☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

キング・オブ・アイドル

連載終了しました。紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

16bitセンセーション

みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌。90年代のゲームの現場を描いたお話です。総集編がでました。店舗の委託販売も行っております。

 

BATON=RELAY

公式サイト"https://batonrelay.jp/"

僕がキャラクターデザインを担当している次世代声優ヒロインプロジェクトです。ただ今開始に向けて準備中。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線第三弾。アイドルもの、しかも女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高の出来。メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」「和菓子屋は新しいものを生み出さないで楽してる!」など、「甘い〜」「ふわふわ〜」みたいな通り一遍の感想とは一線を画した最前線感溢れるケーキ批評の数々が楽しめます。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だけど、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。ボクしか描けないという意味では傑作かも知れない。今でもよく読む。万子ちゃ〜ん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 17:09 * - * - * pookmark

10/17:早見沙織CHARACTERS

最近なんかよく会う酒巻君とともに、お台場で夢民のカレーを食べるボク!

早稲田にある本店は閉めてしまったのに、お台場だけでやってる夢民。久しぶりに食った。懐かしいな、江古田にあった時めちゃ食べてたこのキャベツカレー。

 

 

10/16。お台場。ZeppDivercityにて早見さんのキャラソン専門ライブが行われるというのでやってきた。なんとなれば、前情報でハクアの「NAKED GENIUS」をやると聞いてたからなのだ。会場に入ってビックリしたのが、会場内のBGM。シティポップ。これ誰かわからないけど、細野晴臣のコンピレーションで聞いたぞ!(後で見たらブレッド&バターだった)今何年?最近シティポップはやってるって言うけど、若者はみんなこれわかるの?わかるとしたら実に素晴らしい時代だね。

 

というように早見さんのライブは実に趣味のよい空間で、お客さんも早見さんの合図で立ったり座ったりするような実にロイヤルな、アーティストファーストの印象があるんですけども。

 

今回のキャラクターソングのセットリストでも、お客さんは実にお行儀がいい。こういう時ぐらい騒いでもいいのにw…と、思いながら数曲。突如会場に「うおおおお!」という怒号。サイリウムが会場に溢れた(持ってきてたんだね)。それがなんと「NAKED GENIUS」。この曲こんな人気あるの!ボクも久しぶりに聞いたけど、ハクアじゃなくって、今の早見さんが歌うということも新鮮。この瞬間は普通の声優コンサート見たいだったね。

 

実はこの曲は早見さんverよりも川崎里実さんの仮歌verの歌の方がよく聴いてたりして。その川崎さんが一人で歌う瞬間もあって、色々ボク的に楽しいライブだった。川崎さんのソロライブがある日も近いな…!

 

あと、早見さんは普通にソロ曲がいい…。来年はミニアルバムと全国ツアーがあるそうだ。早見さんはこのままシティポップ路線で令和にとどろくシンガーソングライターになっていくのかな。早見さんのソロのチームは神のみの頃からずっと同じだから、あの当時のスマイルのスタジオのレコ-ディングの光景、山下達郎好きなんですみたいな会話、そこから竹内まりあと関わっていく流れが全部大きな物語として感じられる…。無限のポテンシャルを持つ早見さんと、松田Pとスマイルの人たちがここから何を見せてくれるのかすごく楽しみだ。

 

帰りに作詞の六ツ見さんと久しぶりに出会って(パシフィコのジョイントコンサート以来?)、一緒に帰った。嬉しかったなぁ。

 

 

ハクアを覚えていてくれた人へ。

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 23:59 * - * - * pookmark

10/16:サウスパーク・イズ・バック

360度糞便放射アニメ・サウスパークが日本に帰ってきた。吹き替えつきで。

S15以降のみであるものの、これはめでたい。快挙だね。

しかし、こんな過激だったっけこれ。かなりインフレしてるような気が。昔はギリギリセーフぐらいだったけど、今は全部VARぐらいにはなってる。ハートウォーミングな回全然ない。

 

全シーズンみたいなぁ。ボクは劇場版のカートマンの吹き替えですら好きなぐらい(巧ければ)フィックス声優にこわだりないので、今の声優さんで全シーズン吹き替えて配信して欲しい。でも、LiLiCoのカートマンはほんとすごいね。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

10/15:ダニーボイル’sイエスタデイ(ネタバレ)

いつぞやも話をしたかも知れないけども、ボクがいた美学科は史学がくっついていて、「美学美術史学科」だった。これには意味があって、美学の歴史と言うのはただの史学ではなく「哲学史」だから、と言うことなんだけども。その大前提になってるのが…

 

「この世界には絶対的な美というものが存在する」

 

という考え方だ。絶対的な美というのが人の世には存在する。それは、ファッションのように移り変わっていくものではなく、いつの時代でも変わらずそこに存在している…これを信じてないと美学史というのはただの史学になってしまう。しかしながら、学部で学ぶ生徒、教授ですら、本当にそういうものがあるかどうか、証明できない。

 

学部の先輩とそういう話になった時に、絶対的な美というものがあるのであれば、たとえば2019年においてレオナルドダヴィンチが初めて現れて「モナリザ」を描いてもルーブルに飾られるはずという話になった。なんだか、それはないような気がする。

 

ダヴィンチほどの才能であれば、現代でも成功する可能性はある。でもそれはモナリザではないだろう。そうなるとやはり、美というのはコンテキスト(文脈)であるという、いいものが必ずしも売れる訳じゃない…残念な結末になってしまう。

 

こういうマクラを踏まえて…。

 

 

ダニーボイルの新作映画「イエスタデイ」を見に行った。

あのポップミュージック満載の見事なロンドンオリンピックの開会式を監督したダニーボイルがビートルズの話をやる。これに期待しない人がおるかね。

 

主人公だけがビートルズを知ってる世界。この映画の筋を聞いて、似たような設定だったマンガ「ボクはビートルズ」を思い出してしまうんけど、あれとこっちは違う。マンガの方は過去にタイムスリップしてる。だからビートルズがブレイクした同じ文脈な訳。だから同じ音楽をやっても成功するかも知れない感じがあった。でも、こちらは現在の状況のまま、ビートルズだけがいなくなる。この設定も厳密に考えると色々ややこしいんだけど、大ざっぱに考えても、ビートルズの音楽が今登場しても古くさいだけじゃないかと。実際80年代のビートルズの立場とかダサイことこの上なかった訳だし。

 

そういう事を思いながら、映画を見た。

感想。

 

 

エドシーラン出過ぎ。

 

 

やっぱりビートルズの曲は受けない訳。最初は。でも、この映画はそこでウルトラCを使っていて、エドシーランだけがいち早く曲の価値に気づいて、前座で使ってくれる。それがきっかけでみんなが耳を傾けてくれるようになる。これはなるほど、と思った。でも、それだけでいいのに、シーラン君ずーっと出ておるのよ!

 

この映画はビートルズだけじゃなくって、主人公の恋愛話も結構ウェイトが重くて、ビートルズの尺とラブストーリーの尺が終始ケンカしてる。そこにさらにエドシーランが出てくるとなると、全部がちょい中途半端な尺になってしまっていた。

 

そもそも、主人公のインド人青年(ラトルズのスティッグじゃないよ)は、ビートルズを自作の曲と偽ってプレイすることに終始罪悪感を感じていて、ビートルズの曲が流れることに爽快感がない。あのね、やると決めたなら、思い切ってやって!これはこの映画の相当なマイナス部分。なんならラブストーリーの比重の方が大きくて、もう最後まで言ってしまうけど、主人公君は彼女への愛のために結局アメリカに行くところぐらいでビートルズのフリから降りてしまう。ビートルズが邪魔者なのよ。

 

見てる側としては、「現代でビートルズはどこまで通用するか?」というのも、すごい楽しみな訳じゃないっすか。それがエドシーランをヘコましただけで終わりなの?という感じ。ビートルズファンはエドシーランなんて勝って当たり前ぐらいに思ってるからね、こんなもの大してうれしくない訳だよ。これだけラブに重点おくならば、イエスタデイだけ覚えてる、ぐらいで丁度よかったかも知れない。世界とか狙わなくても。

 

「ロングアンドワインディングロード」を歌うシーンなんかは、マジでいつの時代でも通用するかも…絶対的な美があるのかも!という曲の美しさを感じたので(withビートルズファンの色メガネ)、ここをもうちょっと見たかったというのが正直なところ。

 

まあとはいえ、そんな大予算の映画じゃないから、そういう意味では面白いところは結構あったので、全体としては満足。

 

 

特に印象深かったところ↓

ロバートカーライルの老人ジョン!これはマジ本人と見まがう姿と貫禄。このシーンだけで十分感動した。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

10/14:異国の風に乗せて

新宿で打ち合わせ。

台風の後の三連休最後の日で、人が一杯。

 

 

帰りにルミネのファーイーストバザールにパフェを見に行く。今月はかぼちゃなのでスルー。

 

代わりにドライフルーツを買う。

みよ、この色の悪さ!これが無添加のドライフルーツの証しだけど、全然フォトジェニックじゃない。「ただ干しただけ」の果物の美味しいこと…。加えて、ファーイーストバザールのドライフルーツは、内戦の現場になった場所や、新疆ウイグルなどから仕入れていて、エスニシティと伝統製法で作られるドライフルーツを結びつけている。こういう風に出されるとおろそかに食べてはダメだなと思う。そこそこに高いし。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

10/13:さらば少しの娯楽

何か、そろそろ本格的に時間がなくなりそうで、身辺の整理をしなくてはいけない時が近づいている。

 

なので、対魔忍RPGを引退。そして、最近頭のなかを占拠していたメタルギアソリッドVも週1回ぐらいにまで減らそう。メタルギアは、さすがにこれだけはやりたい!というのがいくつかあって、すぐに引退できない。

 

例えば女性兵士の水着を開発しないといけない。

 

それにしてもメタルギア面白いね。もう4年も経ってから言うことじゃないけどもさ、これ後半尻つぼみだと言われてるけど、そういう目線で見ちゃいけないよね。これだけ色んな遊び方ができて、どこに行っても面白いことがある。別に結末だけのためにやらなくてもいいような気がする。今はオープンワールドのゲームは沢山あって、遊び方はプレイヤー次第!みたいなゲームあるけど、実は退屈なものも多い訳。何をやってもいいって、単なる繰り返しとかになっちゃうことが多い。アサシンクリードとか、レッドデッドリデンプション2みたいにスケールが大きすぎると、もう自分の好きなことしかやらない。だけど、メタルギアの「自由度」はエンタメとしてすごく完成度が高い。モチベーションが細かく管理されていて(巧くなればなるほど、同じ場所で同じ事をしても得られるモノが違う)、完全に自由なんだけど、すごく楽しそうな遊具が至る所においてある、そんなゲームなんだよ。だから、苦手なものだったり、操作が難しくてもがんばってやりたくなっちゃう。

 

でもまあ、週1で…週2で。

 

クワイエットのコスも全部揃えてないし。クワイエットとの対決エピって戦車だせばよかったのかそうだったのか〜(うずうず)。

wakakitamiki * ゲーム * 12:26 * - * - * pookmark

10/12:台風渦中

そもそも心配性の性質で、最悪レベルの台風が迫っているなどと言われるともう胸のざわめきが収まらず…椅子に座って作業するのもままならないのです。自分の住んでいる場所のハザードマップを何度も眺めては「本当にこれ信用できるのか?」と疑心暗鬼。ここに引っ越してくるときに何度も見たというのに。

 

こういう時はとにかく時間を早く進めるに限る。昼寝をしたり、ドラマを見て台風との神経戦をやりすごす。

 

今季は珍しく毎週見たい新ドラマがあるので。

 

まずはレギュラー放送の始まった「時効警察」のシーズン3「時効警察はじめました」を見る。

スペシャルの時はすごく違和感を感じた吉岡里帆ちゃんに早くも馴れてきた自分。でも、麻生久美子か、吉岡里帆のどっちかでいいと思うんで、分業で捜査する必要あるんかいね????

 

それより全く変わらないノリが嬉しい…と言いたいところなんだけど、やっぱり同じなんだけど同じじゃない。やっぱりあのノリはあの時のものであって、12年も経ってしまうと、あのノリを「再生」している感じにも見えなくもない。かつて三木聡と組んでいたシティボーイズは老いを隠さないでずっとやってるからあれはあれですごい。どんどん緩くなって言ってた。

 

それと同じ感覚を持ったのが、「まだ結婚できない男」

 

これも阿部寛演じるところの桑野が全く昔と同じ。回りも全く同じ。これも3年4年後ならいいけど、13年も経って同じだと心配になってくる。かつては誰か面倒見てあげてと思えた桑野も、もう50過ぎるとただの頑固じじいって感じもする。このドラマの場合はここの部分に切り込む可能性はあるかも知れないけど。

 

 

そう、この「変わらない」ということを変えて欲しかった。

 

麻生久美子もオダジョーも今の年齢感でやって欲しかった気がする。どうして夏川結衣を変えて吉田羊なのか。やってるキャラ全く一緒なのに。夏川結衣、大分おばさんになったけど、そのままやって欲しかった。

 

変わらないこと、いつまでも若い!麻生久美子かわらないね〜!こういうものがボクらを縛ってるから。どうやって年を取るか。そういうものが全くわからない。いつまでも楽しいことをやっていたい。まだボクには素敵な場所がある。その割には全く冒険心がなく、安全なことしかしない。夢を見るには年を取り過ぎ、現実を見るに幼すぎる。晩婚化も少子化も、こういう心根に根ざしてると思う。まあ、自分のことだけどさ…。こういうドラマを見てると楽しいのか痛々しいのかわかんなくなってくる。

 

 

一方、「チェルノブイリ」2話。

 

 

モスクワからヘリでやってきた科学者と官僚。

 

「あっ、ああ…これはまずい…屋根に黒鉛が乗ってる…!」

「なかが見えるか?」

「必要ない!ほら、屋根に黒鉛がある。建屋が吹き飛ばされて炉心がむき出しになってる。」

「どうしてそんなことが分かる!」

「いいですか、あの光を見て!放射能が光を電離してる!」

「真上を飛べ!」

「真上なんか飛んだら、一週間以内に死んでしまうぞ!」

 

こ、怖い…怖すぎる…。見ている間動悸がすごくて、最後まで見れないんじゃないかと思った。Amazonレビューで「怖すぎて目が離せない」というのはまさにそうだと思う。結果的にすごく優秀なサイエンスサスペンス。こういうものをお金をかけて作れるアメリカってすごいと思う。これのためにスタチャン申し込んだからなんぼ怖くても最後まで見る。

 

このドラマのせいで今日、自分のキンタマが餅に変わって取れちゃう夢みたよ。どんだけトラウマ植え付けるんだよ!

wakakitamiki * - * 23:21 * - * - * pookmark

10/11:結さん

台風こわいな…。

 

停電なりませんように。お絵かき。

結の誕生日だったので。ストレンジャーシングス三人組。

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 23:59 * - * - * pookmark

10/10:ウエスタン全長版 in 新宿

映画「ウエスタン」(=ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト)の期間上映がやっていると聴き、これは行かねばと思い、新宿ピカデリーへ。

 

 

これはホント傑作だよね。セルジオレオーネはどの映画も上映時間が長いんだけど、中身はどの映画も1時間半ぐらいのコンテンツしかない。それをひたすらの長回しと顔のアップで引き延ばすのがレオーネ流。これが実際持ってしまうからすごい。この「ウエスタン」も冒頭から10分ぐらい顔のアップだけで始まる。もちろん、退屈はしない。顔のアップに耐える役者しか出てない。このオープニングは誰にでもお勧めできる。

 

ただ、この調子で2時間45分も続くとなると、初心者には厳しい。この映画は特にラストが歴史的に素晴らしいんだけど、最後の15分の取り組みのために、2時間半四股を踏んでるみたいな映画なんだよね…。でも繰り返して見れば見るほどいい。

 

この映画は、イタリア人であるレオーネがアメリカへの憧れを込めた映画でアメリカの開拓時代を実に美しく描いている(人間は美しくないけどw)。雄大な大地、何にもない荒野、そこに、鉄道を通すために働く沢山の人たち。古い男、新しい時代、その歴史の力強さと叙情性は、まるで「南の虹のルーシー」のオープニングのような感動がありました。

 

ボクはこの映画大好きで、神のみでも西部劇の回やったけど、児玉センセイがかなりヘンリーフォンダ似で意外といい男だったんだな、と…。

 

 

モリコーネの音楽があるからあれだけの引き延ばしにも耐えるというところもある。長回しを作家性にまで高めるスタッフと役者が揃ってます。

wakakitamiki * 映画 * 23:46 * - * - * pookmark

10/9:ロタンティック

ネームが一本完パケ。

これはこれで終了…なのかな。

 

開放感でマパテに行く。今週はロタンティック。南浦和。このロランってケーキ、素朴な焼き菓子に見えてすごい繊細でびっくり。外はカリっとしていて、中は柔らかくて溶けるようになくなっていく。これどうやって焼いてるんだろう。

 

埼玉のパティスリーは毎回美味しい。もうマパテはもう1コーナー新設して、シャンドワゾーとか、アングランパとかアカシエとか、埼玉のパティスリーばっかり呼んできて欲しいよ。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ