11/16:キング・オブ・アイドル単行本第2巻が明日発売です。

1巻から2ヶ月。

 

キング・オブ・アイドル、早くも第2巻が発売になります。

今回はなんと担当さんがPVまで作ってくれましたぞ!

 

 

 

第2巻も内容盛りだくさん。先輩アイドルグループ・アンファンテリブルの登場、肝試しにオブジェクトテスト…。僕らが知ってるアイドルとは違うやりかたで、まほろ達フレッシュメイツが、アイドルとしての能力を高めていきます。

 

2巻は1巻を超える、約20ページの描き下ろし含む、40ページ以上の修正を行いました。もう単行本リミックスという範疇を超えて別物です!現在進行中のキサラ編を踏まえて、より太いストーリーになるようにパワーアップしました。キングオブアイドルというお話は今までのアイドルものと何が違うのか?是非是非読んで確かめてみて下さい。

 

今回ももちろん、書店特典ペーパーがあります。ウェブサンデー↓

http://websunday.net/news/17111501.html

 

今回はパジャマver。まほろ、瀬奈、ジェミニ、藍先生の4人が抜擢されていますよ。

 

ともかく売れなきゃ続けられない。皆様よろしくお願いいたします〜。

wakakitamiki * キングオブアイドル * 18:51 * - * - * pookmark

*/*クソ長い告知コーナー

<告知>

「キング・オブ・アイドル」を少年サンデー連載中!単行本第2巻は11月発売!

1巻は掲載verに大幅加筆を加えた「単行本REMIX」版となっています。→詳細

 

2017夏コミのみつみ美里さん&甘露樹さんと若木民喜の合同誌 「16bitセンセーション」Vol2、書店委託してます。

メロンブックス→こちら

とらのあな→こちら

 

「なのは洋菓子店のいい仕事」

★最終巻第7巻 発売しました!

詳細は→こちらです


思索マンガ「ねじの人々」最終巻発売しました!
詳細はこちら

 

MANGAONEのマスコットキャラ「ノンブル」のデザインもしております。
「MANGAONE」では「神のみぞ知るセカイ」も無料公開されています。

 

神のみぞ知るセカイ女神篇ブルーレイボックス発売中!

 

「DEAD OR ALIVE」のDLCコスチュームのデザインをやりました。!これまた僕がデザインした無料版500万DL記念のあやね&かすみコスも無料配信中です。

https://www.gamecity.ne.jp/doa5/lastround/top.html

 

神のみLINEスタンプ発売中。
外注はせずに、全て自分で描きました。LINEストアで「神のみ」で検索してみてください。


アニメ神のみブルーレイ発売中
長くみれるアニメをお求めの方に。豪華おまけ付き。
アニメ公式サイトはこちら→http://kaminomi.jp/index.html

音楽関連既発カタログ。スタジオに入り浸りました。人生の絶頂期。


単行本既刊もよろしく!↓


wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 18:45 * - * - * pookmark

11/15:サンデー発売日&メッセージペーパー

 

今日はサンデー発売日です。

 

キサラ編が始まります。表紙もキサラ!

 

あと、ウェブサンデーでは単行本2巻のメッセージペーパーもアップされました。

http://websunday.net/news/17111501.html

 

いよいよ17日発売〜!

wakakitamiki * ふとした話題 * 20:48 * - * - * pookmark

11/14:「キング・オブ・アイドル」SONG23の話

Now Printing

wakakitamiki * キングオブアイドル * 23:59 * - * - * pookmark

11/13:ライアン・ゴズリングの刈り上げを堪能

単行本作業が大体終わったので、

 

早速「ブレードランナー2049」見に行ってきました。

TOHOシネマズ新宿のドルビーアトモス版。もーとにかく音響がド迫力!最高。

 

内容もすごくよかった!前作はストーリーも設定も革命的すぎて、途中何度も睡魔に襲われるという映画なんだけども(7、8回見たけど、毎回1回は寝てる)、今回は眠たくならなかった。実にストーリーがわかりやすい。本当に素晴らしい美意識溢れるビジュアルとともに1作目を明快に解釈してくれていて、初心者にもおすすめできるブレードランナーだと思った。ただ、欠点は前作を見ていないとストーリーが意味不明なところなんだけども。結局、前のは見ないといけないという。

 

前作と一緒で、今回のテーマも「人間とレプリカント(人造人間)との違い」が大きな柱になってる。人間とロボットは何が違うか?人間はなぜ人間なのか?このテーマの永遠性。ここから「ビューティフルドリーマー」も「攻殻機動隊」もできてる。

 

「生物と無生物のあいだ」という本で読んだけど、生物とは何か?と言うと、「子孫を残せる」ということらしい。それが今回、「レプリカントが子孫を残したのではないか?」という事件が起こることで、さらにレプリカントが人間に肉薄した。では、その上で、人間とレプリカントを分けるものは何か。

 

映画のなかで、その答えは出てる。でも、ボクはその答えにはイマイチ納得できなかった。この答えが何かということは、映画を見てもらいたいんだけど。

 

ボクがこの映画を見て、最も人間らしい行動だと思ったのは「迷う」ということ。ロボットは命令に対して迷わない。でも、この映画の主人公Kはレプリカントでありながら、ずっと迷い、悩んでいる。命令に対して動揺する。これこそが人間だと思う。だから今回のブレードランナーは主人公Kに大いに感情移入ができるし、全く主人公の内面描写がなかった前作よりもずっとわかりやすいストーリーになってると思う。逆に人間でも迷わない人間というのは…。まあ、これって「ねじの人々」の受け売りだけども。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

11/12:CHOOSE LIFE

いやーツインピークスリターンズ、いよいよ盛り上がってきたなぁ。

 

原稿が完成。続いてネームも完成。

 

なので、楽しみにしていたのに見に行けなかった「トレインスポッティング2」のブルーレイを開封して見る。

 

いやー…実に悲しいというか、切ない映画だったなぁ…。

 

最初の「トレインスポッティング」はボクがニート1年目ぐらいの時にめっちゃ流行った映画だった。

 

当時不況下のスコットランドで、無職のクソガキたちが暴力と女とヘロインにひたすら明け暮れるという映画で、この映画はスコットランドの閉塞した現状のなかで、現実から思いっきり目をそらしつつもまあナントカイキテイル、ただそれだけの掃きだめ映画だった(スコットランドいち汚いトイレが忘れられん!)。

 

ただ、映画の登場人物たちのリアル感。そして当時隆盛を誇ったブリットポップのアーティストが大挙参加したキャッチーな映像演出で、日本でも(本質の理解はまあ置いておいて)大ヒット・ユースムービーになった。アンダーワールド!

 

 

そして20年後!同じキャストで「2」が作られることになった。あいつらが、どうなっていたかと言うと。

全く変わっておらん!

 

相変わらず、暴力とヘロイン、そして新しい要素として家庭崩壊(泣)。前作で前向きな人生を選んだはずの奴も結局戻ってきて掃きだめ生活に逆戻り。前作は不況で身動きが取れず、そして現在はグローバル化で昔よりずっと景気がよくなったスコットランドでやっぱり居場所がない、ただ年だけ20年取ったおじさんたちの姿だった。か、かなしい…。

 

この物語のキーワードは「CHOOSE LIFE」だった。

 

でも、この物語の登場人物が選んだLIFEは「それでもナントカイキテイル」というたくましいのか悲しいのかわからない選択。まだ人生先は長いぞ…どうなるんだ。と心配ばかりのラストシーンだった。

 

でも、自分の人生考えてみると…。ボク、CHOOSE LIFEなんてしたことがない。

 

よく「漫画家って自分の好きなものを仕事にできていいですね」って言われるけど、逆に言うと、漫画家以外できることなかった。就職活動したこともないし、自分で人生を決める勇気がなかった。漫画家だってずっとムリだと思ってた(そもそも漫画描いてなかったし)。ただ、現実から目をそらし続けていたらなんか30才になって、たままた漫画しか描けなかっただけで。

 

思えば、知り合った漫画家仲間もみんな違った場所に行ってしまった。ボクは外にでる勇気がなかったから、何となくサンデーに居続けた。そしたらいつの間にか誰もいなくなって、ボクが数少ない生え抜きみたいになってた。何だか全部成り行き。でも、それで納得してる訳じゃなくって、ずっともがいているんだけども。今も現実からずっと目をそらしているのであった。まあ、何とか生きているけども。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

11/11:ポッキーの日

でもワシはフランを食べる。

フランうまい。

 

原稿がアップ。その足で打ち合わせ。何か現場で重大な変化が起こったが、とりあえず情勢を見守りたいところ。

 

 

そうそう、原稿中にストレンジャーシングスを最後まで見た。

ウィル!

 

もう今年の下半期、フィーバーと言ってもいいぐらい流行りまくっていたストレンジャーシングスだけど、S2も実に80年代で面白かった。子供達の絆と世界の危機を等価にとらえるジュブナイル。子供達も不良も、心情が実に理解しやすい。この安心感。内容的にS3いらねーんじゃね?と思ったけど、当然のように続くんだろう。これもマインドハンターもあるし、ハウス・オブ・カードがなくなってもNetflixも余裕だな。

wakakitamiki * ふとした話題 * 07:57 * - * - * pookmark

11/10:巌窟王

英会話習いたいなぁ〜。

大学受験の時に覚えた英単語全部死蔵だよ。

 

ボクはホント物を知らない。

 

昨日「夜の巷を徘徊する」みてて、マツコ・デラックスはホントによく知ってるなぁと思う。同い年なんだけどさ。ボク。週刊連載を始める前は金と気力の著しい不足から家から出ず、連載始めてからは時間がなく、外に出て何かまとまってやったという経験がもう20年ぐらいない。アニメの時ぐらいかな。違った体験をしたのは。何をするにも片手間で全然血肉になってない。

 

連載が終わると、自分が死んでるような気がしてすぐに連載始めちゃうんだけど、本当は1年ぐらい休んで、漫画以外のことを色々すべきなんだろうと思う。特別なことをするんじゃなくて、ちゃんと食べて、ちゃんと寝て。みたいな、「生活」がしたい。ちゃんとした漫画家さんはこういうことがわかっていて、漫画を描きながらも、趣味や生活をおろそかにしないと思う。ぼくはちょっと時間ができたら、描いた漫画の手直しをしてしまう。一見立派だけど、これはやせほそっていくだけだろう。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:48 * - * - * pookmark

11/8:サンデー発売日

今日はサンデー発売日。

 

なんと、今週来週と2です〜やった〜。そして「渋谷キサラ編」が始まります。よろしくね〜。

 

仕事場では、例によって作画中。

WOWOWでやってた「君の名は」をみんなで見る。いや〜、改めてすごい傑作。まじ失礼だと思うけど、今までの新海作品とは次元が違う。しかしなぁ、うちの仕事場総武線沿線だけど、全然あんなキラキラしてないよ!どこにあるのこの世界。

wakakitamiki * ふとした話題 * 19:11 * - * - * pookmark

11/8:烏口

地図のゼンリンのCMを見ていると、烏口が出ていて懐かしかった。

 

漫画の入門書には昔は烏口が絶対に載っていたものだ。枠線を引くためにね。でも、高いから学生の時は買えなかった。

 

で、上京して武村先生のところにアシスタントに入った。枠線は烏口で引いてるのだろうと思っていたら、違った。Gペンで枠線を引いていた。アシスタントの最初の仕事はGペンで一定の線を引くことだった(これはこれで練習になった)。

 

でも、自分で原稿を描くときはミリペンだった。最初は消しゴム負けが激しかったミリペンだったけど、枠線としても使えるようになってた。

 

で、今はクリスタのツールでピッピと引けばいいだけ。便利になったなぁ。結局烏口は人生で一度も使ったことがない。というお話。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ