☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

キング・オブ・アイドル

連載終了しました。紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。総集編がでました。店舗の委託販売も行っております。

ツイッターにて、1話を無料で公開してます。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。ただ今開始に向けて準備中。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 10:43 * - * - * pookmark

1/24:バトンリレー生放送

 

今youtubeのトップページでバトンリレーの広告が出てますよ。

 

自分の絵がこんなところに出てると恥ずかしいね(いくらかかるんだろ)。25と26に生放送か。しかも明日とかすごい長いことやるけど、何やるんだろ〜でもベルサールに行けなかったから、楽しみにしておこう。

 

今日も作画作業。

 

ガガガのノベルをやっと読み終わる。長かったけど、面白いものが多かったので大半楽しかった。その後、思いついた新しいスケッチを作って、担当さんに送る。連載準備の息抜きに新しいネタ作りよ。企画だけはボンボン浮かんでくるんだよね。取り組むと大体ボツになるんだけど。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

1/23:作画作業

今日は原稿。

 

スタッフ候補の人に入ってもらって一緒に作業。

 

最近の若い人はみんな調和型というか、内気だけど優しくて難しいところもなくて、誰を誰と組あわせても問題なさそうな人ばかり。そのくせマンガ描くと結構えらいダークだったりするんだけどw昔は漫画家目指してるような人は本人も自己主張がすごかったけど。

 

それだけに誰を採用するか本当に迷う。みんないい子だから。

 

おやつはホレンディッシュカカオストゥーベのバームクーヘン。

美味しい。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

1/22:1歩下がって2歩進む。

連載とはまた別の打ち合わせ。

 

ここの打ち合わせはどうもアウェー感がある。アイデアを出しても、良いとも悪いとも言われず何となくフワッと採用される。もっと力を発揮したいんだけどなぁ。焦る。

 

でも、ボクのやれることは大体終わってしまった。後はもうその道のプロに任せる。

 

帰りに伊勢丹のマパテを覗く。今週はジルマルシャル。見た目に趣向をこらしたケーキが並んでる。ただ、食べてみると美味しいんだけど、昨日のエルメがすごい美味しかったせいで、どうもボンヤリ…。見た目はいいんだけどね〜。

 

その後、メールで新しい企画の話をもらったので、とりあえずネタだし。

 

1つ片付いたらまた1つ始まる。ボクは新しいネタ考えるの好きだから、打ち合わせはどんどんやってしまう。でも、問題はネタ出しの時点では全く全然お金は入ってこない。だから打ち合わせを抱えれば抱えるほどお金が出ていくだけになる。そう思うと話すことでお金が入ってくる講演会とかいいよなあ〜。

 

バトンリレーは絵の仕事だから即金だけど。漫画は原稿にならないとお金が出ないし交通費も経費も出ないからね〜。原稿に入っても忙しいとアシスタント使うから原稿料はその代金で消える。単行本になったとて印税1割だし、今や仕事の数を抱えるほど貧乏になるね!打ち合わせにお金が出るか、モノクロ1ページ3万とかいただかないと全くペイしない。ん〜でも、新しいネタ考えるの楽しいんだよねぇ〜。誰か描いてくれないものか。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

1/21:エルメはやっぱり美味しい

今日も色々作業。

 

久しぶりに食べたエルメのケーキが美味しかった。

今エルメは時期的にチョコをフィーチャーしてるんだけど、その中の「タルト アンフィニマン ショコラ オ レ」。これは大層美味しかった。やっぱミスドのあれとは値段も味も訳が違う。ツイッターで上げたカシスのババも美味しかった。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/20:フォードvsフェラーリ

ボクは映画のこととかぐだぐだブログで話ししてるけど、映画マニアでもなんでもないんですよ。だって、ジェレミーレナーとマーティンフリーマンの顔の区別も付いてなかったんだから、こないだまで。それを黒丸さんに言ったら「そもそもマーティンイギリス俳優だし!」って言われた。ちょいまて、顔の区別もついてないヤツに国籍で区別しろとか無理難題ゆーなや。訛りでわからんか?ということかな。こういう目線が映画好きの目線なんだろうね。

 

 

という訳でワタクシは、

「フォードVSフェラーリ」のマットデイモンもエルトンジョンと区別つかないのです。

 

今日見てきたけどこのポスター渋いね〜。スティーブマックイーンみたい。

 

とにかく車好きにはたまらない映画ですわね、これは。車の爆音ときしみ、ブレーキ音の迫力。ファーストマンの時も思ったけどこんなヤワい缶詰みたいなものに乗ってよく24時間も走れるよね。300キロとかで。正気の沙汰じゃない。クリスチャンベイルがとにかくかっこいいのよ。例によって突き詰めたキャラ作りでね。

 

でもまあ…150分もあって、もっと面白いはずの映画だったように思える。どうも作り手はケンマイルズという主人公のコンテンツとしての魅力に不安を感じている(?)のか、ベタな対立関係を史実よりも大分脚色して入れている訳。なのに、細かい部分の説明は「察して下さい」みたいなものが多くて、ベタにしたいのか渋くしたいのか舵取りがデコボコした印象があった。最後とかもっとうおー!ってなってもよかった気がする。ともかく車は最高。フェラーリのラスボス感もよかったし、シェルビーコブラもフォードGT40もかっこいい。

 

なんか車が威勢がよかった時代だね。今でも世界的には車はバンバン売れてるけど、こういうスポーツカー需要というのはどうなんだろうね。もうエコの時代だし。去年の漫画家が集まる忘年会で、ある車好きのフィギュア原型師の方がボクに駆け寄ってきて、

 

「若木さん!エラいことですよ!こんなに漫画家がいるのに、車に興味のある人が1人もいません!」

 

ですと。確かになぁ…昔は漫画家と言えばメカ好き。映画好き、刑事ドラマ時代劇好き、そしてクルマ好きだった。でも、今の仕事場のスタッフとか全然だよ。クルマどころか、テレビもみないし、映画も見ないし、好きなのはソシャゲとYOUTUBE。時代の変化。ボクもまさか自分免許を持ってないとは思わなかった。よろしくチューンナップできないじゃん。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

1/19:ウェスタンデジタル

今日はとんでもないことが起こった。

 

ハードディスクがとんだ。

しかも使い始めて1年も経ってない。

 

久しぶりにこういうことが起こるとショック。HDDって最近全然故障しなくなったから、油断に油断をしていた。まあ、本当に大切なデータは入ってなかったし、1T分ぐらいしか使ってなかったからね。こういうことあるとウェスタンデジタルのHDD買うのイヤになるけど、かといってSEAGATEとどっちがいいかと言われると…。そうして敢えなくもう一度WDのHDDを買った。しかも4T。もう3Tと4Tの価格差ほとんどないんだもん。今度は5年ぐらいは持って下さい。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/18:ホットガラムマサラ

今日は1人で作業。

新しい場面が一杯出てくるから、設定を作らなきゃいけない。

 

なんか突然とち狂ってカレーを作ってしまう。

ストレスか?

どうしたと言うんだろう。この俺様が料理とは。

しかも辛い。ものすごく。見た目は美味しそうだったけど。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/17:塩ラーメン

マンダロリアンの新エピソード。まるっきり七人の侍。スターウォーズってこんな世界もできるの。しかし、AT-STがラスボスとは10年早いでしょ。イウォークごときに倒されてるよーな雑魚だよ。

 

今日も新しいスタッフ候補の人がやってきた。

早稲田の学生!

なんとまあ、すごい賢そう。難しいマンガを描いてる。聴いてみたら「ベルクソンから発想した」だって…。どうですか、ベルクソンでマンガ描く人がいますか。絵はまだまだだったけど、漫画が面白いので来てもらった。

みんなでラーメンを食べに行く。まだレギュラーに決定した人はいない。ボクも頑張る。みんな頑張る。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

1/15:また寅さんブーム

新しい寅さん映画は見てないんだけど、NHKで「贋作男はつらいよ」なるドラマが始まってる。山田洋次脚本の大阪を舞台に移した新作寅さんだ。これは見てみるとびっくり。昔と全く何も変わらない、いや変えないままのドラマが繰り広げられている。あんなおっさんに話しかけれたら普通警戒するでしょ、若い女性は。それなのに「ねぇ、寅さん、聴いて!」と来る。そしてあののんきなBGM。なんとまあ。


それにしてもこの安心感。むしろこういう安心感って、今の時代の方が求められてるかもね。なんかこう「いだてん」を見てて思ったことだけど、見てる人を驚かせる能力を作り手は求めてしまうけど、見てる人が完全に予想できる展開をひたすら続けてしかも満足させる能力の方が実はすごいと痛感。

 

このドラマのせいで、むしろネトフリの寅さんをまた見続けてしまった。

 

毎度1から8までしか見ないんだけど。

こういうものがボクもやりたいものなんだよね、この「恋歌」のりんどうの花の家族のような…。でも自分で描くネームは超能力者とかばっかりだよね。まあ、人には「分」というものがありますからな。

 

 

青山先生に「どうしてコナン君はずっと同じ展開なのに面白いんですか?インフレしなきゃ〜みたいな不安になりませんか?」とかあだち先生に「ああいうすごいネームってどれぐらい計算して描いてるんですか?」とか伺ってみても、答えはいつものらりくらりというか…w結局「自分が好きなことを描いてたら自然とこうなった」という主旨になる。でも、自分の好きなものを描いた結果受け入れられなくて妥協してる人間がほとんどなんすよね。好きなことで食べていくというけどもさ。こういう身にとって、寅さんはしみる。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ