*/*クソ長い告知コーナー

<告知>

現在週刊少年サンデーにて
まったりマンガ「なのは洋菓子店のいい仕事」
連載中

 

Webサンデー:http://websunday.net/rensai/nanoha/

 

★最新刊第5巻 7月15日頃発売!


小学館の新マンガアプリMangaOneで
思索マンガ
「ねじの人々」連載中。
裏サンデー:http://urasunday.com/neji/index.html
 

★最新刊第2話 これも7月15日頃発売〜!


マスコットキャラ「ノンブル」のデザインもしております。
「MANGAONE」では「神のみぞ知るセカイ」も無料公開されています。

 

神のみぞ知るセカイ女神篇ブルーレイボックス発売しました!

 

アイドルマスター10thアンソロジーにモバマス漫画寄稿しております。

 

「DEAD OR ALIVE」のDLCコスチュームのデザインをやりました。!これまた僕がデザインした無料版500万DL記念のあやね&かすみコスも無料配信中です。

https://www.gamecity.ne.jp/doa5/lastround/top.html

 

神のみLINEスタンプが12/26に発売されました。
外注はせずに、全て自分で描きました。LINEストアで「神のみ」で検索してみてください。


アニメ神のみブルーレイ発売中
長くみれるアニメをお求めの方に。豪華おまけ付き。
アニメ公式サイトはこちら→http://kaminomi.jp/index.html

音楽関連既発カタログ。スタジオに入り浸りました。人生の絶頂期。


単行本既刊もよろしく!↓


wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 23:13 * - * - * pookmark

7/28:サブウェイの話

あの犯人の主張をあんまり放送しないで欲しいなぁ。

電波キャッチしちゃう人が出てくると困るし。

テレビが思想広めちゃってるじゃん。

 

今日はずっと原稿。最終日でヘロヘロ。今回の原稿はグレースケールを使うのでちょっと面倒くさい。

 

それにしてもサブウェイ。

どれもこれも、カロリー低すぎじゃね?なんでこれが376kcalなの。ローストビーフとか300kcal切ってるよ。不思議だ…。しょっちゅう食べてしまう。

wakakitamiki * ふとした話題 * 11:40 * - * - * pookmark

7/27:なの菓子59話withカラーの話とオリンピックの話

もうすぐリオオリンピックですね。なんかジカ熱とか治安とかロシアのドーピング問題とか、ゴタゴタすごいですけど、始まれば普通に盛り上がるでしょう。

 

でも、アメリカ大陸の開催だと漫画家の活動時間帯にキツいんだよな〜。大事な種目が午前中に集まってるから。もう、リアルタイムは捨てた。

 

ところで、NHKBSでやっていた、『時を超えたアスリート対決!〜人間は進化したのか?』という番組が面白かった。

 

スポーツの練習方法は日々進化している。つまり、今のスポーツ選手は当然、昔の選手よりもすごい能力を持ってるはず。しかし果たして、それは本当か?検証してみようという番組。

 

ヒトラー時代のベルリン五輪の陸上100メートルの優勝記録は、ジェシーオーエンスの10秒3。これは当時の世界記録だけど、日本人ですら10秒を切ろうかという今から見るとすごく遅いタイムだ。しかし、その記録はスターティングブロックなし、土のトラック、粗末なスパイクで出された記録だった。そこで、同じ条件で今の選手が走ったらどうなるか?9秒台で走れる一流アスリートに当時のスパイク、トラックで走ってもらう。さてさて、タイムはどれぐらいか?

 

それ以外にもボート、自転車、やり投げなんかで当時の用具を使って検証している。これがなかなか興味深かった。進化してるのは人間なのか?用具なのか?トレーニングなのか?

 

水生ほ乳類みたいに身体を進化させてたロシアシンクロチームを取材した『ミラクルボディ』もえぐかった。漫画家ってなんか身体機能進化してるかなぁ。

 

ところで、今日はサンデー発売日です。

今日は単行本発売記念カラーです(ちょっと遅いけど…)。言葉さん!

 

今週はタルトタタンが出てきました。タルトタタンは東京に出てくるまで名前すら知らなかったのですが、「仕事が忙しくてタルトを床に落としてひっくり返ったのがヒントになった」という由来も含めて、すごく有名なお菓子です。リンゴの焼き加減、煮詰め加減が店によってかなり違うんですけども、セージ君はどういうタルトタタンを作るのでしょうね。

wakakitamiki * - * 10:39 * - * - * pookmark

7/26:メンチを切られた話

相模原で大変な事件があった。

 

自分の不遇や、その不遇の結果発生した独善的正義を、「弱者」を犠牲にすることによって達成する。

 

 

こういう話を聞いてると思い出す記憶があるんだけども。

全然別次元の話であることを承知で話す。

 

学生の時に、ずーっと色んな奴にメンチを切ってる男子生徒がいたんだ。これが不良同士の話なら、ボクが学生の時代はメンチの切り合いはよくあった。しかし、彼はとても真面目な生徒で、標準ズボンをはき、襟にもカラーをちゃんとつけ、勉強もよくできた。「いい子」だった。そんな彼が廊下に立っては因縁つけていたんだ。

 

彼が因縁をつける相手には法則があって、まあ「弱者」だった。といってもいじめられ子とか、本当の弱者じゃなくって、平凡よりちょっと下ぐらい。そういう奴だからケンカとかにならない(言い返すような相手じゃないから)。メンチだけつけ、相手がいやがる状態だったんだけども。

 

ところがある日、その彼が新しい獲物を見つけたのだ。それが僕だった。廊下に立ってはずーっと僕をにらみつけてくるのだ。同じクラスだったから閉口した。それより何より、彼に「こいつならイケる」と認定されてしまったことが、当時の僕にはまことにショックだった。一週間もしないうちに我慢できなくなって、つかみ合いのケンカになった。

 

騒動の後、彼が僕を睨んでた理由は曰く、「若木は調子に乗ってる」ということらしい。まあ、学生の頃だから多少調子には乗っていたかも知れない。黒板にらんまの絵を描いたりしてたしな。しかしまあ、睨み付けるほどかどうかわからん。そもそも、話をしたことすらほとんどなかったのだ。ともかく、これはいじめとはちょっと違うんだけども、彼にはそうしないといけない理由があったんだろう。何か不満があったのか、それか正義なのか。とにかくボクは成敗されるべき対象だったんだ。僕を倒したところで何が変わるんだろう。まあ、地味な学生同士の小競り合いの話ですよ。

 

彼はその後、とある大学の法学部にいった。弁護士か、裁判官になったのだろうか。

wakakitamiki * ふとした話題 * 10:55 * - * - * pookmark

7/25:アニメ火の鳥の話

仕事場で「真に」疲れた時に見るものというのは大方、「画面見なくても内容を覚えていて、しかも面白い番組」なんだけども。

 

最近はAMAZONプライムビデオで配信されてる手塚アニメがそれに当たるのだ。これは「原作はよく知ってるけどアニメはそんなにちゃんと見てなかった」という理想的な作品で、ブラックジャックとか全部新鮮でオモロイのよね。三つ目がとおるも配信してよ〜。

 

そのなかでも特によかったというか、惜しかったというか…という感じなのがアニメ「火の鳥」。

映画じゃなくって、NHKでやってた連続アニメね。これが実に丁寧で作りはいいアニメなんだけど、致命的に尺が足りなくて黎明編復活編異形編太陽編未来編しかやってない上にすごい駆け足&ダイジェスト。それでも原作がいいのでそこそこ楽しめるし、何よりOPとEDが最高。OPとか大河ドラマのノリ。もし1年アニメでやってくれたら相当な傑作になってたんじゃないか…と10年以上たった今更残念に思う。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:57 * - * - * pookmark

7/24:担々麺の話(ミニ)

ですよ。

 

最近担々麺がうまい。

ケーキと担々麺だけで暮らしたい。

ファミマの汁なし担々麺だけでも半年は戦える感じだったけど、最近近くのファミマで全然在庫復活しないんだよね〜。

 

って言ってたら、ツイッターでOEM元であるところの日清の汁なし担々麺を教えてもらい、事なきを得た。ごまは最高。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:58 * - * - * pookmark

7/23:PokemonGOの話(ミニ)

 

やっぱり出歩かないとダメだからな〜。

一カ所だけで集められるポケモンは何匹ぐらいなんだろうなぁ。

 

 

今日はネームで缶詰…。

wakakitamiki * ふとした話題 * 20:45 * - * - * pookmark

7/22:PokemonGOとオールドアニメ会の話

PokemonGOが日本でも配信開始された。

 

なんか世界中がポケモンおっかけてすごいなんて話になっているけど、僕は人生で全然ポケモンに触れないで過ごしてきたのだ。だからなんか騒いでるなーぐらいにした思えないのだ。

 

なんて言うのも寂しいので始めてみた。

ヒトカゲだ!育てるとリザードンになるんだよね~。なけなしの知識よ!アニメちょっと見て予習したからね(やる気マンマン)。なんか面白そうじゃんか。でも、Ingressでも全くウロウロしないで仕事場の前のポータルを守ってただけの私なんでねぇ~。それがポケモンに変わったところで、やるだろうか?とりあえず、仕事場と自分の部屋の間の行き来だけでモンスターボール集めをするばかり。

 

と思ったら、出歩く機会が発生した。

 

仲間内で「古いアニメを見よう」ということになり、アキバのパセラで突如アニメ鑑賞会が開かれたのだ。今のカラオケってこういう使い方できるんだね~。

 

上映タイトルはクライングフリーマン→自主規制1→自主規制2→クラッシャージョウ

これがどれも面白かった。クライングフリーマンはとにかくかっこいい作画で漢かくあるべしというスピリットを感じる作品。すごい続きが気になる。自主規制2はホントに自由な展開と欲望発情の塊で今まさにこういうアニメが見たいという感じ。自主規制3は自由すぎて瓦解してたwこんなアニメが正式なものとして発売されていたことが驚き。クラッシャージョウは今更言うまでもないけども、安彦さんの驚くべき才能と色気をパセラのフリードリンクの肴にした。

 

面白いアニメって一杯あるなぁ。

 

アキバから帰るまでの間もちょこちょこポケモン捕まえて、1日で12匹捕まえていた。

wakakitamiki * ゲーム * 23:59 * - * - * pookmark

7/21:ねじ20話更新の話

MANGAONE、ねじの20話が更新されました。

 

今回の話は「働く」ということと「孤独」ということを、マックス・ウエーバーを都合良く拡大解釈することで考えています。

 

働かざるもの食うべからずと言いますが、ニートのように日本ではお父さんお母さんがお金を持ってるおかげで、働かざるものでも食っていける場合もあります。

 

ジョンロックによると、働くということは「所有」することだそうです。働くことで、人間は神からこの世に与えられた「みんなのもの」を、「自分のもの」として獲得し、そして終いには自分をも所有できるのです。しかし、その労働ですが、人間はいつまでも働くことを止めません。お金を一生分稼いでも止めません。いくら働いても満足できないのです。人間はなぜに働いてしまうのでしょう?何のために?というのが今回のお話です。

 

ついでに、「働かされること」と「働くこと」の違いも、今回の話から考えることができるかも知れません。あと、万子ちゃんがとっても良いので是非見てください。

 

そういえば、クレイジージャーニーでキューバの刑務所が紹介されていましたね。「パノプティコン」の例になっていた刑務所です。初めて鮮明な画像で見ました。

wakakitamiki * ねじの人々 * 23:15 * - * - * pookmark

7/20:なの菓子58話とHOWマッチの話

 

今日はサンデー発売日。なのは洋菓子店のいい仕事、58話が載っています。上の画像は全く本編と関係ありませんよ。

 

今週は、「なんぼレシピを見ても作れないものは作れない」という、自分のお菓子作りの体験を元にしたお話をしてります(泣)。しかし、「形は何となくできてるけど不味いフロマージュクリュ」の絵を描くのは至難の業でしたね。まあ、僕は指示を出すだけで、描いてくれたのはスタッフさんなんですけど。

 

そうそう、単行本購入報告ありがとうございます。これがないと本当に寂しい。無人島から手紙を瓶に入れて流すような仕事なんで。

 

そいえば、巨泉さんが亡くなったね。

うちのスタッフは巨泉さんのセミリタイアの後に生まれたような人達なんで「きょせん?」って感じだけども、僕らが子供のころはよくテレビで見る「やたら偉そうな人」として強烈な印象を残した。今にして思うと、巨泉さんは、高度成長を果たしたものの何をしていいかよくわからない島国の猿どもに文化を教えてくれたボス猿って感じだった。

 

僕が好きだったのは「世界まるごとHOWマッチ」だ。世界中の色々なものの「値段」を当てるクイズだったのだけども、出色だったのは、その値段を現地の金額で答えるところだ。その時にアシスタントの言う「1ドルは150円で計算してください」というレート宣言にまだ見ぬ海外旅行感を感じたものだ…。海外旅行で両替すると未だにHOWマッチ思い出すもんなぁ。今見ると、値段が近かった回答者に贈られる「ニアピン賞」がクイズになった国への旅行。値段ぴったりの「ホールインワン賞」だと世界一周旅行がもらえる。すごいバブル。そして、バブルが弾けた時、巨泉さんはセミリタイアした。バブル後の癒しの時代における巨泉さんは、大戸屋に海原雄山を置くような、トゥーマッチすぎる存在だったような気がする。

wakakitamiki * なのは洋菓子店のいい仕事 * 21:38 * - * - * pookmark
このページの先頭へ