*/*クソ長い告知コーナー

<告知>

「なのは洋菓子店のいい仕事」

★最終巻第7巻 発売しました!

詳細は→こちらです


小学館の新マンガアプリMangaOneで
思索マンガ
「ねじの人々」連載中。最終回が配信されています。
裏サンデー:http://urasunday.com/neji/index.html

★最終巻は2月発売です。

 

2016冬コミに参加しました(過去形)。

詳細はこちらです

 

 

MANGAONEのマスコットキャラ「ノンブル」のデザインもしております。
「MANGAONE」では「神のみぞ知るセカイ」も無料公開されています。

 

神のみぞ知るセカイ女神篇ブルーレイボックス発売しました!

 

アイドルマスター10thアンソロジーにモバマス漫画寄稿しております。

 

「DEAD OR ALIVE」のDLCコスチュームのデザインをやりました。!これまた僕がデザインした無料版500万DL記念のあやね&かすみコスも無料配信中です。

https://www.gamecity.ne.jp/doa5/lastround/top.html

 

神のみLINEスタンプが12/26に発売されました。
外注はせずに、全て自分で描きました。LINEストアで「神のみ」で検索してみてください。


アニメ神のみブルーレイ発売中
長くみれるアニメをお求めの方に。豪華おまけ付き。
アニメ公式サイトはこちら→http://kaminomi.jp/index.html

音楽関連既発カタログ。スタジオに入り浸りました。人生の絶頂期。


単行本既刊もよろしく!↓


wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 23:52 * - * - * pookmark

1/16:1/2侍

ねじの本文の直しをスタッフさんも交えてやる。

松尾氏とやんだ氏。スタッフ半分になってしもた。

 

エーグルドゥースのケーキで歓迎。

うわー相変わらず美味しい。時間経ってるのに。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:45 * - * - * pookmark

1/15:シャッターを押す手も凍る

寒い…とにかく寒い…

 

そんななかで街に繰り出し、写真撮影。

次の連載に向けての準備のためだけど、よりによってどうして今日だったのか。街に人が繰り出してる時がよかったので日曜日に自分も出かけてみたものの、こんなに寒かったら、誰も外でないだろうってなー。

wakakitamiki * ふとした話題 * 17:51 * - * - * pookmark

1/14:最後のねじ回し

ねじの単行本作業を再開。カラーの分はもうできているので、本文とメッセージペーパーを来週半ばまでにあげる。相変わらず、時間が経つと、自分でも難しい内容。

 

ねじの感想は「面白い」という人と「難しすぎてよくわからない」という人がいる。多分、「面白い」と言ってくれてる人も、難しいと思ってるだろう。これは本当に難しいマンガだった。でも、哲学の難しさを体験するには、史上最もリアルなマンガだったんじゃないかな。(どういう褒め方だよ)。最近は「もっと難しくしたらよかった」とすら思う。ブログの後書きでいつか書いたように、量子論みたいなもので、哲学を簡単に伝えることは不可能だし本質的でないような気もする。直しでもっと難しくしてやろうかな(やらん)。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/13:サヴァ?なのは!「卵に入るもの」

フィルムセンターに行ってきた時に、ついでに京橋エドグランのトシヨロイヅカの新店に行ってきた。

 

さすがにできたばかりの施設で、すごく綺麗。ただし、入ってるお店は「うおお」みたいなものはさほどなく、東急プラザ銀座に比べるとかなり地味に感じた(基本食い物屋しか見てないので)。

 

そのなかでひときわ目立つトシヨロイヅカ。広大なケーキ売り場にパン+カフェ+デザートサロンも加わって、東京のトシ総本山の様相を呈しておる。それにしても表参道にもキッシュ専門店だしたし、トシ軍団の勢いがすごい。

 

個人的に楽しみなのがパンで、新年のデザートライブで食べたトリュフクロックマダムがめちゃくちゃ美味しかったから、パンも良さそうだな〜みたいな。

カフェで食べた、(ソーシッソン)ソーセージのタルティーヌ。この荒々しいルックスよ。美味しい。これでコーヒーがついて、1100円。高いとは思わなかったっす。レフェクトワールと同じぐらいだ。どれぐらい続くのかわからんけど、長いことここは続いて欲しいなぁ。

 

そういえば、トシヨイヅカの新年のデザートライブでは毎回最後に持ち帰りのお土産が付くんだけど、去年がグルテンフリーのパウンドケーキ。今年は京橋という土地に新店を出すことを記念して、なんと「出汁」と「柚子」のパウンドケーキだった。なんと「だし」ですよ。この間食べてみた。

出汁。原材料にも「鰹」って書いてある。食べてみると、意外と食えるw と思ったけど、食えば食うほど出汁の後味が!まあ、体験として面白かったです。そういえば、なの菓子の取材してると、材料にこだわってるシェフさんだと、鶏の餌のなかに「魚粉」を使ってない農家さんを選ぶという人もおるんだ。魚の味が卵からしちゃうのがイヤだと。一方でこのように、魚の味をケーキに加えてしまう人もおるのだ。まあ、コントロールされた魚味なんだけどね。

 

という訳で、ぱせりくんは…

クリックで拡大。

 

おそらく鶏は卵でも何でも食べると思うけど、何だか寝覚めは悪いね。

 

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

1/12:トラブルシューターもの

すっかり前日のブログを追っかけ更新、みたいなのが常態化してるけど。

 

ネームの2本立てというのがどうも生活をめちゃくちゃにしてる。1本ならまだしも、2本だしね。

 

ネームの合間に最近読んでいる本。

美神さん。面白いなぁ。完璧なトラブルシューター漫画。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:58 * - * - * pookmark

1/11:「麿子」があったら絶対見に行くけどね

体調悪いのに、ねじの単行本の表紙ができた勢いで結局行ってしまった、京橋のフィルムセンターの押井守特集。

 

まあ、京橋だったら、ついでにエドグランのトシヨロイヅカかイデミスギノも行けるしいいかと。

 

11日の昼の演目は、「天使のたまご」と「トワイライトQ迷宮物件FILE538」。「トワイライトQ」はOVA1本目の「時の結び目」というのもやるか思ったけど、あれは押井さんは関わってなかったか。

 

パンフレットとチラシ。

 

1時間前に来てみたら待ってる人はほとんどいない。もう少し混んでるかと思った。フィルムセンターは国立近代美術館の一部門で、ずっと前から気になってきたけど今回初めての訪問。上の階には日本映画の黎明期を紹介する展示スペースもある。時間つぶしに覗いたけど、なかなかに面白かった。昔の映画のポスターってどれもかっこいいね。

 

映画の料金は520円。安い!…と思ったけど、国の施設だと思うともっと安くてもいいだろと思った(←現金)。

 

「天使のたまご」は本当に久しぶりに見た。あんまりにも昔で内容を忘れていたなぁ…。実はDVDも買って持ってるんだけど、なんか食指が伸びなくて見てなかった。で、久々に見たその内容は…そら忘れてるわ…死ぬほどつまらないぞ

 

ただ女の子が卵を抱えて街を歩いてるだけの映像が延々と続くのみ。申し訳ないが、3回ぐらい寝落ちしてしまった。いや、こういう静かな映画でも面白い映画はある。でも「天使のたまご」は、人間の生理に徹底的に反抗してるというか…静かなだけでなく、そもそも興味が全く沸かない。ちりばめられたイメージの意味をくみ取り、理解しようと気にならない。

 

というか、「理解させてたまるか!」という作り手(=押井守)の意思を感じる。パンフレットのインタビューで自分で言ってたけど、この頃の押井守の傲慢さwというか。受け手に対する挑戦的な態度がめちゃくちゃ出ている。有名アニメーターが沢山参加してるので、絵は時々おっと思うところはある。それがなかったら全編寝てたな。

 

その点、ある反省(!)があったのか、2年後の制作の作品である「迷宮物件」というのは、「要するに天使のたまごはこういう話でした」と、かなりコンパクトにまとめられていて、大層面白かった。これは高校生の時に初めて見た時は全然わけがわからなかった。時空の狭間にある下宿で住んでいるおっさんが昼食に食べる魚をさばくと、上空に飛んでいる飛行機の胴体が真っ二つになるという意味不明だが強烈な場面。今見ると、さらに「天使のたまご」の直後だと、なるほどーと思うところが沢山あって寝てしまうどころかもう一度みたいぐらいだった(まあ、これもDVD持ってるんすけどね)。

 

同じように難解でありながら、「天使のたまご」と「迷宮物件」の面白さの違いというのは何かというと、結局のところ「モノローグ」があるかどうか。その一点だと思う。

 

これも自分自身で言ってることだけど、押井守が本物感を出す瞬間というは「語る」時なんだ。語りだけでこれだけ面白い人というのは、アニメの歴史上、この人しかいないと思う。キャラが語る作家というのは沢山いるんだけど、語る人ほど意味不明というかリズムに近くなってくる。もしくはすごく論理的だけど退屈か。でも押井守は論理性を保ちながら長い台詞をずっと聞かせられる、という才能の持ち主だった。何をしゃべってるのか実はよくわからなくても、そこに「ケムにまかれた」感じがない。それでいて、その論理的弁説にわくわくするような興奮がある。「パト2」の後藤&荒川の会話など、他に誰が作れようか!(脚本は伊藤和典だけどね)これぞ僕にとって、押井守の映画を見る意味だった。「迷宮物件」の方には、うる星のメガネからパトレイバー&ご先祖様万々歳〜立喰師列伝と続くセクシー論理語りの系譜がありましたですね、ええ。

 

それにしても、自分も含めておっさんばっかりだったなぁ、お客さんw 最近めっきりいいもの作ってないからなぁ〜押井さん。本当は宮崎駿の後継者は押井さんだったはずのに、ご本人も含めて誰も押井守を正しく制御できないまま、今に至ってしまった気がする(ファン心理で言ってます)。押井さんは何か巨大な形式にかみつく時に魅力を発揮するんだから、いっそアイドルものとか、子供向けとか形式が固まってるものをやったらいいと個人的には思うけどね…もう遅いかな。パトレイバーの実写も、やるならもっと前だったよな〜実写はもうやめt…「シンゴジラ」は完全に押井映画の上位互換だったし…ま、まあ、いっか。11日の夜の部は実写映画「紅い眼鏡」だったけど、もちろん見ないで帰った。

 

あんまりにも外が寒くて、ちょっと体調がまた悪くなってしまった。けど、行ってよかった。「ビューティフルドリーマー」か「パト2」のどちらかにもう一度行きたいものだ。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

1/10:トーキングヘッドは?

まだ風邪中…こんなに治らないの珍しいな…。

 

でも、ねじの表紙はできた。言い方悪いけどねじの表紙で助かった…。

 

あ~これ↓今日行きたかったなぁ。

今日ビューティフルドリーマーだったんだ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 22:13 * - * - * pookmark

1/9:相変わらずバカか

なんだか風邪みたい。

のどが通り魔に刺されたみたいに痛いぞ。そんな時に海外帰りの担当さんと今年初の打ち合わせ。担当氏もこんな寒い日本に帰ってきて体調を崩すがよい、フォフォ。

 

そんな時に締め切りはやってくるもので、明日までにねじの表紙を作らないといけない。

 

寅さんのビデオをみながら、作業する。

最近配信のペースに視聴が全くついて行けないんだけど、Amazonプライムの男はつらいよ全作は絶対見るの無理だろ。他でもスタトレ全話とかさー。ムリムリ。でもなんとか、9作目まで来た。おいちゃんが初代の時代が最高だね、寅さんは。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:49 * - * - * pookmark

1/8:Lazarus, there is you

単行本作業が遅れているので、なのはの4コマは1週休み…

 

今日は故デヴィッドボウイの誕生日。

 

そして「DAVIDBOWIE is」が開幕。

V&A美術館で始まった時から行きたかった企画展。これは絶対行くぞ~。

wakakitamiki * 音楽 * 23:37 * - * - * pookmark
このページの先頭へ