*/*クソ長い告知コーナー

<告知>
「なのは洋菓子店のいい仕事」第1巻

「神のみぞ知るセカイ on the train

+パイロットフィルムズ」
同時発売中!


「DEAD OR ALIVE」のDLCコスチュームのデザインをやりました。現在配信中です!

https://www.gamecity.ne.jp/doa5/lastround/top.html


小学館の新マンガアプリMangaOneで
思索マンガ「ねじの人々」連載中。

よろしくお願いします。

↓ねじの人々詳細
http://manga-one.com/
マスコットキャラ「ノンブル」のデザインもしております。
「MANGAONE」では「神のみぞ知るセカイ」も無料公開されています。


●神のみぞ知るセカイ情報

神のみLINEスタンプが12/26に発売されました。
外注はせずに、全て自分で描きました。LINEストアで「神のみ」で検索してみてください。

アニメ公式サイトはこちら→http://kaminomi.jp/index.html
アニメ公式ツイッター(kaminomi_jp)→http://twitter.com/kaminomi_jp


アニメ神のみブルーレイ発売中
長くみれるアニメをお求めの方に。豪華おまけ付き。商品仕様やショップ特典については公式サイトへどうぞ。DVDもあります(が、特典がついてるのはブルーレイのみです)




音楽関連既発カタログ。とにかく音関連は怒涛のラインナップ。どの曲も良い曲。好きなキャラなら買って損なし!



単行本既刊もよろしく!↓


wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 19:11 * - * - * pookmark

8/2:ザータン

書くネタないので、お知らせ。

今発売中の「TARZAN」でアイスのミニ特集。そこで、コメントしてます。まさかこの雑誌から話を聞かれるとは。フィットネスゼロライフ。それにしてお、夏バテの本でアイス。あんまり食べ過ぎたらダメそうだよね。

今日から作画。今週はねじとなの菓子の二本立て。がんばろう。
wakakitamiki * ふとした話題 * 19:07 * - * - * pookmark

7/31:第13話「青い空と青い草と白いバター」

合掌 加藤武。
こないだ犬神家見たばっかりだったですよ。


まことに遅ればせながら、単行本のお買い上げありがとうございました。

安定していた連載をたたんで新しい物語を始める。かなり緊張しますねぇ。ツイッターでもらったメッセージの一つ一つに勇気づけられました。次の巻も買ってもらえるよう、がんばります〜。なんか今回、ネットの広告でやたら出てきませんか、なの菓子のアドが。ネットサーフィンとかしてて自分の絵が突然出てくるとすごいビビるんですけども。

さてさて、それで先々週のなの菓子のお話です。

言葉さんのお話が4話続いて、今回は1話でさくっと終わる話。牛乳とバターのお話です。

今や日本でバター不足は常態化してしまっていますね。これは、そもそも生産する酪農家が減って、生乳が足りないということが原因でして。バターまで牛乳が回ってこないんですよね。この解決方法は牛乳の生産量を増やす(そのためには酪農家が事業拡大しないといけないので牛乳の値段を上げなければならない)か、バターの輸入を促進する(関税を安くする)。ということなのですが、円安で飼料高騰&TPPが決裂状態で、そのどちらも実現しなさそうで。まー、もはや自前でバターが作れない状態でバターを輸入しても日本の酪農に影響あんのか?って気もしますが。でもこれ牛乳一杯作って余ったら余ったでものすごく安くなって赤字とか、米みたいになりそうで、構造的な問題から直していかないとどうしようもないのか。一度酪農家の方達の話を聞いてみたいよなぁ。

なんて話とは全く関係なく、牛を追いかけるだけの話です。

まーこの話は何となくバターの話でもしようかなーと思っていたら、ちょうどファミリー劇場でなつかしのUFO特番の再放送をやっていたので、牛ってUFOによくさらわれるよなーということで考えた話です。言葉が加入して、ケーキは素人の言葉目線で進行できるのが結構良い感じです。

菜花洋菓子店は、用意できる材料は自前で用意していますが、さすがに牛は、1頭育てるのに1ヘクタールの土地ですから。農家に頼むしかありません。牧場主はマサハルくん。この人はタイムと昔つるんでいた仲間で、最後のところで若かりし頃の姿(シルエット)が出てきます。マサハルくんの牧場は跡取りも生まれて、これから発展しそうで何より。


今回のお菓子:ミゼラブル


↑山ほど食べたホームメードミゼラブル。

「お気の毒」という名前のお菓子。バタークリームのお菓子として有名ですが、なぜにこのお菓子だったかと言うと、これボクの妹が今ケーキ教室で習ってるお菓子なんですよ。それで試食で何度も何度も食わされましてねぇ!これ何かで昇華しないとやりきれねぇ!と思い出してしまいました。今はクグロフを延々食ってるんですけど、これもいずれ漫画で出てくるでしょう。

漫画のなかのミゼラブルはエーグルドゥースのミゼラブルがモデルです。オレンジ風味。
wakakitamiki * なのは洋菓子店のいい仕事 * 23:59 * - * - * pookmark

7/31:にーさまありがとう。

最近、プロットを仕事場から離れた環境でやりたいなあって思っていたんだけど、そのためにはノートPCを買わないといけないのかなぁと、色々迷っていた。前にかったポメラ(グフ仕様)は引っ越しのドサクサでどっか行ってしまったし、ポメラってやっぱりちょっと使いにくいんだよね。

でもPC高いしな〜って思ってたら、思い出した。

そういえば、神のみネットブックがあったジャマイカ。早速取り出してみた。


おー使える使える!しかも、艦これもできるじゃないか。なんか懸案の問題が色々一気に解決してしまった。に〜さま〜!
wakakitamiki * ふとした話題 * 11:36 * - * - * pookmark

7/30:世界の果ての通学路

単行本の打ち合わせ。
ねじの。

装丁のデザイナーさんも交えての打ち合わせ。実はデザイナーさんと打ち合わせするのは初めてだ。サンデーは絵ありきで、デザインはそれにあわせていつの間にやら上がっていた。

そういえば、アルバトロスの時は単行本デザインあがってきて「なんじゃこのデジモンみたいなロゴは!」と自分がバトルものを選択して「しまった」ことを痛感させられたものですが。

ねじは自分でもどういう話なのか説明が難しい。そういう話にどうやって装丁で説明するのか。色々な単行本を見ながら相談。面白い漫画を描いても、まずは手にとってもらわないといけない。表紙でどうやって興味を持ってもらえるか。最近は白バックが多いけど、次のトレンドはどういうものか。面白い話だった。


帰ってきたら、録画していた「世界の果ての通学路」を見る。

これ、映画館で見たかったやつ。ただ子どもたちが通学していく風景をとっただけの映画。といっても、ただの通学ではなくて、象がうろうろする危険な平原を行くケニアの子どもたち、険しい山道を4時間も歩いていくベルベル人の女の子。マルコがあるいたような荒涼とした大地を馬で通学するアンデスの兄妹。歩けないお兄さんをボロボロの車椅子に乗せて通学するインドの3兄弟。そういう大変な場所で学校に通う子どもたちを描いた映画だった。

ただの通学がそれはそれは大変。車いすが川にはまったり、山道で足を痛めたり、なんか仕込みだろこれ、というようなトラブルが頻発してすごいことになってるんだけど。この映画の真意は通学の大変さじゃなくって、そういう状況でも勉強をしたい!という子どもたちのキラキラ感を描くことだった。

だから、最初は「10分の通学でしんどがってたらあかんな」なんて思ってたけど、実際、ありがたいのは当たり前のように誰もが学校に行ける環境。「学校なんてなんの役にもたたねーよ」とか言ってる人も、全然学校に行ってなかった人も、うちらの国ではみんな文字読めるもんね。
wakakitamiki * 映画 * 23:58 * - * - * pookmark

7/27:モエアガーレモエアガーレ

なんかHuluで期間限定でファーストガンダムのテレビ版が配信されてるってので、今ダイブ中。
 http://www.hulu.jp/mobile-suit-gundam

うちのスタッフさんはみんな24才前後って感じで、「ファーストガンダムというとSEED」世代。なので、みんなファースト未見。かく言うボクもテレビ版は相当久しぶりなので、めちゃくちゃ新鮮。楽しい。

早くフラウボウのお風呂シーンこないかな〜。

今日のおやつはシュクレリーナードのフラン。

wakakitamiki * ふとした話題 * 22:09 * - * - * pookmark

7/26:今日から作画作業

 友達がMGシナンジュ作って持ってきてくれた

毎回ビックリするけど、今回もすごいな。膝を曲げると、膝のシールドがスライドしながら追随してる感じとか、そもそも今のプラモの精巧さも感心するけど、それだけにパーツ数が相当増えてるのに、それを全部角出して、別パーツくっつけて、4層塗装してなかにLEDまで仕込む。今もプラモ狂四郎続いてたら、塗装だけで何ヶ月も連載せんといかんな。

うちの仕事場、彼のプラモのための部屋が必要かもなぁ。

今日から作画作業。今年はお盆で巻き上げておかないと、シルバーウィークでも進行が不規則になる(なのに合併号が出ない)のでね。

wakakitamiki * ふとした話題 * 16:27 * - * - * pookmark

7/25:ヤットナー


仕事場からブラブラ歩いていると、阿波踊りの大行列と遭遇。

ヤットナー、アーヤットヤット!
ヤットナー、アーヤットヤット!
ヤットナー、アーヤットヤット!
ヤットナー、アーヤットヤット!

眺めているとこれが半端なく長い。聞けば、3500人も集まって2時間にも渡ってねり踊るらしい。ずっと眺めているとなんか悪夢っぽいというか、百鬼夜行を眺めてるような不思議な感じになる。ことに前日「マッドマックス」を見てきてるから太鼓の音を聞くと改造車の一群が頭のなかを駆け抜けていくんだよ。

そう、そのマッドマックスだけど、とてもよかった。

いや、よかったというか、もしかしたら歴史的アクション映画かも知れない。ボクは心のなかで今年の一番映画は「ジュラシックワールド」であろう、と思っていたんだけど、「マッドマックス」見た後だと、ジュラシックもスターウォーズもこれを超えられるかどうか不安になる。

午後ローでこないだ「マッドマックス2」やってたけど、いくら当時衝撃的だったと言われても今だと「あー北斗の拳だー」ぐらいの感想になってしまうんだ。まあ、ぶっ飛んでることはぶっ飛んでるけど。でも、今回の「マッドマックス怒りのデスロード」が、当時「2」の衝撃度を再現してる、と言われたとしたら納得。とんでもないアヘアヘアクション映画だ。目線を変えると、21世紀の北斗の拳はこういう感じなんだ。これは次のヒット作が見えたで!ボクは描けないけども。
wakakitamiki * 映画 * 22:24 * - * - * pookmark

7/21:Dead or Alive 5 LUST Round

まあ、みんな、まずはこれを見てくれ!



私が憧れてやまないTeam NINJA。そのロゴと私の名前が併記されている動画だ。これはとんでもないことだよ!スプーン曲げに挑戦してる子供の家に、ユリゲラーがホームステイに来るぐらいの、それぐらい超常現象的出来事だと思う。

私、DEAD OR ALIVEのキャラコスのデザインをしてしまいました。

本当に色々な出会いがあっての縁で、ある日、早矢仕プロデューサーから、なぜか神楽坂の道ばたで。


「そんなにあやねがお好きなら、コスチュームのデザインしてみませんか?」


と依頼されてしまったのだ。

その時の気分たるや。

めぇぇぇぇぇ!


未だかつてDOAのコスチュームを個人名でデザインした人はいない(コンテストはあったが)というに、それがボクでええのか?と大いに思ったが、あやねに服を着せる機会をむざむざ捨てる人間がいるだろうか?いや、いやしない。仮にボクが絵が全く描けなくても描いただろう。


そして、ボクはデザインをしました。あやねだけ何枚も。ところが、聞けば他のキャラの分も、ということだったのだ。え!そらそうですね(苦笑)。


しかし、DEAD OR ALIVEのコスはもう既にとんでもない数が出ていて、デザイン的にも、コスプレネタ的にもボクが付け加えられることはなさそう…なので、ボクは設定を使ったコスチュームを考えました。


"Tactical Frills"

コスチュームは大きく分けて4種類あって、どのモデルも3つのパートから構成されております。まず"骨格"のメインフレーム。そして、電導性のポリマーからなるインナー。そして、ダメージを軽減するアウター。フレームとインナーが動きをサポートして着用者の能力を最大限に引き出す…であろう設計です。アウターのデザインは、フリル好きの私なので、アイドル衣装っぽく。


フレームにはAIが仕込まれていて動作を先読み、そのアルゴリズムには、あやねがトレーニングモードのお相手「トレ子」として受けたであろう何千万回ものPKHのデータが投入されております。


したがって、このコスチュームはあやねが一番使えるチューンのはず!

主役交代だな、マリーよ!


ところが意外とマリーやほのかが似合ってるんだよなぁ…グギギ。とまあ、こういう妄想をTeam NINJAの会議室でも撒き散らしてきた訳なのですが、これまたプレイヤーとしては夢のような出来事ですよ。神様に向かって感謝の気持ちを伝えられるんですよ。あやねにこうなって欲しい!あやねはこういう人間なんです!という、仕事を依頼されてなかったら狂人でしかない数々のストーカー発言。ホントご迷惑をおかけしました。


それでも、動画見てみたら、すごいあやね押しに作ってもらえて、何という心優しきTeam NINJAの方々。これはもう、あやねの公式恋人として認められたのかな…なんてうぬぼれたことは言いません。が、かつてボクからの水着の贈り物を山のようにゴミ箱に捨てた鬼嫁あやねに、自分の作った服を着せる!報われたね、報われたよ。


まあ、戯れ言はさておき。夢を叶えてくださったユリゲラー…じゃなく、早矢仕さんとTeam NINJAの皆さんに感謝します。ボクはゲームのデザインは初めてで、実際のゲームへの落とし込みを全然考えないでデザインしてしまいましたが、素晴らしいものにしてもらいました。DOA5LRをお持ちのみなさん、是非着せてみてください〜。そして、DOA6では最強あやねパッケージがでますように!
wakakitamiki * ゲーム * 17:34 * - * - * pookmark

7/20:がんばれ!Pくん!

アイマス10thコンサートに行ってきました!

初の西武ドーム!西武球場と言えば、いしいひさいちの「がんばれ!タブチくん!」で「こえだめ」と言われ、小学生ゴコロに憧れていた球場だったのですが、遂に行くことができました!それが野球じゃなく、オタクイベントだったことを小学生の自分に伝えたい気分で一杯です。

友達と合流したら、ガンベルト持ってましたよ。これ13000円もすんの。こんな調子で搾取し搾取されて10周年!

本家アイマスもさることながら、今回のボクの目当てはモバマス勢だった。しかも、7時から仕事開始なので、6時には退出しなければいけない状況でモバマスメンバーがいつ出てくるのかが心配だった。ところが始まってみるとその心配は全くの杞憂で、本家765、モバマス、グリマスが完全ミックスのオールメンバーのセットで、最初から全開で楽しめた。

それにしても、男子の比率の高いイベントよ。もう西所沢あたりからP専用車両でギュウギュウだったけど、全体の95%ぐらいは男子。着いたら球場のトイレが長蛇の列。こんなに男子便所が枯渇するスタジアム状態があっただろうか。しかし、トイレの心配をする必要は全くなかった。35000人ぐらいの男が発する熱量でアリーナはサウナ状態。水を飲んでも飲んでも汗になる。ワシも含む男同士が生み出す湿気と匂いは、西武ドームをまじでこえだめ状態にしてたが、ボクは心のなかで「ああ、兵隊になるのはいやだなあ」と思っていた。

それでも、その群衆が生み出す一体感はすごいものがあり、スタンド観戦だった代々木のモバマス2ndより、臨場感マックスで大満足。途中で帰ってしまったけど、一番聞きたかった「オレンジサファイア」に「ミツボシ」「あんずのうた」と盛り上がれる曲は聴けたしね。あと、グリマスの声優さんがみんなかわいくて、しかも見られ慣れしてるというか堂々してる。「声優のアイドル化はどんどん進んでるんだなぁ」と思いますた。

モバマスの曲が異様に盛り上がってて若手Pも増えてる。紆余曲折を経て、今アイマスは絶頂期な気がするね。なんだかグリマスもアニメ化しそうな勢いだけど、ボク個人はモバマスの後は追いかける自信がややないw(課金がね〜)。Pくんたちの旅路はどこまで続く。
wakakitamiki * アイドルマスター * 11:04 * - * - * pookmark
このページの先頭へ