☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

・キング・オブ・アイドルの最終巻発売中。大増ページ(定価アップ)でお送りします。

紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

・みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌「16bitセンセーション」の委託販売も行っております。90年代のゲームの現場を描いたお話です。現在vol5まで出てます。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線アイドルマンガ。しかも、女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高。ボクの棺桶に入れて下さい!メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。しかし、最後はいつものような内省へ…。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」最前線感溢れるケーキ批評の数々。もっと見たかった…。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だが、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。今でもトイレに置いて自分でも読み返してるお気に入りの作品。万子ちゃん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 09:31 * - * - * pookmark

2/21:KOIメイツアルバム・EX1「遠藤にこら」

20日は生駒みなみさんの誕生日でした。ツイッターでメッセージをもらったので(落書きで申し訳ないですが)イラストをあげました。

 

ちなみに、19日は、キングオブアイドルの遠藤にこらさんの誕生日だったんです。

 

誰やそれ!ってお思いでしょうが、KOIの授業のシーンで鼻に洗濯ばさみを付けていた先生を覚えていますか。その後もちょこちょこ画面に見切れてたり、単行本のカバー裏で論文を発表したりしていました。結局あの人って何者なのか、全然わからなかったですよね。

 

それで「メイツアルバムってもうやらないの?」っ言う質問に「文章的には余裕だけど、イラストを描く気力がない」ということで、イラストのハードルをすごく下げることで、続けることにしました!

 

遠藤にこら先生ってこういう人です。興奮すると鼻血が出る。

 

にこら先生はもともと優秀な科学者で、IOSというシステムに知的な興味がありNEMS入りしました。結果NEMSの初年度メイツのうちの一人だったのですがアイドルとしての活動はせず、早々に裏方に回って、IOSとオブジェクトの研究に回りました。以来10年間に渡り、NEMS地下にある研究所「NEMSLABO」にこもってずっと研究をしています。ムーグシンセサイザーの進化よろしくIOSがただの実験道具から表現デバイスに進化を続けているのは、にこら先生の研究所の努力があるのです。普段は髪もボサボサ、風呂も入らない、交流もしないダメ女です。授業もただボソボソ話すだけで、質疑応答はゼロ。テストは「自分の好きなことを科学的に自由に説明してください」という1問だけ。研究所の外ではまるでやる気なし。

 

ちなみに、NEMSLABOのメンバー(フェローと言うべきか)は他に、NEMSショップ店長の「石川虎白」もいます。彼女も元NEMSメイツで、IOSのハッキングをして「白IOS」を作り独自オブジェクトを出すという蛮行を行っていました。そしてその腕前を買われてNEMS卒業後はスタッフになり、今はNEMSのセキュリティ強化やNEMSショップのオンラインショップを「わざと」ダウンさせて購買意欲をあげる、などで活躍しています。(ちなみに、元NEMSメイツが卒業後スタッフになるシステムを採用したのは、NEMSのセキュリティの問題の他に、作劇上のこだわりというか…「どこみてもかわいい女の子の学校なんてあるわきゃないだろ」という事をリアルに可能せしめる形式だからです)

 

「歌がなぜ人を感動させるのか」

 

それはにこら先生の永遠の研究課題であり、それが解明できれば人間というものの正体がわかる、その鍵がまさしくIOSと彼女は考えています。そのために彼女がここ数年取り組んでいるのは、『PROJECT GARNET』です。それはアンドロイドGARNETを使った人間の歌の完全なシミュレート、そしてさらには人が歌う歌を越えた「完全な歌」 を完成させる。これが、考えるだけでにこら先生の鼻血が止まらない、大いなる野望なのです。

 

最近ダンスミュージックとかの低音とかって、もう普通のスピーカーじゃ出せないレベルになってるらしいですよね。こんなの人間が楽器で出せる領域じゃない訳で、これぐらいの低音が出せないと海外じゃあもう問題外とかゆー話になってくると、言い方悪いけど合成麻薬みたいというか。媚薬投入されてるみたいなものですよね。これが未来の音楽なのでしょうか。

 

まほろの特別な声はにこら先生にとって重要なサンプルで、藍先生と並んでまほろの重要な庇護者がにこら先生でした。まほろのデータをつぶさにみたら女じゃないってすぐにわかるはずなので、にこら先生がまほろの身体データやIOSの数値をいじくっていたのは想像に難くないところです。

 

にこら先生とGARNETPROJECTは「マクロスプラス」みたいな話で、個人的にこれだけでもマンガにできそうなノリがあったのですけども、ほとんど背景で終わってしまったのは残念ですね〜。

wakakitamiki * キングオブアイドル * 08:57 * - * - * pookmark

2/20:たんばくなおとこ

丸2日寝込んで、ちょっと復活。

インフルでなくて良かった。どうも風邪だった模様。ボクにしては最近出かけすぎた反動だったのかも知れない。

 

これで色んなスケジュールが狂った。週末の予定をキャンセル。

締め切り仕事・打ち合わせの延期をお願いする。めちゃくちゃや〜。

 

全く食欲が湧かずゼリーしか食べてなかったせいか、すごくタンパク質が食いたい。メンチカツとか食いたい。

 

いただきものの学芸大学マッターホーンのケーキ。これが、いつもより楽しめない。甘い物を身体が欲してない。珍しい。

 

ヴァレンタインでまた読者の人から色々いただいた。

これも体調が回復してから食べます。ありがとう。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

2/19:寝込み中

愛宕神社に登った直後から、急速に体調が悪化。

帰ったら高熱が出とる。

 

何kore。

御利益は。あれ、なんか解毒でもされたのかな(ポジティブ)

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

2/17:祈願

亀のようなスピードで描いていたネームがやっと完成して、マンガを描くことに。読み切り。今のボクにゃ、最後まで行けただけでも大したものだ。

 

無事描けるように(?)神社でお願い。

愛宕神社!艦これの愛宕…とは関係ないのかな、あれは京都の愛宕山らしいから。

 

それにしてもこの階段…。これはキツいぞ。虎ノ門の街中にある自然の山のてっぺんにある神社。その頂上まで続く階段は「出世の石段」とか言う名前を付けられている。出世は是非したいので、登る。自分の下半身、ことに尻の存在感をこんなに感じたことは近年なかった。ほんにキツい。御利益ありますように。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

2/15:ギターを持った酒浸り

ユジク阿佐ヶ谷でクラプトンの映画を見る。

 

「12小節の人生」武道館のクラプトンに備えてクラプトンを予習中なので、これはマストウォッチ案件でしょ。

…いや〜しかし、こんなクズ男しらんわ。

浮気、不倫、裏切り、ケンカ、ヘロイン、コカイン、アルコール…60年代の風習の後遺症にどっぷりと使ってるようなおっさんですよ。しかも、こんだけクズな上に、クズエピソードをもれなく歌にしてヒットさせてるという…巻き込まれた人は曲を聴く度に思い出すことになるやん。ひどいw クロスロードで道徳を置いてきた男。

 

一応エリックのお母さんがエリックを捨てたから傷ついた…みたいな理由は拾ってるんだけど、行いのエグさがそれを上回ってる。「ボヘミアンラプソディ」ならフレディかわいそう!がんばれ!ってなるけど、こっちの映画は「それでも言い訳ならんやろ」という感じ。ごくごく最近までアルコール中毒だったことも知らなかったなぁ。昔、ヘロイン中毒からのカムバック!とか言ってたからクリーンかと思ったら、そのままアルコール特急に乗り込んでいたとは。

 

ただ、残念ながら、この映画を見て改めてクラプトンの曲っていいなぁ…と思ってしまったのも事実。しばらくクラプトンばっかり聞いてそう。しかし、ギター上手だわ…。恋人が「返事もギターでする」ってうんざりしてたけど、ギターのないクラプトンは陰キャで…もう少しハッピーな性格なら女の子やアルコールのトラブルもなかっただろうな。でも、名曲は一つも生まれなかっただろう。「レイラ」と「ワンダフルトゥナイト」のためにとんでもないストーカー被害に遭ったパティに敬礼。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

2/14:名社長列伝

16bitの取材にさる会社の方々と話をする。

 

とんでもなく収穫の多い会になった。これは1話では描ききれないな、とても…。

 

阿佐ヶ谷うさぎやのあんみつ

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

2/11:沢村

目黒へ、打ち合わせ(?)に。

色んな体験ができるものだなぁ〜楽しい。

 

作業をしながら、沢村のパンを食べる。

 

吉永小百合さん推奨の軽井沢のパン屋。サユリストじゃないボクも満足!奥のキャラメルバナーヌココ、甘くて濃くてカロリー高そうで最高。フランスと日本の好いところをとったみたいな感触で、プチメックみたいな感じ。高いけど好き。

 

新宿のパンってあんまりピンと来てなかったけど、今は沢村にモワザンベーカリーにジュウニブンベーカリーもあって、楽しい場所になってきた。

 

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

2/10:俺のファーストマン

今年1番楽しみだった映画を見に行く。

 

ファーストマン!

チャゼル監督が宇宙モノを撮る。「セッション」「ララランド」と来て、今度はドキュメント?どうやって撮るんだろうと興味津々。

 

トーホーシネマズ新宿IMAX2D。䝤ちゃんが新宿をジャック中。まあ、お膝元だもんね。今XYZってどこに書くんや。

 

上映開始すぐに試練。画面揺れが酷い!今回はなんかコジャレた演出で、地上の映像は全て昔のホームビデオで撮ったような感じになってる。全ての画面が手ブレしてる。これで字幕も読むとなると相当に三半規管に来る。激しく揺れてくれたらまだいいんだけど、ユラユラ揺れるとマジで酔う。ボクはIMAXは前の方で見るのが好きなんだけど、それが裏目に出た。映画を見る方にも試練が必要だよ、こりゃ。

 

それだけじゃなく、この映画は映像表現に一杯工夫が凝らされていて、この後色んなところでマネされるんじゃないかね〜。ことに激しかったのは打ち上げの振動と騒音。ボクが今まで見た宇宙映画でもっとも激しい打ち上げシーンだった。こんなに揺れてるのに、よく計器見たり、手袋で小さいスイッチ操作したりできるね。もうヤバい。大気を越えるって大変なんだねぇ。

 

この映画のなかでコックピットのなかに乗り込んだ飛行士がふと、閉じられたドアを眺めるシーンがあるんだけど…。こんな心許ない鉄板の入れ物で、あんな激しい打ち上げを行う。ほとんど棺桶に載ってるような心境だ。アポロ1号の悲惨な事故が起こっても、計画は一切止まらない。その2年後にはもう月に向かってる。この映画には常に死の匂いが漂う。冒険と言えば格好が良いけど、要するにソ連との戦争中なんだ。そこで飛行士という「兵隊」が、安全も何も確認されていない弾丸に載って月に向かう。地上ではベトナム戦争の真っ最中で、アメリカの問題が噴出されているなかで、宇宙開発への反対運動が巻き起こる(←ここ描いたのは個人的に素晴らしいと思った)。そのなかでライアン・ゴズリングは、例によって「俺は世界で1番不幸です、どうぞかまってください」的な中二病感を振りまく。

 

そして、月に降り立ったニール。そこは荒涼たる世界で、まさに死の国。もしかしたらここは天国で、死んだニールの娘が天使としていたかも知れなかった。しかし、ただただ真っ黒な世界で、ニールはそこに娘の名前が書かれたブレスレットを置く。

 

ニールが本当にそんなことをしたかどうかわからないが、ともかく、これは宇宙モノというより、宇宙を舞台にした人間の内省ドラマになってる。しかも全くライアンゴズリングが話さないし、仲間との交流もない、宇宙によくある熱い展開みたいなものは全くもって皆無。インターステラーとか、ブレードランナーみたいな仕上がり。

 

ただその辺のSF映画と違うのは、これが史実ということ。これだけの歴史的な偉業の映画化となると、どうしても当事者へのリスペクトが入っちゃうというか(取材もしてる訳だしね)。普通はかっこよく描いちゃうよねwアポロ13みたく。しかし、そこで解釈をその上にドーンと載せちゃう。全く祝祭ムードがない。むしろ月に行きたくなくなる映画だもん。すごいと思う。ボクも見習いたいなぁWチャゼル監督の若さと才能と尊大さが存分に発揮されてた。もしかしたら今回は受けないかも知れないけど、見る価値は十分ありますなぁ。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

2/8:ひも集め

有本欽呂気麕瓦なったんだ…。

ベターコールソウルやウェストワールドでめっちゃメインキャラクターやってたのに新シーズンで降板していたので、心配だったんだよね…。ボクでも一聴きでわかるような個性的な声優さんがどんどんいなくなるなぁ。

 

今日も打ち合わせ。

ほんと効率的に何でもやらないとダメなんだろうな…。

 

帰って、DOAXVVのガチャを回したらこのゲーム最高の引き!

 

1番育ててる二人ぶっこぬきなんて、未来永劫ないわ。

神イベやね。

 

艦これは5-5抜けなくて次のイベントが来るまで放置。資材貯めるわ。そして、ドルフロから撤退。これでスマホのソシャゲ何もなくなった。

wakakitamiki * ゲーム * 11:11 * - * - * pookmark
このページの先頭へ