアルコール消毒しないと入れない。

 

サヴールというイチジクとチョコレートのケーキ。イチジクはドライじゃなくって生。イチジクのタルトとかは食べたことあるけど、こういう感じで生のイチジクって珍しいね。おいしい。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

3/26:Detroit: Become Human

艦これのイベントなんとかクリア。

今回のイベント全然モチベ上がらなかったから支援とか出さないでやったらバケツ120個ぐらいなくなってしまった。疲れるだけであった。

 

それに変わって新しいゲームを始める。

 

Detroit: Become Human

 

 

これは前のスタッフさんの福竹ちゃんにずっと前から強く勧められたゲーム。「HEAVY RAIN 心の軋むとき」の会社の新作。アンドロイドが人間世界のなかで生活するという設定はよくあるけど、複数のアンドロイドがプレイヤーキャラというのは新しい視点。毎度ネトフリのドラマを見ているような哲学的で現代的なドラマ作りをしてくれていてとても面白い。アンドロイドと人間の違いがモデリングからしてよくつくってある。

 

ただ、ここ会社のユーザーインターフェースが毎度メンドイwなんか話を進めるために色々やらされるんだけど、結局のところ子供だましのボタン操作で、QTEでしかない。Aボタン連打でいいよ、って感じあり。

wakakitamiki * ゲーム * 21:36 * - * - * pookmark

3/25:巣ごもりDoaxvv

なんかDOAXVVどうしちゃったの。爆速になってるじゃないですか。今まで何をしてもモッサリしてたのに。

これがサーバー移転の威力。さゆりさんのリアクションもさくさくですよ。これで周回もしやすいわ!

 

今日はプロットとネーム。もう一日眠い…。

 

にしても、都内土日外出自粛だって…?

なんか中途半端だなぁ…本気で撲滅したいんなら他の国みたいに3週間やるべき。土日だけやっても、もう今更何も違わないような気が。いたづらに買い占めだけが起こるような気が。

wakakitamiki * ゲーム * 23:59 * - * - * pookmark

3/24:にゅうまんパン祭り

朝までやって原稿完成。

 

そのまま打ち合わせ。描きため分があったので、打ち合わせ自体すごい久しぶりだ。

 

打ち合わせが終わったあとは新宿NEWoManへ。ここではパン祭りが4月15日ぐらいまでやってる。新宿はのどか。こういう人手が少ないからパン祭り売れないのかなと思ったら昼の時点で1店売り切れ。売れてるんだなぁ。

 

いつもサワムラばっかりだから、サワムラは避けてロブションとonkaという経堂のパン屋、それにパン祭り関係ないけど京王のジュウニブンベーカリーで買って帰宅。

 

イチゴパンの饗宴。でも見た目がマックスだったなぁ…wやっぱりサワムラがええわよ。ただ、ロブションのメロンパンはもう別格的に美味しかった。あれはすごい。

 

NHKスペシャルのコロナウィルスの回を見る。全体的に政府のやり方を肯定する内容で、要するに今のままでいいから従えってこと。ほんまかいな。もうちょっと検査した方がいいと思うけどなぁ。イギリスはゆるい対策やめちゃったけど。まじで集団免疫的な路線でいってるのかな。

wakakitamiki * お菓子 * 23:30 * - * - * pookmark

3/23:「結婚するって、本当ですか」第2話

 

スピリッツ発売日。

「結婚するって、本当ですか」2話です。このタイトル略しにくいよね、ボクの作品ファイル名は「結婚」になってますけど、なんか考えたい。早くも1週間…。週刊連載って早い。まあ、これがいいんだけどね。

 

さて、この物語の舞台となっているのは旅行代理店です。旅行代理店ってのは、とっても人気のある職業だそうですな。でも、実際のところ旅行代理店の仕事はとっても忙しく、給料も安くて結構ブラック。ボクもラスベガスに行った時にはフルタイムの通訳の人に付いてきてもらいましたが、旅行というのはハプニングの連続で定時という概念がありません。だから離職率も高くて…結果、若くて熱意のある人達しか残らないとも言えます。

 

だから、旅行会社ってのは陽キャばかりで、コミュニケーション不全の人間なんておらん。なんて思っていたら、意外と静かだったり気むずかしかったり一人が好きだったり、そういう人も実際にいるのです。リカやたくやのような人間もちゃんと存在しているのです。

 

そして、旅好きだからって海外に住みたい訳じゃない。これも事実でありますw住んじゃったらもう旅じゃないので。寒いところや、娯楽のないところはやっぱり行きたくないのであります。(逆に現地人みたくなっちゃう人もいます)

 

さて、二人はイルクーツクに行かずに済むのでしょうか?

wakakitamiki * 結婚するって、本当ですか * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ